麦麦 泡瀬店 「こってりとんこつらーめん」

沖縄 ラーメン こってりとんこつ 麦麦1

沖縄市泡瀬の「麦麦(ばくばくと読みます)」へ行って来ました。
豊見城市の「麦翔」は何度か当ブログでも取り上げていますが、「麦麦」を紹介するのは初めてになりますね。「麦麦」は那覇市久茂地に本店(?)があり、こちら泡瀬店は2号店で、豊見城市の「麦翔」は姉妹店になるようです。那覇市の方はかなり以前に訪れた覚えがあるのですが、期間が経ち過ぎて記憶がほとんど残っていません。泡瀬店自体も初めてですので、どうしても「麦翔」との比較が多い記事に今回はなると思いますが、その辺りはご了承ください。お店には、開店直後の午前11時半頃に入店となりました。

沖縄 ラーメン こってりとんこつ 麦麦2

「麦麦」のメニューです。
“定番らーめん”の基本構成は「麦翔」と同じようですが、“限定らーめん”と書かれている項では麺種が増されているようです。「酸辣湯麺(730円)」が用意されているのは珍しいですね。裏面には麦翔でもお馴染みのお得なセットメニューや、丼ものなども記載されていました。また、ランチタイム(11:30~15:00)サービスも充実しています。半ライス、煮玉子、または麺増量の三種類(それぞれ正規メニューでは80円)から選べる無料サービスが実施されていました。今回は、冒頭に記された「こってりとんこつラーメン(670円)」を頂こうと考え、そちらを選択したセットメニューの「鶏からあげセット(780円)」を注文しました。単品ラーメンとの差額的に、セットもの自体がサービスメニューだと思うのですが、こちらにもランチタイムサービスは適用されるようです。ライスはセットに付いていますので、華やかさを優先して“煮玉子”をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン こってりとんこつ 麦麦3

程なくして運ばれた「鶏からあげセット(こってりとんこつラーメン)」です。
サービスでしたので、言ってしまうのは贅沢かもしれませんが、個人的には煮玉子は切られていた方が見た目的に華やかさがあって良いですね。場合によっては、半熟ではスープに溶けてしまうのを避ける意味もあるのかもしれませんが……(噛んでしまえばそれも一緒かな?(^_^;))。セットの“からあげ”ですが、カリカリに揚げられたタイプのものでした。ご飯のおかずとしては、「麦翔」のジューシーなタイプが合いますね。こちらはビールに合うタイプ?(笑) あちらではちょっとしたサラダも添えられていましたね。ご飯の上に載せている赤色のペースト状のものは、卓上にあった「唐辛子みそ」です。こういった“辛ダレ”は好きな人には欠かせないものなのでしょうね。

沖縄 ラーメン こってりとんこつ 麦麦4

「こってりとんこつラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。いわゆる“博多系ラーメン”の麺よりかは、若干径があります。後半にはちょっとのびを感じましたが、程よい茹であがり方でした。今回は「大盛り」を頼んだ訳ではないのですが、全体としてのボリューム感は結構あったように感じました。標準で入っている具材は、チャーシュー、キクラゲ、ネギ、海苔となっています。スープは“こってり”という事でお願いしたのですが、ベースは比較的あっさりしているようで、醤油の塩辛さが先に立って感じました。もうひとつイメージとしてある“とんこつのこってり”とは離れていたのですが、「麦麦」はこのような味わいなのでしょうか? 先客より早く運ばれて来たのがちょっと気になっています(^_^;) 次回来店する機会があれば、“あっさり”も試してみたいですね。

沖縄市の店舗ということで、個人的にはすこし立ち寄りにくくはありますね。那覇市の方に本店がありますので、次回訪れるとしたらそちらの方が先になりそうです。その場合には“こってり”の方を選んで食べ比べをしてみようかな? しかしブログ記事は順不同で掲載しているのですが、ここしばらく「とんこつ」が続いていました。そろそろ暑い季節になって来ましたが、匂いが身体に染み付いたりしないですよね?(^_^;)

沖縄 ラーメン こってりとんこつ 麦麦5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市泡瀬3-6-15
電話:098-934-3883
営業時間:11:30-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/290-5706eb22