登竜門 「昔ながらの中華そば(3)」

沖縄 ラーメン 登竜門 昔ながらの中華そば 1

那覇市久茂地の「登竜門」へ行って来ました。
この日は二日酔いだったことと、以前お店で頂いたトッピング無料パスが、年内までの有効期限だったことを思い出し寄ることにしました。……なのですが、開店時間を勘違いしてしまい、30分早い午前11時に訪れてしまいました(^_^;) 車を駐車場に停めてしまったので、せっかくなので松山まで出歩き、開いているラーメン店がないかと探してみましたが、夜の街なのでさすがにありませんでした。結果、「中山そば 那覇店」という沖縄そば屋さんで、「那覇商そば(280円)」なるものを頂きました。価格設定や名称などから、本来は学生さん向けの商品のようでしたが、店員さんのご厚意でサービスして貰いました(テレビ番組を観た、と伝えれば、学生でなくても提供するサービスを実施中ではあったようです)。きしめんのような幅広な特徴的な麺で、すっきりとしたスープと共になかなか美味しかったです。名護の老舗店からの暖簾分けになるようですね。画像も撮りましたが、さすがにブログへの掲載までは控えます(笑)

沖縄 ラーメン 登竜門 昔ながらの中華そば 2

「登竜門」のメニューです。
沖縄そばを食べ終わって戻ってきたところ、ちょうど開店時間の午前11時半となっていました。こちらは券売機方式ではあるのですが、メニューも席上に用意されています。そして以前のお洒落な作りから、くっきりと大きく判り易い内容に変わっていました。お店の雰囲気作りなどもあるでしょうが、個人的にはこういったメニューが見やすくていいですね(お洒落な方向に向くと、どうしても文字は小さく細かい形になるようです)。さて今回の注文ですが、いまも安価な価格設定を継続中の、「昔ながらの中華そば(500円)」を注文することにしました。いつもでしたら「チャーシュー丼(250円)」をお願いするところですが、今回は控えめに「ライス小(50円)」を注文です。事前に沖縄そばを食べてしまっていますしね(^_^;)

沖縄 ラーメン 登竜門 昔ながらの中華そば 3

程なくして運ばれた「昔ながらの中華そば」です。
無料トッピングパスでは「のり(本来は50円)」をお願いしたのですが、これは別皿で用意されていました。4枚入りで、元から入っているものを含めると5枚になりますね。以前はスープに溶けるタイプのものでしたが、現在は通常仕様のものとなっています。海苔増しであれば、スープが濁らないこちらの方が良いですね。海苔自体の風合いも良かったです。それと追加のトッピングとして「小松菜(50円)」もお願いしました。ブログ的(笑)に、トッピングは色々な種類を注文するようにしているのですが、個人的にはこの小松菜が一番好きですね。しゃきしゃきと歯ごたえが良く、具材としてのバランスが取れていると感じます。以前お願いした時より、よりたっぷりな分量になっていたようで、こちらも嬉しかったところです。

沖縄 ラーメン 登竜門 昔ながらの中華そば 4

「昔ながらの中華そば」の麺ですが、中太の平打ちで、ややちぢれが入ったもの。中細麺との選択が出来るのですが、両方食べ比べてみて、こちらが個人的には好みですね(お店の方でも中太平打ち麺を勧めているようです)。麺はツルツルもちもちとした食感で、やや柔らかめながら食べ応えがあります。店内に貼られていた説明書きでは、「傾奇者(かぶきもの)」という小麦粉をベースに、数種類をブレンドして作られた自家製麺ということです。“強い弾力をもち、甘みや風味も感じられる粉”とのこと。老舗人気製麺所である「浅草開化楼」のオリジナルブレンド粉として、日清製粉から発売されているものだそうです。「浅草開化楼」から受けるイメージとはちょっと異なる麺なのですが、更にブレンドしているということが関係しているかもしれませんね。すっきりとした鶏ガラスープが、二日酔いの身体に染み渡りました(笑)

沖縄 ラーメン 登竜門 昔ながらの中華そば 5

単品ライスを注文しましたので、「登竜門めし」を作ってみました。
ただ中華そばの具材を載せただけですが、初期状態で半玉が入っているのが嬉しいですね。やはり煮玉子がないと、“○○めし”風に映りません(笑) チャーシューは、箸で持ち上げると崩れるほどの柔らかさでした。スープがあっさり味ですので、本来はご飯との相性はもうひとつではあるのですが、豊富な具材で美味しく頂くことが出来ました。そうそう、小ライスとなっていますが、分量的にとてもたっぷりでした。こちらはお得感があると思います。麺も大盛り無料で提供されていますし、上品な作りながらもがっつり感も併せ持った良店ですね。

事前に沖縄そばを頂くという掟やぶり(?)をやらかしてしまいましたが、今回はとても満足感がありました。この内容が総額600円で頂けるというのは、とてもお得感がありますね。新しく作られたメニューでは、「昔ながらの中華そば」は500円であるということが明記されていますが、もしかしたら来年以降も特別価格は継続するかもしれません。他の品目も試してみたいところですが、どうしてもお得感があって、かつ“登竜門らしさ”が感じられるこちらを注文してしまいます(^_^;) また二日酔いになったら訪れることでしょう。そうそう、近隣の格安コインパーキングは1時間100円となっており、金額内で納めることができました。次回は時間を間違えないように……(笑)

沖縄 ラーメン 登竜門 昔ながらの中華そば 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市久茂地 2-11-16
電話:098-988-0044
営業時間:11:30-15:00 17:00-22:00
定休日:火曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/499-af29c7b6