SAKURA 「らーめん(3)」

沖縄 ラーメン SAKURA らーめん 1

那覇市牧志の「SAKURA」へ行って来ました。
先日、新年会で訪れた「福龍」を出た後、二次会(?)として寄ったのが「SAKURA」でした。ディープな飲み屋街である“桜坂”にお店はあるのですが、そういった立地もあって、これまでラーメンを頂いていても、画像は残っていないことがしばしばあったのでした。今回は遅くの来店にも関わらず、しっかりと撮影記録が残っていましたので、ブログ記事として記すことにします。ちなみに、訪れながらも記録の残っていないラーメン店の最上位が「暖暮」で、次がここ「SAKURA」となっております(^_^;) お店には、午前1時前の入店となりました。

沖縄 ラーメン SAKURA らーめん 2

「SAKURA」のメニューです。
ふだんはカウンター席に座るのですが、この日はグループでの来店ということで、個室に通されました。元々が怪しげな外観の建物なのですが(失礼(^_^;))、個室ですと雰囲気がよりディープになっています(笑) 隠れ家的なお店なのですが、この時間帯からが本番なのか、お客さんでとても賑わっていました。繁盛されているようで、なによりです。さて本日の注文ですが、「らーめん(650円)」をお願いすることにしました。「つけめん(750円)」もしばらく頂いていないのですが、お酒が入ってしまうと、どうしてもラーメンの方を注文してしまうようです(笑)

沖縄 ラーメン SAKURA らーめん 3

程なくして運ばれた「らーめん」です。
やはりこちらのラーメンは雰囲気がある一杯ですね。具材はチャーシューに茎わかめ、海苔に玉子となっています。中央部分には魚粉が添えられていますね。ラーメン丼の陰に隠れてほとんど見えませんが、別皿で「ゴーヤとオニオンスライス」も用意されています。こちらは濃厚なスープを味わうなかで、良い箸休め(?)になるような、さっぱりとした具材だと思います。

沖縄 ラーメン SAKURA らーめん 4

「らーめん」の麺ですが、中太のストレートのもの。もちもち感のある、しっかりとした食感の麺ですね。その麺に絡むスープですが、こちらでは『味の濃さ・油の量・麺の固さ』も注文出来るのですが、今回は特には指定をしなかったので、全部『ふつう』になっているはずです。それでも魚粉を少しずつ溶かしながら頂いてみると、「SAKURA」らしい、濃厚な味わいを感じました。豚骨などの動物系に、煮干しの香り高い魚介系が加わり、独特な味わいのスープとなっています。食べ進める内では、具材である茎わかめのコリコリ感が良いアクセントになっていました。既に余所のお店で充分に食べていたこともありますが、締めの一杯として、この日も大変満足させて頂きました。

沖縄 ラーメン SAKURA らーめん 5

おまけで一緒に注文した、「チャイニーズチキンフライ(650円)」です。
こちらはお酒も提供されていますので、おつまみ類も用意されています。その中でもお勧めにあたるのでしょうか、メニューにはラインが引かれていますね。揚げられたチキンに甘辛いソースと、上からは細くマヨネーズがかけられています。下側には同様に、カリカリに揚げられた麺が敷かれていますね。夜分遅くなりますと、桜坂という立地の関係もあってか、場合によってはおつまみ類がメイン品目になるのかもしれません。それで締めの一杯が同じ場所で頂けるのは、ラーメンとお酒、両方が好きな方には嬉しいことですね(笑)

今回は珍しく記憶も記録も残っていましたが(^_^;)、次回来店時には久しぶりに「つけめん」も頂きたいですね。そのためにはあまり深酒をせず、早い段階でお店に寄るようにしたいものです。飲み足りなければ、こちらでもアルコールを頂くことは出来ますし(笑) そういえば去年の今頃は、冬期限定の麺を出していたはずですが、今年はどうなのでしょう? もし発売が始まっていましたら、そちらも忘れずに頂いてみたいですね。

沖縄 ラーメン SAKURA らーめん 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-9-27
電話:なし
営業時間:18:00 - 26:00 ~28:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/519-1a53a64b