sugakiya(スガキヤ) 「ラーメン」

名古屋 ラーメン スガキヤ 1

名古屋市内の「sugakiya(スガキヤ)」へ行って来ました。
3回目となる“名古屋ラーメン紀行”ですが、今回で最終回となります。実際のところ、名古屋では他にあと二店ほど廻っているのですが、あくまでも番外編ですので程よく3回ほどで終了にしたいと思います(^_^;) 名古屋へはまた訪れる機会もありますでしょうしね。次回より、通常運営となる「沖縄のラーメン店」へと戻ります。

さて、スガキヤと言えば、地元名古屋市民にとってはまさに“ソウルフード”と呼ぶにふさわしいものだそうです。安価な価格設定ということもあり、おやつのように頻度も高く食べるもので、幼い頃から慣れ親しんだ味なのだそうですね。その“スガキヤ”なのですが、他県の者から見ましたら、業態が少しばかり複雑になっています。呼び方としてはカタカナ表記で統一していますが、一般向けとして広く知られている店舗は「sugakiya」とアルファベットで、値段設定が高い、高級志向(?)の店舗は「寿がきや」となっているようです。今回は、いわゆる“ソウルフード”として親しまれて来た「sugakiya」のラーメンを頂いてみたかったので、名古屋駅からすぐ近くの「寿がきや」は避け、近隣にあるイオングループのスーパーへ向かいました。何でも規模の大きいショッピングセンターでは、テナントとして大抵入っているようですね。こういったことからも、名古屋市民にとって世代を問わずに親しまれていることが判ります。

名古屋 ラーメン スガキヤ 2

「sugakiya」のメニューです。
当初からノーマルの「ラーメン(290円)」を頂くつもりでの来店でしたが、やはりそれだけでは物足りなく、気持ち的に収まりがつきません(^_^;) よく見るとセットメニューなどもあるようで、その中から「サラダセット(280円)」をお願いすることにしました。合計額は570円になりますね。サラダセットは「フレッシュサラダ(単品では180円)」と「五目ごはん(同200円)」の組み合わせとなっています。注文後に落ち着いてメニューを眺めてみると、500円ちょうどのワンコインセットなども用意されているようですね。カレーとのセットは判りやすくて良いと思います(笑) ちなみに注文の流れとしては、レジ前のカウンターで品を選んで番号札を受け取り、出来上がって呼び出しがあるまで待つ形となります。そして、食べ終わったら自分で食器を返却棚へと戻します。フードコートではよくある方式ですね。

名古屋 ラーメン スガキヤ 3

程なくして出来上がった「ラーメンとサラダセット」です。
単品だとごく軽い内容なのでしょうが、セットで頼みますとやはりそれなりにボリューム感があります。サラダはオリジナルのドレッシングも付いていて、しっかりした作りのものでした。そばに置かれている缶は、これもお店オリジナルらしい胡椒となっています。描かれている女の子のキャラクターは“スーちゃん”といって、これまた地元の方にとってはなじみ深いものらしいですね。ついでながら五目ごはんの素も一般販売されているらしく、とかく「スガキヤ」が名古屋地元民に浸透していることが伺えます。

名古屋 ラーメン スガキヤ 4

「ラーメン」の麺ですが、中細のややちぢれたもの。後半までのびを感じない、意外といっては失礼ですがしっかりとした麺でした。具材はチャーシューにネギにメンマと、至ってシンプルな構成となっています。チャーシューはかなり小さめなのですが、値段設定を考えるとまあ妥当なところなのでしょう。物足りなく感じる方のために、チャーシューが5枚と半熟卵が加わった、「特製ラーメン(420円)」なる品目も用意されています。なにより「sugakiya」のラーメンで特徴的なのは、和風テイストのスープでしょうね。豚骨ベースではあるのですが、魚介の風味が勝っています。どこか懐かしい味わいのものでした。

それともうひとつ特徴的なのが、画像のフォークとスプーンが合わさったような食器ですね。“ラーメンフォーク”というのですが、スパゲティのように麺を絡ませるのも、スープを掬って飲むにしても、どちらも中途半端な大きさで、正直なところ使いにくいです(^_^;) スープの温度が伝わって熱くなりますし……。地元の方からしても、どうも評判はいまひとつのようなのですが、実はこのラーメンフォーク、ニューヨーク近代美術館にてデザイン性が高く評価され、現地で展示・販売されているのだそう。なんともグローバルであったりします(笑)

自分は名古屋市民ではないのですので、ごく普通に頂きましたが、やはり地元の方にとっては当り前にあって、そして特別な“ソウルフード”なのでしょうね。そういった存在があるのは、特に故郷を離れている人などにとっても、やはり有難いものだと思います。メニューの半分は甘味が占めているのですが、憩いの場としても機能しているのでしょうね。今回も至る所で見かけるチェーン店ですので、特に店舗住所などは記しません。次に名古屋へ訪れる機会がありましたら、また当り前に自分も寄りたいと思います。

名古屋 ラーメン スガキヤ 5

ごちそうさまでした!

満足感:-
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:愛知県名古屋市内
電話:-
営業時間:-
定休日:-
駐車場:-

関連記事
[ 2011/07/20 18:29 ] 県外のラーメン | TB(0) | CM(2)

こんばんわ。
スガキヤは、ほんと愛知県民は、食べます。
僕は、小さい頃からスガキヤ食べてました。(*^o^)/\(^-^*)
食後にはソフトクリームです。
安くて早くて美味しい♪
最高です。 またお邪魔しますね。
失礼します。
[ 2014/01/29 22:40 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>さらパパさん
こんにちはー。
スガキヤは地元民に取っては、ホント県民食のような
位置づけなのでしょうね笑 麺類に限りますと、大阪
では「金龍ラーメン」がきっとそうなのだろうと感じ
ましたし(いまでいうゆるキャラ(?)な味わい?)、
沖縄では弁当屋さんで売られている、100円沖縄そば
がそのような感じがします(^_^;)

またよろしくです(^_^)
[ 2014/01/29 23:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/341-e2422ae3