栄龍 「チャーシューらーめん」

沖縄 ラーメン 栄龍 チャーシュー麺 1

浦添市前田の「栄龍」へ行って来ました。
こちらも最近訪れて、今回が二度目の来店になりますね。前回は「ねぎらーめん」を頂いたのですが、これが想像した以上に美味しく感じましたので、改めて他のラーメンも試してみたいと思っていたのでした。もうひとつ、すぐに再訪することになった理由として、こちらのお店は個人的に、比較的寄りやすい立地でもあるのですよね。今回の再訪で更に好印象を受けましたら、ブログで取り上げる頻度も多くなるかもしれません。

沖縄 ラーメン 栄龍 チャーシュー麺 2

「栄龍」のメニューです。
今回は“麺類”の部分をアップで撮影です。前回も書きましたが、せっかく2年前に移転してお洒落な内装の店内なのですから、もう少し細かい部分にも気を遣われたら良いのに、と思います。プラスチックケースのメニューはボロボロで、テープのツギハギだらけです(^_^;) 長い年月営業している“街のラーメン屋さん”的なお店でしたら、こういった部分も“味”だと受け取れるのですが、綺麗な店舗である分、なにか勿体なさが目立ってしまいますね。と、また余計なお世話なことをだらだらと書いてしまいました(^_^;) 今回の注文ですが、標準的なお店の味を確認したい意味もあって、「チャーシューらーめん(700円)」をお願いすることにしました。それと、やはり我慢出来ずに「ライス(150円)」も追加でお願いしました(笑)

沖縄 ラーメン 栄龍 チャーシュー麺 3

程なくして運ばれた「チャーシューらーめん」です。
標準的な味を確かめたいのであれば、ごくノーマルな「らーめん(600円)」(しょうゆ・みそ・しおで価格は共通)を注文してみたら良いだろうと思われるでしょうが、メニューの画像を見てみるとちょっと躊躇してしまったのですよね。具材はもやしが中心となっているのでしょうか、彩りが単調で、どうも華やかさが感じられないのです。対して100円増しの「チャーシューらーめん」は、チャーシューはもちろん、煮卵も入っていて、見た目がとても映えていました。ちなみにトッピングとして、「チャーシュー(1枚)(50円)」、「煮卵(80円)」が別途用意されています。具材の違いはあれど、値段設定的にも、「チャーシューらーめん」の方がお得なように思えます。

沖縄 ラーメン 栄龍 チャーシュー麺 4

「チャーシューらーめん」の麺ですが、中太のちぢれたもの。これはやはり共通のようですね。若干径があって、のびのない麺でした。その麺に絡む醤油味のスープですが……、うーん、前回の来訪である程度判っていたのですが、かなりのあっさり味ですね。そうそう、書くのが遅れましたが、「チャーシューらーめん」も700円の同価格の設定で、『しょうゆ・みそ・しお』の中から選択することが出来ます。今回は前回の“ねぎらーめん”の、元スープの味を確認してみる意味もあったのでした。“辛ねぎ”がスープに加わると、個人的に絶妙な味加減だったのですが、単品ですと先に書いたようにあっさりさが際立ちますね。食べやすい、すっきりとした作りの一杯だと思います。

沖縄 ラーメン 栄龍 チャーシュー麺 5

主役具材の“チャーシュー”です。
きちんと数えてみますと、全部で4枚も入っていました。チャーシュー自体もローストされたようなあっさりとした作りですが、結構な厚みがあってボリュームがあります。他の具材には煮卵、わかめ、ネギなどが入っています。スープがあっさり味ですので、ご飯との相性はどうかと思いましたが、しっかりとチャーシューが入っていますので、ここはがっつりとラーメン共々完食です(笑)

美味しく頂けたのですが、ベースはかなりあっさり味のようですね。メニューからバリエーションとしては、醤油スープのものが多そうですが、味噌ラーメンなどではまた違う印象があるのかな? 次回の機会がありましたら、味噌を選択した“チャーシューらーめん”か、はたまた全く別の単品のラーメンにするか迷うところです(^_^;)

沖縄 ラーメン 栄龍 チャーシュー麺 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市前田3-9-9
電話:098-875-2305
営業時間:11:30-15:00 17:00-22:00
定休日:水曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/382-de1cb4bd