通堂 寄宮十字路店 「しょう油ラーメン」

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 1

那覇市寄宮の「通堂 寄宮十字路店」へ行って来ました。
二日酔いになってしまい、どこのラーメン店へ行こうかと考えてみたところ、通堂の「おんな味ラーメン」が頭に浮かびました。先日も頂きましたし、順番的(?)には「和楽」だったのですが、どうにも浦添市まで足を運ぶ気力が湧きませんでした(でもラーメンを食べようという食い意地は残っていたり(^_^;))。時間的に、和楽の開店時間には間に合わなかったという理由も大きいのですけどね。しばらく動けずに、うだうだと時間を過ごし、お店には午後12時前の入店となりました。

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 2

お店の窓際には、新商品らしい「しょう油ラーメン」のポスターが貼ってありました。
訪れた時は何気なく見過ごしていたのですが、券売機にもアピールがされていて、また店員さんからも新商品であることを勧められて、胃に優しいあっさり系だろうということで「しょう油ラーメン(630円)」を購入することにしました。お馴染みのランチに該当する「ごはん(150円)」の券も購入です。卓上についてから、「大盛り」として50円の現金を手渡しました(食券では用意されていないのです)。

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 3

程なくして運ばれた「しょう油ラーメン」です。
ポスターにあった説明によると『たっぷりな野菜の甘さとふんだんな煮干・かつお節でとった口あたりまろやかなスープ あっさりすっきり』なのだそう。具材としては、チャーシュー、メンマ、ネギに海苔と、確かに王道的でシンプルな“しょう油ラーメン”ですね。二枚の種類違いというチャーシューの構成や、器の色が赤色ということもあり、ぱっと見て「おんな味ラーメン」のような印象も受けました。“あっさり”な位置付け的にも、どちらかというと“おんな味”寄りなのでしょう。ちなみに本日のランチセットは「みそチャーシュー丼」となっていました。

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 4

「しょう油ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。麺の細さから、“おとこ味ラーメン”のものと同一なのかと思ったのですが、微妙に違和感も覚えました。お話しによるとどうも“おんな味ラーメン”の麺を、“おとこ味ラーメン”の麺の径で作ったもののようですね。文字に起こすとちょっとややこしいですが(^_^;) しかしアレンジ的とはいえ、専用の麺を用意しているのは気合いが入っています。注文した際に麺の固さを聞かれたのですが、これまでの経験から「かた」でお願いをしました。お店としては「ふつう」で、ちょうど良い具合に仕上げてくれるようですが、個人的にはコシが感じられる「かた」でちょうど良かったように思いました。スープの温度も高めで、二日酔いの者にはちょうど良かったです(笑) 表面には脂も浮いていて、塩分もそれなりに強めだったのですが、軽く魚介の風味も漂い、美味しいスープでした。

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 5

ランチセットの「みそチャーシュー丼」です。
この日は慰霊の日ということで、公休日扱いとなったらしく、選択ランチは一種類のみでした(お店の人も二種類あると勘違いしていましたね)。チャーシューの固まりに味噌で味付けがされているのですが、これが濃い味付けで参りました(^_^;) イメージ的には“あんだみそ”に近いものでした。葱が散らされてレタスが敷かれてはいますが、あっさりを注文した者としては、系統の違う二種類から選択出来たら助かりましたね。

お店の方で謳われているとおり、王道的な“しょう油ラーメン”でいいですね。「通堂」の新商品というだけあって、シンプルさから来る、ややもするとありがちな安っぽい作りになることもなく、美味しく頂けた一杯でした。“あっさり系”と言い切るには、やや濃い味付けだとは思いますが、客層的にはこれくらいの塩梅がちょうど良いのでしょう。画的にはトッピングで煮玉子を追加すれば、なお美味しそうに映えるでしょうね(笑)

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市寄宮154-9第2玉元ビル1F
電話:098-834-0141
営業時間:11:00-25:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/313-d7851ba9