SAKURA 「らーめん」

沖縄 ラーメン SAUKRA 1

那覇市牧志の「SAKURA」へ行って来ました。
前々回記事の「暖暮」と同様、こちらもそれなりの頻度で訪れているのですが、結果としてブログ記事にしていないこともままありました(理由は暖暮と一緒です(^_^;))。「暖暮」と違うのはイベントや限定麺の提供などで訪れることも多く、その分については記事になっていることですね。そういった経緯で、レギュラー麺の記事掲載が遅れていたのですが、ようやく今回で「らーめん」を取り上げることになります。

沖縄 ラーメン SAUKRA 2

「SAKURA」のメニューです。
こちらのお店は「つけ麺」の印象が強いと思うのですが、「ラーメン」の方も負けず劣らず支持されているのではないでしょうか。最近になって、沖縄県内においてもつけ麺はごく一般的な扱いになっていますが、つい数年前までは“どうやって食べるのか?”みたいなところから始まっていましたよね。「SAKURA」は、そういった部分を、よりディープな方向から一般に向けて浸透させていった功績があるのでしょう。“ラーメン不毛地帯”といわれた沖縄では特に、そのような段階を踏んだアプローチが必要だったのかもしれません。……話がかなり脱線してしまいましたが(^_^;)、今回は先に書いた通り、「らーめん(650円)」を注文する事にしました。

沖縄 ラーメン SAUKRA 3

程なくして運ばれた「らーめん」です。
具材は、チャーシュー、茎わかめ、海苔、玉子となっています。中央には魚粉が載せられていますね。ちなみに前者の3つについては、追加可能なトッピングとしてメニューにも掲載されています。魚粉は、卓上に容器に入って無料で用意されていますね。ロケーションの影響もあるでしょうが、濃い色合いのスープが、実に「SAKURA」らしいです。

沖縄 ラーメン SAUKRA 4

「らーめん」の麺ですが、中太のストレートのもの。表面が滑らかでコシもあり、特注というこちらの麺も、お店独特な風合いのものですね。スープは豚骨などから来る動物系のどっしりとした味わいに、香りのよい魚介の風味が加わったものです。表面には油分も結構浮いていますね。この重さが、ある意味癖になるラーメンだと思います。具材のバランスも良いですね。特に茎わかめは、食べ進むなかで単調になることなく、良い箸休め(?)になっているようです。

沖縄 ラーメン SAUKRA 5

別皿で出てくる「ゴーヤとオニオンスライス」です。
先に書いたように、スープは結構重い味わいのものですので、追加トッピング的に投入しても良いかもしれません。あえて別皿で出しているのは、ラーメン単体の仕上がりとは分けて、個人の好みのペースで食べ進められるようにしているのでしょうね。こちらのお店はお酒も提供していますので、当初はお通し的なものなのかと、つい勘違いをしてしまいました(笑)

やはり「SAKURA」はいいですね。桜坂という立地や、お店独特なディープな雰囲気ある作りも影響しているのでしょうが、確かな満足感を得られます。観光で見えられる方も、そういった意味でも(?)充分に楽しめるのではないでしょうか。しかし地元沖縄ですから抵抗感はないのですが、他所の土地で初見でしたら、やはり少しばかり入店に躊躇してしまいますよね(^_^;) 

沖縄 ラーメン SAUKRA 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-9-27
電話:なし
営業時間:18:00 - 26:00 ~28:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/319-d74ad0c2