スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪王将 つかざんシティ店 「大阪チャンポン麺」

沖縄 ラーメン チャンポン 王将1

南風原町津嘉山の「大阪王将 つかざんシティ店」へ行って来ました。
当ブログでつかざんシティ店を取り上げるのは二度目になりますね(「大阪王将」自体は三度目です)。大阪王将は、沖縄県内においてはサンエーの大型店舗のフードテナントに入っているのですが、個人的にはこちら「つかざんシティ店」が立地的に行きやすい店舗となっています。今回、寄るきっかけになったのは実はラーメンではなく、「天津飯」を頂きたいという思いが先に立ってのことでした(テレビで見かけてしまって……(^_^;))。

沖縄 ラーメン チャンポン 王将2

「大阪王将」のセットメニューです。
前回記事では“麺類・スープの項”の部分を掲載しましたが、ご覧のとおりセットメニューの組み合わせも非常に充実しています。ですが、その組み合わせの中で“ラーメン”の部分が共通で「もやしラーメン」となっているのですよね……。これは恐らくですが、大阪王将で最初に取り上げた「あっさり醤油ラーメン(490円)」の、更に廉価版の仕様ではないかと思われます。当初の目的が天津飯だったとはいえ、どうもつまんないということで、今回は「大阪チャンポン麺(690円)」を注文することにしました。もちろん予定どおり単品での「天津飯(590円)」もお願いです。

定食類は置いといても、「大阪王将」は全般的に安価なイメージがあったのですが、今回の注文品を見る限りではそうでもないですね。お店の代名詞でもある「元祖焼餃子(210円)」などは充分以上に割安だとは思うのですが、その他のメニューについては、安価なものとそうでないものとに区分けをしているようです。お店の方針としては提供する商品の幅も広がるでしょうし、個人的にもそれで良いと思います。ただ、内地との価格比較としてはどうなのでしょうね? 前回記事でも書きましたが、何故かネットで「“大阪王将”“メニュー”」を検索すると、沖縄サンエーHP内の“王将ページ”へ跳ぶのです(^_^;) 王将企業ページと共に、それぞれ価格情報は掲載されていませんし、立地によって価格調整がされているのかもしれませんね。

沖縄 ラーメン チャンポン 王将3

程なくして運ばれた「大阪チャンポン麺」です。
卓上に置かれた時に、“塩”というか“潮”の良い香りがしました。具材にも海老やイカが見えますし、ちょっとした“海鮮チャンポン麺”といった趣きですね。といいますか、「大阪チャンポン麺」にある“大阪”はどこから来たのでしょう?(^_^;) 単品で頼んだ「天津飯」ですが、こちらには塩味がする玉子スープが一緒に付いてきました。

沖縄 ラーメン チャンポン 王将4

「大阪チャンポン麺」の麺ですが、中細のストレートのもの。スープにあんがかかっている状態ですので、非常によく麺に絡みます。茹であがりもあんにあった程よい柔らかさでした。といいますか、このあんが熱いです。めちゃめちゃ熱くて、猫舌の人にはすぐに食べるのは無理ですね(^_^;)(どうでもいいことですが、自画像(?)は猫ですが、自分は猫舌ではありません(笑)) しかしこれがまた旨かった! 熱々過ぎるスープに、苦戦しながら麺を啜るというのも、また食べる楽しさがありますね。意外と言っては失礼ですが、塩味のスープには海鮮の出汁がしっかり溶け込み、単体でもなかなか美味しいものでした。

沖縄 ラーメン チャンポン 王将5

単品で頼んだ「天津飯」です。
天津飯はご存じのとおり、具材の入った玉子にあんがかかったものです。しかしこのあんがほぼ半固形といった仕上がり具合でした。本格的な中華料理専門店で同料理を頼んだことはないのですが(元々日本生まれの料理らしいのです)、街の中華屋さんではまま見る仕様のものですね。これはこれで味があるのですが、ペース配分に注意しないと、外側のあんを先に食べきってしまい、後半のご飯部分が味気ないものになってしまいます。今回は幸いなことに序盤でペース配分を意識し、事なきを得ました(^_^;)

あま二度続けて訪れた「大阪王将 つかざんシティ店」ですが、全般的に好印象を受けました。元々、チェーン店自体に好意的な捉え方をしているのですが、そういった目でみても面白いお店だと感じます。沖縄に全国チェーン店が進出してきたのは、つい最近だという側面が大きいというのはもちろん了承をしてはいるのですが……。(変な方向にマニアックなのか、チェーン店の商品開発の背景などに興味を示してしまいます(^_^;) 本来ラーメンは大衆的な料理だと思うのですが、自由度もまた高いため、全国販売を見据えた開発陣がどのような考えでそういった形に至ったのか、などを想像してみると楽しいものだったりします(笑))

次回「大阪王将」に寄るとしたら、どちらの店舗になるか判りませんが、他のラーメンやあるいはお店ごとの食べ比べを意識して注文してみたいと思います。意外にも、次の機会は本場の大阪のお店だったりして(笑)

沖縄 ラーメン チャンポン 王将6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南風原町字津嘉山1471-2
電話:098-882-6001
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
駐車場:有り

大阪王将 つかざんシティ店餃子 / 安里駅牧志駅首里駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/278-63033488










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。