めんや 合ッ杯 「つけ麺」

沖縄 ラーメン 合っ杯 つけ麺 1

那覇市曙の「めんや 合ッ杯(がっぱい、と読みます)」へ行って来ました。
こちらのお店はしばらく休業(2ヶ月ほど?)をしていて、特に店頭にて貼り紙等でお知らせもされていなかったため、一部のラーメンファンの間では心配をされていたようです。先日「天龍」に寄ることができずに、たまたま店の前を通りがかった時に灯りがついているのを見て、翌日に改めて訪れてみました(その日は午後10時前だったため、閉店時間を過ぎてました)。どうも偶然通りがかった日(10月27日)が、ちょうど営業再開日だったようですね。店頭には、長期の休みについてお詫びの貼り紙が出されていました。詳しい事情は判りませんが、これでひと安心といったところでしょうか。お店には、午後7時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 合っ杯 つけ麺 2

店内の様子です。
先客となる方がお一人いましたが、すぐに帰り誰もいなくなったので撮影してみました。営業再開については、地元の常連さん方に認知されるのもこれからでしょうし、徐々に客足が戻って来るのでしょうね。「合ッ杯」の店内は、入り口側から受ける印象よりも広めになっていて、中央に空間があるため開放感があります(今はそこにセルフの麦茶を置いてます)。画像は、入り口側の座敷席より撮影しました。こちら側の席以外、設置されたテレビは見えないような気もします(^_^;)

沖縄 ラーメン 合っ杯 つけ麺 3

「合ッ杯」のお品書きのポップです。
こちらは券売機方式なのですが、各席上にも画像付きの品書きが用意されています。券売機のそばには、大きめに印刷された同様なメニューが設置されていて、こういった対応は助かりますね。文字だけではなく、実際に見て判るメニューは、その後の集客にも繋がって行くと思います。さて今回の注文なのですが、この日はがっつりと行きたいこともあり、“つけ麺”か“あえそば”のどちらかで迷ったのですが、ライスと餃子3個がセットになった「つけ麺セット(950円)」を頂くことにしました。ちなみに「つけ麺」単品では、700円となっています。

沖縄 ラーメン 合っ杯 つけ麺 4

程なくして運ばれた「つけ麺」です。
セットということで、ライスと餃子も付いているのですが、ライス側に沢庵が付いているのが嬉しいです(笑) ラーメンやつけ麺は、濃い目の味などでどうしても単調になりがちな傾向がありますので、こういった箸休め(?)が少しでも付いていますと、また全体の印象も変わってくるというものです。「つけ汁」は、器の大きさの割には量がちょっと少なめなようにも感じましたが、結果として足りなくなるようなことはありませんでした。

沖縄 ラーメン 合っ杯 つけ麺 5

「つけ麺」の麺ですが、中細のややちぢれたもの。“魚介豚骨”ということで、コシの強い太めの麺を勝手に想像してしまっていたのですが、麺も柔らかめで軽めの食感のものでした。その麺に絡ませるつけ汁ですが、豚骨に焦がしさんまを合わせたものということで、濃厚なのは確かですが、かなり甘みが強いものでした。麺やつけ汁が流行りの濃厚魚介豚骨とは幾分異なり、お店の特徴となって良いのですが、ちょっと好みが分かれるところかもしれません。微かにゆずの風味がしたのですが、画像にも写っているので気のせいではなかったようです(笑) ゆずの香りが強すぎるお店も多いのですが、こちらのつけ麺では、もっとはっきりアクセントとして付け加えても良いくらいかもしれませんね。具材は、炙りチャーシューにメンマ、海苔と玉子に、細切りの昆布などが載せられていました。餃子とご飯のセットを交えつつ、つけ麺ともども完食です。

今回は、がっつりと頂くつもりのイメージからは、少しばかり離れてしまっていたでしょうか。個人的に「合ッ杯」は、開店から間もない、去年の夏以来の来店となりました。その際は「ラーメン」を頂いた覚えがあるのですが、あれから一年以上も経ちますし、作りの変化があるだろうことも踏まえて、次回の機会があれば改めて注文してみても良いかもしれませんね。注文の順番的(?)には、“汁なしめん”である「あえそば」も気になるところです。

沖縄 ラーメン 合っ杯 つけ麺 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市曙1-13-17
電話:098-992-5799
営業時間:11:30-15:00 17:00-21:00(土日祝日は通し営業)
定休日:木曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/442-c169e301