暖暮 「烈火ラーメン」

沖縄 ラーメン 暖暮 烈火ラーメン 1

那覇市牧志の「暖暮」へ行って来ました。
今回の記事も、実際に訪れたのはしばらく前になりますね。「暖暮」自体は実際に記事になった分より、結構な回数を行っているはずなのですが、締めの一杯という流れなどで起こしていなかったりします(^_^;) 今回もお店に寄った流れ的には一緒だったのですが、しっかりとデジカメに記録も残っていますので、ブログ記事として書き起こしてみます。そういえば一時期、同じく那覇市の「康竜」によく行っていましたが、最近はすっかりご無沙汰になっていますね。個人的には甲乙つけがたい同じ位置づけのお店だったのですが、寄りやすさというのも、やはりラーメン店には重要な要素のひとつなのだと思います。

沖縄 ラーメン 暖暮 烈火ラーメン 2

「暖暮」のお品書きです。
期間限定の「ラーそうめん(650円)」が記されていることから、こちらは最近用意されたものみたいですね。以前、おそらく提供を始めた直後くらいに頂く機会があったはずですが、夜遅くのああいったシチュエーションでは、冷たいラーメンはちょっと注文しにくいかな?(^_^;) 今回は珍しく(?)見た目からいかにも辛そうな、「烈火ラーメン(700円)」を注文することにしました。自分としてはいつものように“明太子ごはん”などのセットものを頼みたかったのですが、この日はもう終了してしまったとのことでした。デジカメの記録を確認すると、まだ午後11時半過ぎでしたので(暖暮の営業は午前2時まで)、ちょっと珍しいですね。ご飯を切らしてしまったのかな?

沖縄 ラーメン 暖暮 烈火ラーメン 3

程なくして運ばれた「烈火ラーメン」です。
真っ赤なスープがいかにも辛そうですね(^_^;) 元々中央に真っ赤な辛味だれが載っているのですが、これは濃厚で深みのあるスープを味わった後に、調整を効かせながら、少しずつ溶かして頂くことが出来るようになっています。今回の“烈火”では、その中央の辛味だれとは別に、初めから辛味がスープに溶け込んでいます。恐る恐る(?)食べ始めてみることにしました。

沖縄 ラーメン 暖暮 烈火ラーメン 4

「烈火ラーメン」の麺ですが、「暖暮」お馴染みの、博多系ラーメンらしい細めのストレートのもの。基本的にはレギュラーの「ラーメン」から同じ麺と、同じ具材となっています。具材自体は、チャーシューにネギと至ってシンプルですね。元々のスープは水にもこだわり、豚骨を十数時間丁寧に炊き出したものとのことですが、今回はそのスープに辛味が加えられています。元々の辛さから基準にすると(これは中央に載っている辛味だれを指していると思われます)、5倍からスタートして、20倍まで設定されているのだそうです。それで自分がお願いした設定なのですが……うーん、せっかくなので思い切って20倍にした記憶もあるのですが、そこまで極端に辛かった覚えもないので、正直自信が無かったりします(肝心な部分なのに(^_^;))。麺自体には辛味だれの性質なのか、それほど絡まないのですよね。麺の食感(自分的には喉ごし(笑))がはっきりと楽しめて、これはこれで良かったと思います。しかしレンゲで掬って飲んでみると、やはり辛いです。最後には汗をだらだらと流しつつ、完食です。

辛いもの好きには堪らないかもしれませんが、個人的にはやはり「暖暮」の豚骨スープの旨味をじっくりと味わえる、通常仕様の「ラーメン」が好みかな? ただ辛さに負けることなく、「暖暮」のテイストはしっかりと残っていますので、寒い冬などには身体が温まって良いかもしれませんね。ちなみに5倍で、一味唐辛子小さじ一杯分くらいの分量なのだそう。食欲のない方にもお勧めしているようですが、辛さに自信のある方には、20倍でのチャレンジもお勧めしたいです(笑)

沖縄 ラーメン 暖暮 烈火ラーメン 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-16-10
電話:098-863-8331
営業時間:11:00-26:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/372-e166bef1