金門飯店 「五目ラーメン」

沖縄 ラーメン 五目 金門飯店1

南風原町の「金門飯店」へ行って来ました。
実は当初からこのお店が目的だった訳ではなく、那覇市で用事を済ませた後、糸満市のお店へ向かおうとした途中で、たまたま見かけて入った店舗だったりします。田舎道(失礼(^_^;))で目に入ったのも何かの縁だろうと感じたのですが、既にお腹が減っていて、糸満市まで行くのを諦めたのも理由だったかもしれません(笑) お店には休日の午後1時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 五目 金門飯店2

「金門飯店」のメニューです。
ご覧の通り麺類も扱っていますが、こちらのお店は中華料理店となっています(“純中華料理”とお店の説明ではなされています)。しばらく前に訪れた那覇市の「萬珍園」でもそうだったのですが、まだお昼時なのにお客さんは自分以外にいませんでした。やはり中華料理店はディナータイムがメインなのでしょうね。ただ「萬珍園」と異なっていたのは、「金門飯店」ではランチタイムメニューが用意されていたことです。開店から午後2時まで提供されているという、本日の二種のランチから「豚肉野菜丼(700円)」をお願いすることにしました。もちろん、麺類の項からも忘れずに「五目ラーメン(800円)」を注文しています。初めは炒飯も考えたのですが、せっかくの機会ですのでランチメニューを頼んでしまいました(^_^;)

沖縄 ラーメン 五目 金門飯店3

すぐに運ばれた「五目ラーメン」です。
こちらの“五目”も具材はたっぷりです。豚肉、海老、筍、木耳、人参、ふくろ茸、青梗菜、キャベツ、うずらの卵などが入っていました。実に豊富にある具材の種類のなかでは、とろみがかかった揚げ物と、いんげんが珍しかったかな?(揚げ物の正体が謎でした(^_^;) 淡い味わいでしたから白身魚辺りかも) お店自体が古くからあると思うのですが、年期が入ったラーメン丼にも、渋い味わいみたいなものを感じましたね(笑)

沖縄 ラーメン 五目 金門飯店4

「五目ラーメン」の麺は、中細のストレートのもの。角があるタイプのもので、口中に入れた時の歯ごたえがしっかりと感じられました。醤油ベースのスープはとろみが強いものではなく、ですが旨味ははっきりとしており、麺にもしっかりと絡んでいます。具材からの旨味も溶け込んでいると思いますが、スープ単体でも美味しく飲めるのは良いですね。様々な具材とスープを一緒にレンゲに掬い、口へと運ぶのはこれまた幸せを感じます(笑)

沖縄 ラーメン 五目 金門飯店5

程なくして運ばれた「豚肉野菜丼」です。
お客さんが他に居なかったとはいえ、ラーメンの提供がかなり早く、ランチメニューであるこちらの「豚肉野菜丼」もほとんど待たずに出されました。豚肉野菜丼の構成は五目ラーメンとの共通部分も多いですね。中華ではお馴染みの具材群です。他には玉子スープにサラダ、小鉢が三品付いていました。ボリューム感もあって美味しかったです。お店の方からは「持ち帰り用の詰め箱もありますよ」と心配をされましたが、これくらいまででしたら完食はなんとか大丈夫です(^_^;) ちなみに、この日のもう一品のランチメニューは「いかちりレタス炒め」となっていました。

中華料理店ということもあって、他の単品メニューはやはり少し高めでしたね。ですがお店の佇まいから、地元の方に愛されているのだろうなと、勝手ながら想像してしまいました。こういったお店は夜の部に訪れて、お酒も飲みつつ多人数で色々な品目を試してみたいですね(笑)

沖縄 ラーメン 五目 金門飯店6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南風原町字照屋前原277-1
電話:098-889-8625
営業時間:11:00 - 23:00
定休日:無休
駐車場:有り

金門飯店中華料理 / 首里駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/233-527b4811