大勝軒 宜野湾店 「味噌つけ麺」

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 1

宜野湾市真志喜の「大勝軒 宜野湾店」へ行って来ました。
こちらも「麺ふぇすた」の参加店になりますね。個人的に足を運びやすいのは“那覇店”の方なのですが、こういう機会があることで、宜野湾店にも訪れることが出来ます。せっかくですので、お店ごとに違いがあるのか食べ比べを意識してみても良いですね。「大勝軒」についてはチェーン店という訳ではなく、“暖簾分け”となるはずですので、もしかしたら店舗毎に違いが結構あるかもしれません。同じ品目で食べ比べをした記憶がありませんので、近いうちに一度は試したいですね。

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 2

「大勝軒」のメニューです。
店内に入る前に、お店の外側に張り出されています。「大勝軒」は券売機方式ですので、特に初めて来店する人には助かる処置だと思います。後ろに購入を待っている人が並んでしまったら、ゆっくり選ぶ間もなく焦ったりする場合もありますしね。実際にこの日は開店直後に来店したのですが、食べ終わる頃には満席に近い状態になっていました。今回、券売機からは、未食だった「味噌つけ麺(700円)」を「麺大盛り(100円)」にしての購入です。そうそう、「大勝軒 宜野湾店」も麺ふぇすたの参加店だったのですが、こちらも“無料トッピング対象表”の張り出しは行っていませんでしたね。「味玉」をトッピングとしてお願いしたのですが、バイトらしき人は年間パスの存在そのものを知らなかったようで、事後の応対に何か温度差があるようです。まあこの辺りのお話はここまでということで(^_^;)

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 3

程なくして運ばれた「味噌つけ麺」です(いつもの全体画像を撮り忘れてました)。
「大勝軒」の麺ですが、店頭でもしっかりと垂れ幕で喧伝しているのですが、『多加水・極上中太』といったもの。確かに滑らかな食感でしっかりとしたコシを感じる麺ですが、色々なお店で多様なつけ麺を味わえるようになった現在、王道的な位置付けのものなのでしょうね。対してつけ汁なのですが、魚介等の風味はあるのですが、口に入れた時にかなり強い甘みを感じます。味噌の味がするのはもちろんなのですが、たしかベースの“つけ麺”のつけ汁自体が甘かったのですよね。これが「大勝軒」の味かもしれませんが、少しばかり口当たりを変えてみたく、卓上で案内されていた“調味料類”をお願いしてみることにしました。

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 4

改めてお店の方に持ってきて貰った、『ニンニク、豆板醤、濃口たれ』です。
甘さを抑えるには、辛味である「豆板醤」が良いのではと、ぱっと考えてしまいそうですが、これはバランスの調整が難しそうです(自分は辛いのは嫌いではないですが、耐性がある訳でもなかったりします(^_^;))。ですので、味の変化付けとしてはニンニクで調整をしてみました。食欲を刺激する特有の程よい香味が加わり、改めて麺を食べ進むことが出来ました。

冒頭でも書いたのですが、那覇店と宜野湾店では同じメニューでも、作りというか個性に違いがあるのでしょうか? 那覇店で頂いた「ラーメン」はかなり好きな部類なのですが、どうも宜野湾店の仕様とイコールなイメージが湧きません(^_^;) 次は「ラーメン」を宜野湾店で頂くか、あるいは「つけ麺」を那覇店で頂くかを、そう遠くないうちに実行してみようと思います。

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市真志喜624-1
電話:098-890-6611
営業時間:11:30-16:00 18:00-22:30
定休日:火曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/309-1cb85090