沖縄三越 ファミリーレストラン 「おきなわ黒ラーメン」

沖縄 ラーメン 黒 三越1

那覇市牧志、沖縄三越の7階にある「ファミリーレストラン」へ行って来ました。
たまたま三越のレストランで変わったラーメンを提供していると聞き、寄ってみることにしたのです。訪れたのは休日のちょうどお昼時分だったのですが、店内はお客さんの年齢層がずいぶんと高かったような気がします。考えてみれば自分もデパートに入ったのはかなり久しぶりでしたね。ネットを含め、社会全体の販路形態も変わってきていますし、少しばかり寂しい雰囲気を感じてしまいました。いや、またレストランのスペースがかなり広かったのですよ(140席あるのだそう)。

さてお目当てのラーメンなのですが、「おきなわ黒ラーメン」として、ちょうど一ヶ月前の先月7日より、今回訪れた「ファミリーレストラン」にて提供を始めたのだそうです。なんでも昭和40年頃に那覇市内を中心として、「沖縄ラーメン」と呼ばれるものが存在していたらしく、特徴的なのが黒っぽい麺だったのだそう。その麺を「サン食品」が現代に復刻させ、またスープを含めて当時の仕様のラーメンを再現して提供する事になったのだそうです。過去にそういった歴史があったことも初耳だったのですが、沖縄そばの販売を中心とした県内メーカーが、そういった商品開発をしたこと自体、どこか感慨深いものがありますね。いつもとはまた異なる期待感を持って入店しました。

沖縄 ラーメン 黒 三越2

「おきなわ黒ラーメン」の特別メニューです。
基本はレストランですので、冊子になった別のメニューも用意されているのですが、今回は目的のこちらを撮影です。お店の入り口側にも当ラーメンのポップを用意していて、販売に力を入れていることが伺われます。単品では750円とありますが、今回はごはんと五目野菜炒め(?)がセットになった「セットメニュー(1000円)」を注文することにしました。セットの正式名称などは書いていませんね(^_^;)

沖縄 ラーメン 黒 三越3

程なくして運ばれた「おきなわ黒ラーメン」です。
ぱっと見ての印象が、結構なボリューム感を覚えたこと。ラーメン丼の器が深めで、また具などもたっぷりと入っているようでした。具材の内容としては厚めのチャーシューが二枚、白ネギ、もやし、海苔となっています。また麺そのものの分量がかなりたっぷりと入っていました。単品750円という設定は、割高には感じませんでしたね。セットの五目野菜炒めですが、小皿ながらラーメンとの分量バランスは良かったと思います。とろみが掛かっていて、美味しかったですよ。

沖縄 ラーメン 黒 三越4

「おきなわ黒ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。中国の柳麺の流れを受けた作りなのだそうです。麺の色合いは名称ほど黒っぽくはないのですが、この色味はミネラル分を含んだ小麦の外皮の部分を使用しているため、付いたものらしいです。外皮だけではなく、全てを挽いたいわゆる「全粒粉の麺」など、最近でこそ意図的に使用しているラーメン店も出て来ているようですが、当時は精製の精度の都合などでそのような作りになったのかもしれません。

スープはごくあっさりとした塩味のものです。島マース(塩)をベースに、鶏ガラはもちろん豚骨も使用しているらしいのですが、すっきりとした味わいで、この特徴的な細麺に良く合っていたと思います。具材はシンプルですが、麺と共に分量そのものはありましたので、満足感は結構ありました。特に青梗菜がたっぷり入っていたのは嬉しかったです。後半、麺が若干のび気味になってしまうのは致し方ないところでしょう。

開発したサン食品では、今後、業務店からの販売も予定しているとプレスリリース(?)にあるようですが、どのような形になるのかは不明です。麺そのものや、またはスープを含めたパッケージ商品として、スーパーなどの販売コーナーに置く形になるのでしょうか? どちらにしても、県内の沖縄そば販売を主力としたメーカーが、このような商品開発を行ったことには、とても意義深いものを感じます。この先の展開にも注目したいですね。

沖縄 ラーメン 黒 三越5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-2-30(沖縄三越7F)
電話:098-869-4142
営業時間:10:00-19:30
定休日:無休
駐車場:無し(周辺に優待駐車場有り)

ファミリーレストランレストラン(その他) / 牧志駅美栄橋駅安里駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/230-50d41a48