スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上海ヌードル&カフェ 珊 「辣香担々麺」

沖縄 ラーメン 担々麺 珊1

那覇市赤嶺の「上海ヌードル&カフェ 珊」へ行って来ました。
店名にもあるとおり、こちらはカフェ風な内装がされており、いつも女性客で賑わっているお洒落な雰囲気のお店となっていますね。扱っている品目もラーメンだけではなく、中華料理全般を提供されています。前回訪れた時は「紅焼叉焼麺(ホンソウチャーシューメン)」を注文したのですが、今回は麺類の中でメイン品目らしい、坦々麺を頂こうと考えての来店となりました。

沖縄 ラーメン 担々麺 珊2

「珊」のメニューです。
今回はラーメンメニュー以外にも中華の単品料理も試してみたいと思い、その中から、「イカとセロリの塩味レモン炒め(880円)」をお願いすることにしました。もちろん、「白いご飯(100円)」も併せて注文です。坦々麺については、こちらでは三品目が用意されています。掲載順に、「芝麻担々麺(800円)」「辣香担々麺(800円)」「大陸風担々麺(800円)」となっているのですが、今回は一番辛味の強いらしい「辣香担々麺(800円)」を頂くことにしました。メニューには『ものすごく辛くて赤い本場四川担々麺』と書かれていますね。

沖縄 ラーメン 担々麺 珊3

程なくして運ばれた「辣香担々麺(ラーシャンタンタンメン)」です。
具材には挽き肉に細かいブロック状の叉焼、青梗菜、クコの実、ネギなどが入っていますね。ラー油から来るものなのかとにかく見た目がギラギラと赤く、いかにも辛そうです(^_^;) スープ表面には胡麻も浮いていますね。木製のトレイがお店の雰囲気に合っていて、上品な感じです。

沖縄 ラーメン 担々麺 珊4

「辣香担々麺」の麺ですが、細めのストレートのもの。濃厚な色合いのスープにすっかりと染まっています。担々麺系は、個人的にはこの細めのストレートが王道なイメージがありますね。麺を啜り、レンゲでスープを掬って飲んでみましたが、想像していたより辛くない……と感じたのは最初の方だけで、後から汗がどんどん噴き出して来ました(^_^;) 奥深い旨辛さがあるスープだとは思うのですが、最初飲んだ時は辛さより先に、塩辛さを強く感じました。醤油から来るものなのかな? 確かにインパクトのある作りの担々麺でした。

沖縄 ラーメン 担々麺 珊5

「イカとセロリの塩味レモン炒め」です。
ひと目見てすぐに感じたのが「量が少なめかな?」でした(^_^;) 中華の単品料理は、多人数で複数品注文してシェアすることが前提な部分もあると思うのですが、これは一人分とみても少し物足りないような気がします。料理自体は、セロリとイカのそれぞれくっきりとした食感が、レモンの酸味と塩気にマッチして美味しいものでしたが、やはり塩分濃度は高めでした(^_^;)

今回頼んだ単品料理については元々そういうメニューだったとは思うのですが、ラーメンメニューについては今回の「辣香担々麺」はもちろん、前回の「紅焼叉焼麺」もかなり塩気が強い味付けでした。女性客に支持されているのは確かなようなのですが、全般的にこのような傾向であれば少し不思議な気もします。まだ二回来店分の注文しかしていませんので、次回の機会があれば、また違う方向性の品目も頼んでみたいと思いました。

沖縄 ラーメン 担々麺 珊6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市赤嶺2-11-20
電話:098-859-3331
営業時間:11:00-15:00 17:00-22:00
定休日:水曜日

中華麺(その他) / 赤嶺駅小禄駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/251-4d42ea5d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。