たつぞう 「塩ラーメン」

沖縄 ラーメン たつぞう 塩ラーメン 1

与那原町東浜の「たつぞう」へ行って来ました。(おきなわ倶楽部7/17)
今回も「おきなわ倶楽部1月号」の半額クーポン券対象店への来店です。前回こちらへ寄った際は「まぜそば」を頂きました。前回ブログ記事の「麺 あがり」は、沖縄県内における“つけ麺”の先駆的存在だと書きましたが、こちらはいわゆる“汁なしそば”の先駆的お店だったのではないでしょうか。「まぜそば」の提供を始めてしばらくの間、自分も定期的に頂いていました。「たつぞう」はまた、“だいじろう”名義の系列店をオープンさせるなど、活発に営業展開を図ってもいます。お店には、開店時間である午前11時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン たつぞう 塩ラーメン 2

「たつぞう」のメニューです。
今回のお目当ては半額クーポン対象の「塩ラーメン」なのですが、メニュー表をみる限りは記載されていないですね。今回の企画限定の提供なのかもしれませんし、場合によっては、2月以降はレギュラーメニューとして、改めて仲間入りするかもしれません。さて今回の注文ですが、先述のとおり半額クーポン券を利用して「塩ラーメン(650円⇒300円)」をお願いすることにしました。それに追加で「豚塩丼」を頼みたかったのですが、こちらは夕方までのセット限定の品とのこと。やむなく他の単品のご飯ものから、「焼きチャー丼(400円)」を追加注文しました。

沖縄 ラーメン たつぞう 塩ラーメン 3

程なくして運ばれた「塩ラーメン」です。
丸みのある器に盛られた佇まいは、なかなか雰囲気がありますね。これは美味しそうです。具材としては、チャーシューにメンマ、カイワレにキャベツとなっています。添えられたなるとがワンポイントの彩りとなっていました。余談ではありますが、こちらは採光が取れていて、店内が明るくて良いですね。午前中の来店ではあったのですが、この日は天気自体は良くはありませんでした。昼間ではあっても、店内が暗いお店はふつうにあるものです。お店の方針や雰囲気作りなど、考えはそれぞれあるでしょうが、個人的には店内は明るくして提供品をはっきりと見せた方が、より食欲が刺激されるのではないかと思っています。

沖縄 ラーメン たつぞう 塩ラーメン 4

「塩ラーメン」の麺ですが、中細のややちぢれが入ったもの。角があるタイプで、口中ではしっかりとした食感を感じます。その麺に絡む澄んだ透明感のあるスープは、『豚肉・生姜・玉ねぎなどの旨味が凝縮されたもの』なのだそう。塩分はそれほど強くなく、口当たりの優しい味わいでした。香味野菜などを多めに使っていそうですが、どうなのでしょう? 薄く背脂と、ネギ油もスープ表面には浮いていますね。具材のキャベツやメンマの歯応えも良く、身体に染み渡るような、上品な仕上がりの一杯でした。

沖縄 ラーメン たつぞう 塩ラーメン 5

一緒に頼んだ「焼きチャー丼」です。
こちらはうってかわって超濃厚な味付けでした。豚肉自体も濃い味わいなのですが、ごはんにもタレがたっぷりとかかっていました。今回のシンプルな味わいの「塩ラーメン」と、対で合うと感じるか、ちょっと極端なアンバランスと思うかは人それぞれなのかも(^_^;) こちらは単品で400円で、ラーメンとのセットでは350円とあるのですが、半額クーポンでの利用のためか、400円の取り扱いでした。サイドメニューで400円はちょっと高めに感じますね。今回の注文内容は(300円+400円)で、合計額は700円となりました。

「たつぞう」は、実は“塩ラーメン”でも、定評のある商品を別店舗名義にて提供をされているのですよね。今回のラーメンは確かに美味しかったです。これで単品300円は、満足感たっぷりです。メニュー表の別ページには、“ヨルゾウ”メニューとして「旨ダシ塩トンコツラーメン(650円)」なるものが掲載されていました。こちらに先述のセット専用である、「豚塩丼」を組み合わせたら更に美味しそう……と思ったのですが、提供時間帯的に一緒に食べることは難しいのかも(「豚塩丼」は夕方までの提供なのだそう(^_^;))。またそう遠くない内に、他のレギュラーラーメンを頂くために訪れたいと考えています。

沖縄 ラーメン たつぞう 塩ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県与那原町東浜2-4
電話:098-944-3670
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/518-7a3c8d3a