ラーメン屋 あさひ 「トロうま塩ラーメン」

沖縄 ラーメン あさひ トロうま塩 1

那覇市長田の「ラーメン屋 あさひ」へ行って来ました。
こちらは前回久しぶりに立ち寄ったのですが、印象が随分変わったお店になっていました。以前はあっさり系ラーメンをメインにしていたと思うのですが、現在はそちらも扱いつつ“こってり系”を前面に出して提供をするようになったようです。近隣には学校があり、お客さんは若い学生などが多いようで、おそらくその方向が受け入れられやすいのでしょうね。基本のラーメン一杯も550円と比較的安価に抑えられており、そのあたりも客層を考えての設定なのかもしれません。お店には、前回と同じく午後9時過ぎ頃の入店となりました。時間帯もあると思うのですが、こちらも前回と同様、お客さんはまばらな入りでした。

沖縄 ラーメン あさひ トロうま塩 2

「あさひ」のメニューです。
前回記事では、“トロうま”を中心に記載された一枚もののメニューを掲載しましたが、今回はもうひとつの冊子になった分を写しています。こちらには先ほどの“こってり(トロうま)”に対して、“あっさり”のラーメンメニューが記載されています。その他にもセットやサイドメニューなども列記されていて、品目が豊富に用意されていますね。前回が“こってり”でしたので、今回は“あっさり”でも良かったのですが、そちらは二日酔いになった時にでも取っておくことにしました(笑) ラーメンの注文は「トロうま塩ラーメン(550円)」として、追加で「大盛り(100円)」と「炙りチャーシュー(100円)」をお願いすることにしました。サイドからは「チャーマヨ手巻き(150円)」も試しに注文です。

沖縄 ラーメン あさひ トロうま塩 3

程なくして運ばれた「トロうま塩ラーメン」です。
お客さんがまばらなこともあると思いますが、こちらは提供までが比較的早い印象がありますね(フロアが一人で、厨房の店員さんもお一人でした)。出された「トロうま塩ラーメン」ですが、想像していたとおり、前回の“醤油”と見た目は大きく変わっていません。といいますか、“醤油”自体のスープの色合いが淡かったのですよね。具材としては、チャーシュー、ネギにわかめ、煮玉子、レンゲに添えられているのはニンニクチップとなっています。チャーシューについては別途トッピングで頼んだものですが、二枚入っているものの、決して大きなものではないです。標準でも申し訳程度なものでしたからね。ただ部位はほほ肉になるのでしょうか? 小振りながらも肉の旨みがぎゅっと詰まったものでした。炙られているらしく、香りも良く仕上げられていました。

沖縄 ラーメン あさひ トロうま塩 4

「トロうま塩ラーメン」の麺ですが、細めのちぢれたもの。程よく固く、後半までのびにくい特徴ある麺だと思います。それに絡む塩味のスープなのですが、うーん、どうも塩ダレが少しくどいように感じます。元々“トロうま”ということで、背脂の分量もたっぷりと入っているのですが、醤油とは少しのバランスの違いでしょうが、麺にこってりと絡み過ぎて、けっこう重い味わいになっていました。良いアクセントだと感じていたニンニクチップも、今回はくどさに拍車をかけてしまったようです。

沖縄 ラーメン あさひ トロうま塩 5

先に運ばれていた「チャーマヨ手巻き」です。
細かいチャーシューをマヨネーズで和えた具が手巻きにされていて、こちらも重めな味わいとなっていました。今回のラーメンの注文に関しては、素直に「半ライス(100円)」でも良かったですね。自分の選択ミスです(^_^;) 注文したラーメンがあっさり系であったらか、または単体でも充分美味しいものだと思います。

前回が好印象だったということで、若干厳しめな書き方になってしまいましたが、最後まで充分に美味しく頂けました。特徴である背脂の濃さが、今回はより強調される形になってしまったようでした。“塩”は“醤油”より人の好みを選びそうですね。さて、次回来店時こそ“あっさりスープ”側のラーメンを頼んでみたいと考えております。お酒を飲んだ翌日に訪れることになるかな?(笑)

沖縄 ラーメン あさひ トロうま塩 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市長田1-23-17
電話:098-831-6628
営業時間:11:30-23:00
定休日:不定休
駐車場:有り

ラーメン屋 あさひラーメン / 安里駅牧志駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/325-e55ee42c