スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺や偶 もとなり 北谷店 「北谷の鶏塩」

沖縄 ラーメン もとなり北谷店 北谷の鶏塩 1

北谷町美浜の「麺や偶 もとなり 北谷店」に行って来ました。
こちらは12月1日(木)にオープンしたばかりのお店になります。浦添市の「麺や偶」の3号店、いえ那覇市「麺や偶 もとなり」の2号店といった方が良いのでしょうか。最近、58号線沿いにて新規ラーメン店の出店が相次いでいるように感じます。交通量の多いところでの出店ですので、ますます一般のラーメンファンの裾野が広がりそうですね。と、いましがた“58号線沿い”と書いてしまいましたが、「麺や偶 もとなり 北谷店」は確かに通り沿いから見えるのですが、実際には奥側の一方通行の道を通らないとお店には辿りつけません。駐車スペース自体は10台分以上用意されていますので、その点は安心です。お店には、午後1時半過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン もとなり北谷店 北谷の鶏塩 2

「麺や偶 もとなり 北谷店」のメニューです。
「もとなり」の集大成のような品目構成となっていますね。画像には写っていませんが、別紙メニューでは「赤もとなり」や「黒もとなり」も提供されているようでした(各700円)。限定として提供されていた「味噌もとなり」はもちろん、お馴染みの“豚骨ラーメン”も掲載されています。実はこの日は、もとなりらしい濃厚な“豚骨”を凄く頂きたかったのですが、ブロガーのサガ(笑)なのか、北谷店ならではの品目らしい「北谷の鶏塩(650円)」を注文することにしました。メニューの説明書きでは『北谷の塩とアメリカの岩塩をブレンドして作ったラーメンです』とありますね。北谷での出店ということと、場所柄か、外人のお客さんを意識しての新メニューなのでしょう。実際に、向かいの席には外人さんのカップルが入店して来ました(とんこつスープに抵抗はないのか不思議に思ったり(^_^;))。それとお勧めと書かれていた「丼もとなり(280円)」も追加でお願いです。

沖縄 ラーメン もとなり北谷店 北谷の鶏塩 3

程なくして運ばれた「北谷の鶏塩」です。
まず目を引くのが、背の高いちょっと変わった形のラーメン丼ですね。それと丼の縁に添えられている“おろしわさび”も特徴的にです。特にメニューにも説明はありませんが、スープに溶かしながら食べ進めて行くのでしょう。「丼もとなり」はいわゆる“豚丼”ですね。卓上には各種調味料類が揃っているのですが、なぜかタバスコやサルサなど、辛いソースが置かれていました。どう使うのでしょう?(^_^;) ちょっと余談になりますが、この日の来店は昼のピークもやや過ぎた時間帯だったのですが、駐車場はもちろん店内も満席で少し待ちました。繁盛していると当初は思ったのですが(実際にそうなのですが)、どうも回転が良くないようでした。厨房とフロアの店員さんはそれぞれ2名で、てきぱきと動かれているのですが、何故か注文品の提供は遅れ気味でしたね。少し不思議な感じがしました。

沖縄 ラーメン もとなり北谷店 北谷の鶏塩 4

「北谷の鶏塩」の麺ですが、細めのストレートのもの。やや柔らかめでしたが、このラーメンの鶏塩スープには、程良い固さで合っていたと思います。そのスープですが、“塩”でよく見かける澄んだタイプではなく、やや濁りが入ったもの。塩梅や出汁の出方が、以前「麺や偶」で期間限定で提供されていた、「牛骨塩」をどことなく彷彿とさせました。出汁の素材自体などは、まったく違うのですけどね(^_^;) 具材は、鶏のそぼろ肉に砂肝、白ネギに青ネギにカイワレ、海苔が入っています。砂肝はラーメンの具材としては珍しいですね。弾力ある食感が特徴的でした。丼の縁に添えられたわさびをスープに溶かしますと、清涼感のある辛味が加わり、スープの旨みがより引き立つようでした。これは面白い試みですね。

沖縄 ラーメン もとなり北谷店 北谷の鶏塩 5

一緒に頼んだ「丼もとなり」です。
先にも書きましたが、ニンニクの香りが加わった、生姜焼き風味の濃い味付けの“豚丼”となっています。豚肉の他には、飴色になった玉ねぎやネギなども具材として入っていました。単品でも充分にがっつりとした一杯ですね。卓上の“薬念醤(ヤンニンジャン)”は、「もとなり北谷店」一押しの調味料のようですね。お勧めの食べ方の3番目に、“メシにかけて食すべき”とありましたので、丼もとなりにも少しかけてみました。ニンニクの香ばしい風味が加わり、確かに美味しかったのですが、豚骨ラーメンとの相性が特によさそうでした。次回来店時には、是非“とんこつ”で試してみたいですね。

今回の「北谷の鶏塩」は工夫された特徴が感じられて、充分に美味しかったのですが、この日はもとなりらしい“とんこつ”に、やたらと目が行ってしまいました(^_^;) 特に卓上に用意されていた“薬念醤”などは、もとなりの濃厚な豚骨スープに似合いそうですよね。元は韓国料理での調味料らしいです。「味噌もとなり(750円)」も、北谷店専用の品目となっているのかな? もとはこの品目も、「もとなり」での期間限定品でしたね。北谷店は、個人的にそうそう気軽に行ける立地ではありませんので、那覇店の方へ近いうちに寄ってしまいそうです(笑)

沖縄 ラーメン もとなり北谷店 北谷の鶏塩 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県北谷町美浜2-5-10
電話:098-936-9387
営業時間:11:00-不明
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/487-12aab53b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。