スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

琉家 「琉黒こがしニンニクダシ」

琉黒こがしニンニクダシ1

那覇市松尾の「琉家」へ行って来ました。
「琉家」も「麺ふぇすた」の参加店になりますね。こちらはお店の初商いに訪れて以来の来店になります。その際は店主さんから熱烈歓迎(笑)を受けて、そう遠くない内に寄ろうと考えていたのですが、結局「麺ふぇすた」をきっかけとしての訪問になってしまいました(それもスタンプラリーの後半ですね(^_^;))。以前の記事でも書いた覚えがあるのですが、このお店は夜間の居酒屋タイム(?)に一時期通っていて、その際はお酒類が主で、ラーメンを殆ど食べていなかったという有様でありました(^_^;) 当時は「いいともセット(1000円)」という、おつまみにアルコール込みのお手軽なセットメニューによくお世話になっていました。

以前訪れた時は基本となるラーメン(「琉とんこつ(650円)」)を頂きましたので、今回はつけ麺の中から「琉黒こがしニンニクダシ(650円)」を注文することにし、追加で「大森(100円)」をお願いしました。ちなみに「大森」は「大盛り」の書き間違いではなく、壁際にある表記でそうなっています(「並」は「波」と書かれています)。

琉黒こがしニンニクダシ2

程なくして運ばれた「琉黒こがしニンニクダシ」です。
まず最初にびっくりしたのが、「大森」の分量がかなりあることです。初期設定の分量が多いのか、それとも大盛りは二玉分という設定になっているのか、とにかく想定していなかったので驚きました。ふつうのお店では大盛りは1.5倍で、半玉分の追加が通常設定となっているのですよね。これは店主のサービス精神が目一杯表に出ているのでしょう。(後ほど確認しましたら、「波」でも二玉分、「大森」ではなんと三玉分の麺を使用しているそうです(^_^;))

後方に見えるタッパーに入った具材は、出汁を取った昆布を千切りにし、辛味の味付けがされたものです。遠目からはキクラゲのようにも見えますね。試しで作ってみたサービス品のようなのですが、今回のつけ麺の追加トッピングとして、結果後半に大活躍したのでした(何せ麺の分量が多く、食べ進む内にどうしても単調になってしまったのです)。食材が無駄にならないという利点もありますが、簡単なお酒のおつまみとしてもいけそうです(笑)

琉黒こがしニンニクダシ3

「琉黒こがしニンニクダシ」の麺ですが、若干ちぢれが入った中太のもの。ラーメンと同じもののようですね。今回のつけ麺で何と言っても特徴的なのが、真黒なつけ汁です。一見、ラーメンでよく使用される「マー油」のように思えますが、これは『揚げニンニク&玉葱をペースト状にして、とんこつスープに加えた黒スープ』なのだそうです。実際に軽い苦みはあるのですが、玉葱から出ていると思われる野菜の旨みも感じられます。ニンニクを使用しているということで、食欲をそそられる香ばしさも感じられますね。ただし、先述した通り麺の分量の多さと、加えてつけ汁に(麺にも?)油分が結構含まれていたので、完食までに少し時間がかかりました。そうそう、つけ汁の中には具材として、細かいブロック状のチャーシューと、煮玉子が丸々一個入っていました。

琉黒こがしニンニクダシ4

食後に合わせてサービスで提供された「かき氷の黒糖添え」です(正式名称は不明ですが)。
「琉家」ではこういったサービスが度々されるようですね。店主のおもてなしの心配りを感じます。黒糖自体は結構甘みが重いものですが、氷が入っていることで、口中がさっぱりとした甘味に切り替わります。油分の多く含まれたラーメンの後にこういった気遣いをされると、本当に嬉しいものですよね。心地よい接客によるお店のファンが多いことも頷けます。
今回も気分良く、お店を後にすることが出来ました。

琉黒こがしニンニクダシ5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松尾1-6-8
電話:098-862-3480
営業時間:11:30 - 24:00
定休日:木曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/193-b5034e43










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。