東洋飯店 那覇店 「チャーシューラーメン」

沖縄 ラーメン チャーシューメン 東洋飯店1

那覇市銘苅の「東洋飯店 那覇店」へ行って来ました。
沖縄県内ではこちらの那覇店以外に、北谷店、名護店の合計3店が営業をしていますね。沖縄県内においては、老舗の大型中華料理店として広く知られていると思います。通常のテーブル・座敷席以外にも、宴会場も店内には用意されているようですね。こちら那覇店は新都心のはずれの方に立地しているのですが、以前は別の場所にあって移転をしてきたのかな? 広い駐車場のあるお店には、日曜日のお昼過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン チャーシューメン 東洋飯店2

東洋飯店の“めんの項”のメニューです。
お得なランチメニューなども用意されているようなのですが、残念ながらその提供は土曜日までとのこと。平日のみでしたらすんなり諦めも付いたのですが……(^_^;) せっかくですので、本格的な中華料理も頂きたかったのですが、単品ですとやはりどうしても割高感もありますし、コース料理ですとさすがに肝心の麺類がお腹のなかに入りません(笑) ということで、大人しく(?)、「チャーシューラーメン(787円)」と「ショーロンポー(472円)」をお願いすることにしました。 メニューの中では、「タンタンラーメン(892円)」が他店との比較の意味でも興味を惹いたのですが、自分の中でも“またか”感が強く、今回はパスすることにしました(^_^;)

沖縄 ラーメン チャーシューメン 東洋飯店3

程なくして運ばれた「チャーシューラーメン」です。
器が「東洋飯店」オリジナルのものらしく、面白い形をしています。お店の銘が入っていますね。高さはそれほどないのですが、本来は丸みのある勾配部分が穏やかな作りで、内容量は結構ありそうでした。「チャーシューラーメン」の具材ですが、名称の通りにチャーシューがたっぷりと5枚ほど入っていました。他には青梗菜のみというシンプルな構成なのですが、これがまた歯ごたえのある茎の部分を中心として、大量に入っていました。

沖縄 ラーメン チャーシューメン 東洋飯店4

「チャーシューラーメン」の麺ですが、中太のストレートのもの。若干平打ち気味というか、エッジが効いていて、かなり独特な食感の麺です。重みも結構感じますね。スープはとてもシンプルな醤油ベースのものでした。序盤はとても美味しく頂けたのですが、後半になるにつれ、どうしても単調になってきます。先述したように麺が重く、また器の見た目以上に分量もありました。なにより具材の青梗菜がとても多く、いくら食べてもなかなか減っていかないのです(^_^;) こういった構成のラーメンなのでしょうが、もう一つなにか具材が添えられているだけでも、印象は大きく変わったかもしれませんね。

沖縄 ラーメン チャーシューメン 東洋飯店5

一緒に頼んだ「ショーロンポー」です。
メニューではカタカタ表記だったのですが、こちらは「小龍包」と漢字表記の方がしっくりと来ますね。メニュー表には日本語・中国語・英語がそれぞれ併記されていたのですが、漢字のままでも充分に日本語として通じるのに、と思うものがカタカナ表記だったりして、却って老舗の中華料理店だな、と妙な感心をしました(^_^;) 「小龍包」は綺麗に熱々のスープが閉じ込められていたのですが、代わりに若干皮が厚めだったのが少し残念だったかな?

中華料理店へ訪れる度に思うのですが、やはりこういうお店は多人数でワイワイと、色々な品目を少しずつシェアして頂くのが楽しいですね。注文をして待っている間にメニュー表を眺めていたのですが、品数がずいぶんと豊富で、これ以上頼むことは難しいというのに目移りをしてしまいました(笑) 次回の機会があれば、お手軽に中華を味わえるランチタイムか、或いは夜に複数人でのコースメニューにしたいですね(こういった事も何度か書いた覚えがありますが(^_^;))。

沖縄 ラーメン チャーシューメン 東洋飯店6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★☆(5.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市銘苅 2-11-24
電話:098-869-6103
営業時間:11:00-23:00(金・土11:00-23:30)
定休日:無休
駐車場:有り

東洋飯店 那覇店中華料理 / 古島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/302-81e9a84e