スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺や 和楽 「肉中華そば(10)」

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 1

浦添市宮城の「和楽」へ行って来ました。
めりー……。連日の深酒で後悔するコトしきり、テンション低くなっています(^_^;) 「和楽」さんの年内営業は本日(12月25日)までと聞き、ちょうど二日酔いということもあってこちらへ寄ることにしました。年末年始のお休みは1月6日までとなっており、毎年比較的長めに取られています。ゆっくり休みながら、里帰りとかされているのかもしれませんね。お店には、開店時間である午前11時に入店となりました。

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 2

「和楽」のメニューです。
「潮騒(700円)」も良いのですが、久しぶりの来店となると、どうしても「肉中華そば(大)(850円)」が頂きたくなります(^_^;) 今回の注文は更に、「ご飯(100円)」、「味玉(50円)」、「九条ねぎ(50円)」、「小メンマ(50円)」、「別肉(100円)」をお願することにしました。注文した後に無料トッピングパスの存在を思い出し、一品だけそれで充当することにしました。「ヘタ(チャーシューの切りくず)(50円)」の存在を忘れていたので、うっかり別肉を注文してしまっていますね。今回は追加で「小ご飯(50円)」を頼まなかったので、ちょっと贅沢(?)なお肉の割合でした(笑)

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 3

程なくして運ばれた「肉中華そば」です。
この日は天気が悪かったことと、デジカメが変わっていることが影響しているのか、ちょっと写りが良くないですね(デジカメ紛失しちゃったのです(^_^;) 借り物での撮影)。配膳は肉中華そばが出来上がるタイミングに合わせて、ご飯や別皿の具材などが運ばれて来るのですが、最後のラーメン丼を持ち上げる瞬間が、ワクワク感が最高潮に達するところです(笑) そういえばラーメン単品として数えると、「肉中華そば」は今回で10回目の紹介となりました。ブログを書くようになってから、これでも来店頻度がぐっと下がっているのですよね。まあ訪れる度に新鮮に頂くことが出来るので、これはこれで良かったのかもしれません。

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 4

「肉中華そば」の麺ですが、細めのストレートのもの。柔らか過ぎず固すぎず、喉ごしのとても美味しい麺です。こういった麺は自分はあまり噛まずに食べちゃうのですが、なかなかありそうで無かったりするものです。和楽らしい、特徴のある麺ですよね。その麺に絡む鶏ガラ醤油のスープですが、この日はいつもより熱々さが控えめでした。それでもやはり二日酔いの身には、染み渡るような美味しさでした。最初に九条ネギを投入し、中盤を過ぎた頃には壺ニラや一味ニンニクを加えつつ、味の変化を楽しみました。そういえばメニュー画像にも調味料類が紹介されていますが、ほとんど利用していないですね。次回以降の来店では、積極的に試してみたいと思います。

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 5

本日の「和楽めし」です。
こちらではこれを食べない(作らない)と、完結しません(笑) ですので、ご飯の注文は必須ですね。まあ毎回ほとんどのお店で、ご飯ものは頂いたりしているのですが(^_^;) 豚バラ肉のチャーシューに、壺ニラの食感と辛味がとても似合います。メンマもとても柔らかくて、ご飯との相性はばっちりでした。いつもでしたら最初のご飯を完食後に、小ご飯も追加注文するのですが、今回はそちらは控えて、お肉の割合がたっぷりの贅沢な食べ方としました。それでも充分にお腹いっぱい、満足感たっぷりな一杯でした。

「和楽」では、これが今年の食べ納めになりますね。しばらく振りの来店だったのですが、頂くことが出来ない期間が出来るとなると、無性に食べたくなってくるものです(笑) 次回は「潮騒」も注文したいところですが、また新年会後の二日酔いとして訪れることになりそうですね。というかもう、お酒飲むのやめちゃいたいです(などと言い続けて、どれ位経つのでしょうか(^_^;))。

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市宮城3-15-2
電話:098-874-8069
営業時間:11:00-15:00 18:00-21:00(土・日・祝祭日は昼の部のみ)
定休日:月曜日
駐車場:有り

関連記事

ご無沙汰しました。食べっぷり感動です。俄にパワーアップされたような気がしますが(^_^;)、気のせいでしょうか。和楽ですが、群を抜いてる印象は同感です。二日酔いの状態でこれだけ戴けるのですからまやさん!やはり並じゃない。師匠だ。
[ 2011/12/26 20:36 ] [ 編集 ]

>tomさん
こんにちはー。
和楽についてですが、色々なタイプのラーメンファン方々の
間でも広く受け入れられている、希有なお店だと思いますね。
二日酔いの状態だとしても、「和楽めし」と「大盛り」は
やっぱり外せませんでした(^_^;) 
あと師匠はちょっとこそばいので、ご遠慮願いたいです(笑)
[ 2011/12/27 00:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/500-a4cc83df










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。