上原家 「豪麺」

豪麺1

上原家は県内のラーメン業界が活性化(新店ラッシュは3~4年前くらいかな?)する前、記憶では5~6年程前にオープンしたお店。当時、隠れラーメンファンだった自分は結構通った覚えがあるのですが、方向性を見誤った(^_^;)過剰な接客や、前述の活性化による選択肢が増えたこともあって、長い間疎遠になっていました。先日、ふと思い出して久しぶりに今のお店の状況を見てこようと寄ってみたのでした。

ちなみに「過剰な接客」というのは、凄まじい大音量で店員が来店の挨拶や注文の復唱をするというものでした。お店にいる間中、大音声が鳴り響くので、落ち着いて食べられないという。店員は主にバイトの高校生のようでしたが、にこにこテンションが落ちることなく、凄い教育が徹底しているなと感心したものです。でもやっぱり力を入れる方向が違っていた気がします(^_^;)

上原家メニュー

来店したのは土曜日のちょうどお昼時分。店舗は表通りからかなり奥まったところにあり、たまたま通りすがりで寄るお客さんは殆どいないと思います。しかしながら家族連れなどで賑わっており、カウンターに若干の空きがあるものの待ち客までいて、根強い固定ファンがいるようです。メニューを見てみると以前と基本構成はさほど変わらないものの、バリエーションが増えている様子。迷ったところで入り口でアピールされていた新メニューを頼むことにしました。

豪麺2

「豪麺(790円)」は冒頭の画像のとおり、ネーミングと共にかなりの迫力。このままでは丼に野菜炒めが盛られているようにしか見えないので、麺を掘り出してみます(笑)

麺は太めのちぢれ麺で、ぷりっとかなり弾力があります。表面はツルッとしていて喉ごし固めの食感は、他では味わった覚えがない新鮮味がありますね。スープは見た目も濃い醤油味。若干甘めかな。上に載っているキャベツやもやしはしゃっきりと歯応え良く炒められていて、まさに野菜炒め。画像には写ってませんが、毎度のとおり「ごはん(120円)」を注文しました(笑)

なかなか無くならない野菜と濃口の醤油味、そして歯応えのある麺は、食べ進む内にちょっと飽きが来てしまいました。炒め野菜も上部にはタレが掛かっていたようですが、野菜そのものには味付けが殆どされていないようで、少し食べあぐねてしまいます。もうちょっと味の変化があれば美味しく頂けるかなと思いましたが、この豪快さがあってこその「豪麺」なのでしょう。思い切った作りには好感が持てます。

そうそう、自分が寄った時は店員さんは全員女性で、落ち着いた接客でした。また近いうちに寄ろうと考えましたが、帰りに豪麺の100円割引券を頂き、注文するメニューの順番を間違えちゃったと思いました(^_^;)

上原家店舗

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市与根496-4
電話: 098-856-4508 
営業時間:11:00 - 21:00
定休日:年中無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/25-4b5d3314