スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

陳麻家 「担々麺(3)」

沖縄 ラーメン 坦々麺 陳麻家1

那覇市泉崎の「陳麻家」へ行って来ました。
こちらは平日は午前11時から午後3時までの営業のうえに、日曜日はお休みということで、なかなか訪れることが難しいお店です。初めて来店した時には「坦々麺」を頂いて、濃厚な練り胡麻の風味にかなりの好印象を抱きました。その後セットメニューや別の麺品目に少し不完全燃焼気味だったのですが(セットはハーフサイズでしか対応してなかったため)、改めてこちらの「坦々麺」を味わうために、機会を作っての来店となりました。お店には開店時間に合わせての入店です。

沖縄 ラーメン 坦々麺 陳麻家2

「陳麻家」の(セット)メニューです。
今回は当初から「坦々麺(680円)」が目的ではあったのですが、単品ではやはり物足りないと考え、「担々麺セット(880円)」を注文することにしました。こちらのセットは「大盛り(100円)」の追加注文も可能となっているため、お願いすることにしました。以前に頂いた「ミルフィーユとんかつセット(700円)」は、担々麺はハーフサイズのみでしか提供されてなかったのですね。今回改めてメニューを見ますと、単品にて「ミルフィーユとんかつ(290円)」が用意されていますので、組み合わせて注文することは可能なようです。「坦々麺」の辛さは、前回はそれほどでもなかったと感じていたので、辛さを増す「1辛(20円)」も併せて注文してみました。実はこれがちょっとした失敗でもあったのですが……(^_^;)

沖縄 ラーメン 坦々麺 陳麻家3

程なくして運ばれた「坦々麺」です。
見た目、スープ表面に明らかにラー油がたっぷりと足されています。具材はほうれん草と挽き肉にという、至ってシンプルなもの。ほうれん草は少しばかり茹ですぎだったかも。運ばれたトレイにはレンゲとは別に、「陳麻飯」用のスプーンも用意されていますね。小皿に載せられた漬け物は、辛い料理の付け合わせといった位置付けなのか、甘めのものでした。

沖縄 ラーメン 坦々麺 陳麻家4

「担々麺」の麺ですが、細めのストレートのもの。粘度のあるスープが影響をしている部分も大きいと思うのですが、麺自体にさほど水分を感じず、なかなか独特な食感の麺だと思います。個人的にストレートの細麺は、あまり噛まずに飲み込むように食べる癖があるのですが(美味しい麺だと尚更です)、これはしっかり噛まないと喉を通りませんね(^_^;) ですが、練り胡麻で粘度が付いたスープに絡んだこの麺は、“食べる”感覚があって美味しいものだと思います。大盛りにしたこともあって、随分と分量もありましたので、この点についても満足でした(笑) しかしスープ量とはアンバランスな気もします。

そのスープなのですが、「1辛」の増しなのですが、これが辛い辛い(^_^;) ラー油が浮いているのは先述の通りなのですが、花椒の刺激からなのか、舌に辛味を感じるより先に喉が反応してしまい、咳き込んでしまいました。これがなかなか止まらず、食べ進めにくかったです。辛さから来るきつさというより、どうも個人的に香辛料と相性が良くないのかも(^_^;) 自分としてはノーマルの設定で充分ですね。おそらく「3辛」だと、とんでもないことになりそうです。

基本的に、練り胡麻風味(芝麻醤?)の担々麺は旨いと感じていますので、辛さとの折り合いを自分は付けないといけませんね。決して辛さ自体は嫌いではないのですが、耐性が強い訳ではないようです。次回はやはり担々麺の注文だとして、サイドメニューをどうするかですね(笑)

沖縄 ラーメン 坦々麺 陳麻家5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市泉崎1-8-21 サンハイツ喜納103
電話:098-863-0914
営業時間:11:00 - 15:00
定休日:日曜日・祝日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/253-1932bb50










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。