麺や偶 「魚介豚骨らーめん」

沖縄 ラーメン 魚介豚骨 偶1

浦添市宮城の「麺や偶」へ行って来ました。
こちらは「麺ふぇすた」の参加店になりますね。実はスタンプラリーの一周目が終わった後、二周目については迷ったままだったのですが、「偶」にてしばらく前より新しいラーメンを提供し始めていると聞き、寄ってみることにしました。濃厚系ということで、単純にがっつりと試してみたかったのです。今回のように新作があれば新たに来店の興味も湧くのですが、現時点でもまだ二周目を廻るか迷っています(^_^;) 最終日は5月8日となっていますが、GW前には決めておいた方がいいですね。お店には午後5時半ごろ到着しました。こちらは中休みがないので、微妙な時間帯での来店になっても、タイミングを迷うことがなくて助かります。

沖縄 ラーメン 魚介豚骨 偶2

カウンター際に貼られた「新作麺」の品書きです。
「魚介豚骨」ということで、“つけ麺”と“ラーメン”の二種類が用意されていますね。品書き上部には『麺やguu 夜間飛行』と書かれているのですが、「偶」では以前、深夜の営業時間帯に同名称に店名を替えて、通常とは異なるタイプのラーメンを提供していました。いわゆる“二毛作”と呼ばれる営業形態ですね。沖縄県内のラーメン店でこういった業態を本格展開したのは、「偶」が初めてではないかと思われます。その後、那覇市内に「麺や偶 もとなり」をオープンすることになり、従業員の異動などがあって惜しまれつつも「偶」での営業は終了したのでした。個人的に当時の『夜間飛行』は未食だったのですが、今回のものとはまた異なるラーメンを提供していたようです。注文は「魚介豚骨らーめん(700円)」を「大盛り(100円)」で、それに「ご飯(120円)」を追加でお願いしました。なお「新作麺」は、全営業時間を通して提供されているようです。

沖縄 ラーメン 魚介豚骨 偶3

程なくして運ばれた「魚介豚骨らーめん」です。
ひと目見て、“雰囲気のあるラーメン”だと感じました。器が「偶」らしく、拘りを感じるものというのも良かったのですが、麺の上に載っている具材が、元々提供していた「偶ラーメン」のイメージを残しているのが良いですね。大きめの炙りチャーシューを土台にして、糸唐辛子、青梗菜、玉葱の粗みじんが載せられています。盛り付け方や、彩りのコントラストも器のなかで綺麗に映えていました。これは口にする前から、かなりの期待感を持ってしまいます。また卓上にはこれまでの調味料類とは別に、「魚介ふりかけ」の容器が増えて用意されるようになっていましたね。

沖縄 ラーメン 魚介豚骨 偶4

「魚介豚骨らーめん」の麺ですが、中太のちぢれたもの。表面が滑らかでぷりっとコシもあり、これも好きなタイプの麺です。スープはかなり濃厚な豚骨をベースに魚介の風味が強く、麺にも良く絡みます。卓上に置いてある「魚介ふりかけ」の必要はないかな、と思ったのですが、試しにレンゲへいったん落としてスープと共に飲んでみますと、また鮮烈な香りが加わって美味しく頂くことが出来ました。魚介ふりかけの中には胡麻などが混ぜられており、その分の香りも足されているようですね。スープが濃い目なので、大きめに刻まれた粗みじんの玉葱が、とても良いバランスだと感じました(醤油ベースの「偶ラーメン」ではもう少し細かく刻まれていたかも)。

沖縄 ラーメン 魚介豚骨 偶5

具材のチャーシューを「ご飯」の上に載せてみました。
ラーメン丼に載っている状態では判りにくいと思いますが、このチャーシューが半端なく厚かったです。なんでしょう、チャーシューというより、ハムの厚切り?(^_^;) こういった思い切った作りというのは、お店の個性が感じられて、個人的に好感度が高かったりします。画像を撮ったあと、やはり小さな器の上では食べにくかったので、ラーメン丼の方に戻しました(笑)

今回の「魚介豚骨らーめん」は良かったですね。「偶」ではこれまで、レギュラーでは一種類のラーメンしか扱っていなかったのですが、麺種が増えたことにより、味の好みの違う人同士でも連れあって来やすいお店になったかもしれません。しかしこうなって来ますと、「魚介豚骨つけめん」が非常に気になって来ました。少しばかり迷ったのですが、このまま続けて“つけ麺”も注文してみることにしました。ということで、次回記事へと続きます(^_^;)

沖縄 ラーメン 魚介豚骨 偶6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市宮城4-12-6
電話:098-876-7012
営業時間:11:00-22:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/245-83ac9c44