天天有 「中華そば 濃厚しょう油スープ」

沖縄 ラーメン 中華そば 天天有1

那覇市牧志の「天天有(てんてんゆう、と読みます)」へ行って来ました。
こちらは去年の11月2日にオープンしたお店で、京都では有名なラーメン店ですね。自分はその営業初日に訪れていて、当ブログ記事としても取り上げています。それから何度も機会を見て再訪しようと考えていたのですが、現地の味の再現にしばらく苦戦しているという噂(何でも沖縄の硬水が扱いにくいようです)を聞き、何となくそのまま行きそびれてしまいました。実は今回、改めて取り上げる以前にも二回ほど訪れていたのですが、ようやく記事にすることが出来ます(記事に出来なかった理由は割愛(^_^;))。お店には、午後10時過ぎ頃の来店となりました。

沖縄 ラーメン 中華そば 天天有2

「天天有」のメニューです。
基本的に扱っているラーメンは、中華そばの「鶏白湯(とりぱいたん)スープ」と「濃厚しょう油スープ」の二種類のみ。こちらに餃子や炒飯など単品のサイドメニューや、それらを組み合わせたセットメニューで構成されています。初回に訪れた時は、メイン品目となる「中華そば 鶏白湯スープ(650円)」を頂いたのですが、お店の方が言われていたように、甘みが強く好みが分かれそうな味わいのものでした。今回はもう一品の「中華そば 濃厚しょう油スープ(650円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 中華そば 天天有3

程なくして運ばれた「中華そば 濃厚しょう油スープ」です。
シンプルな、いかにも“京都ラーメン”といった趣きの一杯ですね。具材は、チャーシュー、九条ネギ、もやしとなっています。メニューでは「限定サービスの煮玉子入り」についても書かれているのですが、この日は残念ながら既にサービスは終了していたようでした。

沖縄 ラーメン 中華そば 天天有4

「中華そば 濃厚しょう油スープ」の麺ですが、細めのストレートのもの。このタイプの麺は、いわゆる“京都ラーメン”ではお馴染みのものですね。“麺の固さ”については注文に応じてくれるようなのですが、今回はお店に方が提供したそのままを頂きました。濃口醤油がベースになっているというスープは結構塩辛く、また鶏ガラから出ているらしい脂分も濃厚に感じます。イメージ的にあっさりではないかと思ってしまう“京都ラーメン”ですが、意外と“こってり系”なのですよね。具材のもやしや九条ネギを箸休め(?)にしつつ、最後まで美味しく頂きました。

沖縄 ラーメン 中華そば 天天有5

おまけになりますが、「限定サービスの煮玉子入り」の同品目の中華そばです。
これは記事にしなかった(出来なかった(^_^;))別の日に撮影をしたものですが、常々自分が主張している、煮玉子の重要性がお判り頂けたことと思います(笑) やはり華やかさというか、全体としても“美味しそう”がより引き立つ画になりますよね。この日も来店はかなり遅い時間だったはずですが、限定の数量はどれくらい用意されているのかな? トッピングメニューには煮玉子は見当たりませんし、予備分の作り置きはしていないだけで、基本的には希望者全対象のサービスなのかもしれませんね。

これまでブログでも何度か書いた覚えがあるのですが、個人的に一番に“ラーメン店巡り”をしたい地域は京都となっています。その京都の味を、こちら沖縄でも気軽に味わえるようになったのは、とても喜ばしいことですね。いま沖縄で、その系譜が見られるのは今回の「天天有」以外に、浦添市の「和楽」、北谷町の「林屋」、那覇・浦添市の「天下一品」などでしょうか。今後も地方色を感じさせるラーメン店が、こちら沖縄で開業をしてくれると嬉しいですね。

沖縄 ラーメン 中華そば 天天有6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志1-1-39
電話:098-863-1587
営業時間:11:00-24:00
定休日:月曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/301-5fa0465f