スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

康竜 那覇松山店 「自分仕立てラーメン」

康竜 自分仕立てラーメン1

那覇市松山の「康竜」に行って来ました。
このお店への来訪は随分と久しぶりになります。以前は飲んだ後の帰りに良く寄っていた覚えがあるのですが、お酒を飲む方面が変わったり、あるいは飲酒を控える期間が出来てしまったりとすっかり疎遠になっていました。今回、立ち寄るきっかけになったのは、後述するキャンペーンが実施中というのと、改めてどのようなラーメンを提供していたか思い出す意味も含まれています(これまで、ほとんど記憶がおぼろげな状態での来店でしたので(^_^;))。繁華街にあるこちらのお店には、まだお客さんで混雑し始める前であろう午後10時前に入店しました。

康竜 自分仕立てラーメン2

卓上に置かれている「お客様お好み表」です。
入口に券売機でラーメン券を購入した後に、自分好みの味の仕様を丸で囲んで選び、注文が出来るというシステムです(真ん中のグレーの欄が標準仕様)。同様のシステムで提供をしている「一蘭」では、店舗内で“元祖”の掲示がされていましたね。また「自分仕立てラーメン」では8つのトッピングから、4つを好きに選択することが出来ます。プラスαのサービスのように感じて、お客さんにお得感を与えてくれますよね。注文したのは画像のとおりですが、久しぶりということもあって、確認の意味でも「味の濃さ」などは「普通」にしておけば良かったとちょっと後悔しました。

康竜 自分仕立てラーメン3

同様に卓上に置かれていた「エントリーシート」です。
なんでも開業10周年を記念しての「永久ラーメン無料カードプレゼント」ということで、当選者には文字通りカードによるフリーパスで、期間制限無しのラーメン無料サービスがあるようですね。なんとも太っ腹なキャンペーン企画です。聞くところによると、沖縄県内でも当選者が何名かいらっしゃるようですね。自分が当選したら、最低でも週に一回は通ってしまいそうです(笑)

康竜 自分仕立てラーメン4

程なくして運ばれた「自分仕立てラーメン(750円)」です。
具材としては、選んだトッピングが、きくらげ・特製メンマ・味付半熟玉子・豚の角煮、当初からのものが、チャーシュー・博多ネギ・旨味辛だれとなっています。ノーマルの「ラーメン」が650円となっていますので、この価格差なら断然「自分仕立て」の方が良いと思います。

書き忘れていましたが、「めし・餃子セット(150円)」を追加で注文しています。餃子3個にごはん付きでこの値段ですと、かなり割安ですね。何より嬉しいのはごはんに漬け物が付いているところです。こってり濃い味のラーメンを頂くなか、これは個人的にかなりポイントが高いです(笑) しかしサービス品という設定なのでしょうが、単品の「餃子(300円)」が割高に感じてしまいますね(今回は遠慮しましたが、単品を頼む位なら自分は「セット×2品」を注文します(^_^;))。

康竜 自分仕立てラーメン5

「康竜」の麺ですが、選択できる麺から、今回は細麺(ストレート)を選んでいます。「硬」めということもあって、なかなか悪くない食感です。何より良かったのがスープでした。今回は「濃味」に選んでしまったということもあって、醤油の色合いが濃く出ていますが、しっかりとした豚骨スープで美味しかったです。豊富な具材と相まって、麺とスープ、そしてご飯まで、しっかりと旨みを感じて味わうことが出来ました。「旨味辛だれ」も辛すぎず、程よいアクセントになっていたと思います。それと標準具のチャーシューは結構大きめですが、その上で選べるトッピングに「豚の角煮」があるのですよね。値段が若干高めということも差し引いても、サービス精神が感じられます。

しかしここまで良心的ながら、替え玉が200円と高めな設定なのは何故なのでしょう? お店側の何らかの経営上の考えでもあるのでしょうか。サイドメニューを頼む人には替え玉は不要かもしれませんが、ラーメンのみ注文の方には不評かも……。こちらはちょっと不思議でした。

実は「康竜」がしばらく疎遠になっていたのは、麺がある日を境に(?)どうも口に合わなくなったような記憶があるのですよね。それは「太麺」を選択した結果だったのか、いまとなっては非常に気になります(まあ酔った末の思い違いの可能性が大です(^_^;))。今回はたっぷりと満足感を頂きましたので、忘れないうちにまた寄ろうと思います。

康竜 自分仕立てラーメン6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松山1-8-6
電話: 098-860-7737
営業時間:11:00 - 翌6:00 (金・土・祝日前は翌7:00)
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/191-6920651c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。