味仙 矢場店 「台湾ラーメン(2)」

名古屋 ラーメン 味仙人 台湾ラーメン 1

名古屋市中区大須の「味仙 矢場店」へ行って来ました。
こちらは「大阪ラーメン紀行」時に、足をのばして寄ったお店です(別にラーメンが主目的の旅行だった訳ではないのですが(^_^;))。以前、こちらで頂いた「台湾ラーメン」の美味しさが忘れられず、機会があれば是非再訪したいと思っていたのでした。前回はいくつかのお店を廻ることが前提でしたので、控えめな注文だったのですが、今回はアルコール込みでがっつりかつじっくりと頂こうという腹積もりでの来店です(笑) お店には、ちょうどお昼時分の来店となりました(つまり、今回は昼間からお酒を頂いたということです(^_^;))。

名古屋 ラーメン 味仙人 台湾ラーメン 2

座席側からみた厨房方向の様子です。
店内は大きな座敷などはなく、数人掛けのテーブル席が整然と並べられています。お客さんも気軽に立ち寄って、それぞれ単品での注文で、思いのままに食事を楽しむといった風情ですね。店内には活気があり、イメージとしては中華圏の街中にある、オープンの屋台が集まっている場所といったところです。店員さんはすべて本場(?)の方々のようでした。お昼時ながらお酒込みで食事をされている方も、結構いらっしゃいましたね(^_^;)

名古屋 ラーメン 味仙人 台湾ラーメン 3

単品で頼んだ「麻婆豆腐(580円)」です。
全般的な価格設定は、こういった中華料理系統のお店としては、リーズナブルな範囲に入るでしょうか(高いところはかなり高いですし)。その中でもこちらの「麻婆豆腐」は丼ぶりに盛られていて、分量的にもお得感のある内容となっていました。もちろん、ビリリと痺れるような独特な辛さもしっかりあって、がっつりと美味しく頂けました。しかし辛味や油分のある食べ物は、ぐいぐいとビールが進みます(笑)

名古屋 ラーメン 味仙人 台湾ラーメン 4

更に追加で頼んだ「鳥唐揚げ」と「餃子」です。
実はこちらは食事も後半に頼んだもので、中盤には「手羽先(420円)」や「炒飯(530円)」などもお願いをしていました(^_^;) さすがに苦しくなった頃で、「鳥唐揚げ(790円)」のボリューム感と、からからに固く揚げられた鶏肉には、ちょっと閉口したところもあったりします(場合によりますが、肉は柔らかくジューシーなのが好みかな)。「餃子(370円)」は小振りな食べやすいサイズとなっていて、美味しく頂けましたが、もうちょっと特別な仕様なども期待していたかな?

名古屋 ラーメン 味仙人 台湾ラーメン 5

締めの一品として注文した「台湾ラーメン(580円)」です。
この時点でアルコールも結構入っており、もうお腹はぱんぱんでした(^_^;) しかしながら、やはりこちらの「台湾ラーメン」のスープの旨さは格別でした。澄んだ鶏ガラ醤油がベースのスープに、鷹の爪やラー油的な辛味が加えられているのですが、辛さの刺激が先行することなく、しっかりと旨みと一緒になって深みのある味わいが伝わって来ます。冒頭の「麻婆豆腐」もそうだったのですが、後を引かないすっきりとした辛さが「味仙」の特徴ですね。自分はかなり辛い物を食べた後などに、お腹が痛くなったりすることもあるのですが、こちらの一品ではそんなことはありませんでした。どうも粉やペースト状の香辛料ですと、胃に重く直撃するようです。中太のストレート麺もスープにマッチして、具材の挽き肉やニラなどと共に、美味しく頂くことが出来ました。

この日は昼の部終了のぎりぎりまで粘って、延々と飲み食いをさせて頂きました。悔いが残らないくらいに、がっつり食事を楽しむことが出来て良かったです(笑) “台湾ラーメン”はラーメンのいちジャンルとして成立しているものの、名古屋のご当地めしとして、限られた地域しか提供されていないのですよね。自分は辛さ耐性はあまり無いのですが、こちらは食後の影響も無いですし、時折り無性に食べたくなるような一品です。県内でも気軽に頂けるようになると嬉しいですね。

名古屋 ラーメン 味仙人 台湾ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:愛知県名古屋市中区大須3-6-3
電話:052-738-7357
営業時間:11:00-25:00
定休日:無休
駐車場:無し

味仙 矢場店台湾料理 / 矢場町駅上前津駅大須観音駅


関連記事
[ 2011/10/02 18:38 ] 県外のラーメン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/415-7f880c98