昇家 「魚介どつけめん」

昇家 魚介どつけめん1

浦添市仲間の「昇家」へ行って来ました。
前回訪れた時は「昇家」の主力メニューである「とんこつ醤油派」を頂きました。実は個人的にずっと「武蔵家OBのお店」という視点で見ていたところがあって、“ライトな武蔵家(とんこつ醤油)”という、思えばちょっと失礼(?)なイメージを持っていたのでした。ですが、いまや言うまでもなく、美味しい「豚骨醤油ラーメン」を提供しているお店ですよね。少し上品過ぎる気もしていたのですが、いまの沖縄のラーメン業界的に、広く受け入れられる作りだと思います。今回は同じく主力メニューの「とんこつ魚介」に目が向きましたが、少し趣向を変えて「つけ麺」を頂くことにしました。

昇家 魚介どつけめん2

「昇家」のメニューの裏側です。
表側には麺類やセットメニューなどが記載されているのですが、そちら側は前回掲載しましたので、今回はトッピングやサイドメニュー等が書かれている裏側を載せてみました。麺類の注文は先述したように「魚介どつけめん(大盛)(800円)」をお願いし、トッピングとして「とろ~り味玉(50円)」と「ほうれん草増し(50円)」を追加で注文しました。ここら辺りの安価なトッピングの設定が、武蔵家(というか家系?)の名残があるような気がしますね。

昇家 魚介どつけめん3

程なくして運ばれた「魚介どつけめん」です。
本来ならばつけ汁の器も一緒に写すのですが、最近ボケが激しくて再度つけ麺のアップ画像を撮っていました。他の器との大きさ比較になっていませんが、麺の量は大盛りの注文といはいえ、かなりのボリューム感がありました。実は「大盛」から更に上に、「山盛(200円増し)」、「宇宙盛(300円増し)」と段階があり、こちらの二つについてはつけ汁のお代わりも可能になっているようです。宇宙盛は麺が500gもあるらしいですね。実際にそれだけの分量があると、つけ汁も足りなくなるでしょう(^_^;)

具材はチャーシュー、メンマ、なると、海苔、追加のトッピングでほうれん草と味玉を追加していますが、ほうれん草は当初設定でも入っているようです。安価ということもありますが、個人的には必須の追加トッピングだと思います。味玉は華やかさとボリューム感のアップ、ほうれん草については麺にほど良い食感が加わることによって、単調にならずに食べ進むことが出来ます。麺を大盛り以上にするなら尚更です(^_^;) もちろん、全体の美味しさもアップすることになりますね。

昇家 魚介どつけめん4

「魚介どつけめん」の麺ですが、中太の表面が滑らかなちぢれ麺で、ラーメンと同じもののようですね。冷水で締めているため、よりぷりっとした食感になっているようです。つけ汁の方ですが、こちらはラーメンの「とんこつ魚介」がベースになっているようですね。豚骨の脂分と塩気がかなり強めになっています。全体的に、正統な「昇家のつけ麺」といった印象でした。昇家のラーメンが好きな方には、すんなりと受け入れられる作りだと思います。

少し前に主力のラーメンである「とんこつ醤油派」を頂いたこともあって、今回はつけ麺にしましたが、しばらく前に限定で頂いた「昇の塩」がかなり美味しかった覚えがあるのですよね。現在は晴れてレギュラーメニュー入りをしているとのことで、次回はそちらを改めて食べてみたいです。

昇家 魚介どつけめん5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市仲間1-5-3
電話:098-878-1124
営業時間:11:00 - 23:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/208-4e6af147