スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

康竜 那覇国際通り店 「ラーメン」

沖縄 ラーメン 康竜 国際通り店1

那覇市牧志の「康竜 那覇国際通り店」へ行って来ました。
「康竜」へは自身何度も訪れていて、当ブログでも何度も取り上げていますね。主に「自分仕立てラーメン」を頂いているのですが、店舗自体は全て「那覇松山店」の方でした。今回、(ブログでは)初めて「康竜 那覇国際通り店」を訪れることになったのですが、実は当初はすぐ近隣にある「天天有」へ久しぶりに寄るつもりでいたのでした。ですが、お店の灯りはついていたものの、どうやら閉店直後だった模様です。この時点で何時頃のお話しなのかというところですが(^_^;)、すぐ目の前で開いていた「康竜」へ入店することとなりました。

沖縄 ラーメン 康竜 国際通り店2

記入済みの「お客様お好み表」です。
券売機で購入したのは「ラーメン(650円)」なのですが、“麺の太さ”などのお好み表は変わらず記入することになるようですね。冒頭の経緯からお察しだとは思いますが、この時はヘロヘロに酔っていました(^_^;)  「天天有」へ訪れようとしていた時点で、締めの一杯の“あっさり系”ラーメンを頂きたいと考えていて(実際はそうあっさりでもないはずですが)、今回の注文は全てそういった方向に沿っています。といいますかやり過ぎです(^_^;) ラーメンは超あっさりを指向しながら、サイドには何故か濃厚そうな「ラフテー丼(450円)」を購入しております。

沖縄 ラーメン 康竜 国際通り店3

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
博多ねぎや焼豚なども“なし”にしていますので、見た目的にすっかり“素ラーメン”です(^_^;) また味の濃さは“薄味”にして、油加減も“なし”ですので、スープ表面の様子も非常に淡泊な印象です。一緒に運ばれた「ラフテー丼」とのアンバランスさが際立ちますね。

沖縄 ラーメン 康竜 国際通り店4

「ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。久しぶりの“細麺”を選択なのですが、麺の硬さは“超柔”でしたので……うん、これはかなり物足りない印象です。素ラーメンを頂くにしても、こちらは“普通”以上にすべきでした(^_^;) スープも注文の仕方から、極端なあっさり風味です。それでも麺にコシがあれば、それなりに食べ進めやすかったはずなのですが、さすがにやり過ぎてしまって、後半は後悔気味でした。

沖縄 ラーメン 康竜 国際通り店5

一緒にお願いした「ラフテー丼」です。
濃厚な味付けの三枚肉が三枚載せられていますね(駄洒落のつもりではない笑)。沖縄県民にとってはお馴染みのもので、美味しく頂けました。こちらの一般的なものより濃い味付けだったかな? お店の説明書きでは『じっくり煮込んだ柔らかい豚肉と特製ダレを合わせたコクのある一品です』とありますね。ラフテーの下には刻み海苔が敷かれ、ごまやネギ、紅ショウガなどは最初から添えられていました。結構ながっつり丼であるためか、「ミニラーメン ラフテー丼セット(850円)」という品目も用意されているようですね。これらは沖縄限定のメニューとなっているようです。

今回はちょっとアレな内容だったと思いますが、半ば自戒の意味も込めてブログへの掲載とします(^_^;) 今後も康竜では“自分仕立て”を注文する機会があると思いますが、やってはいけないことを理解しました。そうそう、スタンプカードについては県内の店舗どころか全国共通だったはずですが、今回は押印をしてませんでした。「締めのラーメン」も味わい方の醍醐味のひとつだとは思いますが、お酒の方もほどほどにするようにします(^_^;)

沖縄 ラーメン 康竜 国際通り店6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★☆(5.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志1-2-3
電話:098-941-5566
営業時間:11:00 - 翌5:00 (金・土・祝日前は翌6:00)
定休日:無休
駐車場:無し

康竜 那覇国際通り店ラーメン / 美栄橋駅県庁前駅牧志駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/291-2238d3cb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。