一風堂 総本店 「赤丸新味」

一風堂 赤丸新味1

予定より長くなりましたが、今回で番外編的な「博多ラーメン紀行」は終了です。
次回記事より通常の「沖縄のラーメン店~」に戻りますが、今回の博多(ラーメン)旅行は本当に良い体験でした。本来、多様性のある「ラーメン」という食べ物ですが、福岡では「細麺」や「豚骨スープ」、または「安価設定(?)」などという縛りがあるにも関わらず、わずか数店を訪れただけでも個性的なお店が多くあることが伺えました。福岡のラーメン本を眺めますと、多くの名称はただの「ラーメン」なんですよね。本当に県民食みたいなものなのだろうと実感しました。きっと沖縄でいう、「沖縄そば」のような位置づけなのでしょうね。

さて、博多にて最後に訪れたお店は「一風堂」です。
初日に「一蘭」へ訪れたのですが、双方とも全国チェーン展開をしていて、並び称されることも多いお店です。どちらが「博多ラーメンとして旨い?」などと語られることもあるようですね(地元視点ではなく、あくまでも他地域からの視点(好み)なのでしょうが)。実際に、自分もかなり以前に東京の店舗で「一風堂」のラーメンを食した覚えがあるのですが、かなり記憶も薄れてますし、今回は期せずして(計画的に?笑)、食べ比べることとなりました。ちなみにこちら中央区大名の店舗は、一風堂の総本店となっています。

一風堂 赤丸新味2

メニューではラーメンは二種類です。
「白丸元味」と「赤丸新味」の二つがありますが、念のため店員さんに「あっさり味はどちらでしょうか?」と聞いて見ましたら、「赤丸新味(中)(800円)」ということでそちらを注文しました。ラーメンだけではなく、それまで色々と濃い食道楽を重ねていましたので、つい胃に優しい方を選択してしまいました(^_^;) それに「赤丸」の方が、より代表的なメニューに見えましたしね。

一風堂 赤丸新味3

待っている間に、「一風堂」お馴染みサービスの「ピリ辛もやし」を頂きます。
香ばしいごま油と辛味(一味唐辛子や豆板醤等?)が、しゃっきり歯応えの良いもやしに和えられていて、すっきりとした味わいです。もやし自体は傷みやすいはずですが、とても綺麗かつ上品に味付けられていて、無料サービスながら(だからこそ?)非常に丁寧な接客精神が垣間見えます。店内にはジャズが流れ、お洒落な雰囲気です。店員さんの応対も気持ち良かったですね。

一風堂 赤丸新味5

程なくして運ばれた「赤丸新味」です。
麺はもちろん細めのストレートのもので、具材はネギにチャーシューにキクラゲ(プラス煮玉子)と、博多ラーメンとしては王道な構成ですね。そこにマー油が入っているのは珍しいと思います。赤いタレが溶けかかっていますが、これは「うまみ玉」と呼ばれているものだそう。「一蘭」のように辛いものではありませんでした。といいますか、スープはマー油の味がかなり強かったです。マー油そのものは旨い香油だとは思いますが、丸々その味に染まってしまう傾向があるのですよね。個人的には入れる前のスープをじっくり味わってみたかったです。

食べ終えてみて、間違いなく美味しいラーメンだとは思うのですが、何と言ったらよいのでしょう、わざわざ本場博多でなくても、頂くことが出来る一杯といいますか……(まあ一風堂はチェーン展開してますしね(^_^;))。こちらに来て、制約がある上で個性的なラーメンに出会ったなかで、別途完成された博多風(?)なラーメンを食べたような気がします。もちろんこれは良くない意味ではなくて、逆に他地域でもふつうに受け入れられるような味に作り上げたからこそ、海外まで展開するようなチェーン店として成功しているのでしょうね。トータルで満足感を頂けるお店でした。

一風堂 赤丸新味6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:福岡県福岡市中央区大名1-13-14
電話:092-771-0880
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
駐車場:無し

博多 一風堂 総本店ラーメン / 西鉄福岡駅(天神)天神駅赤坂駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
[ 2011/02/15 15:10 ] 県外のラーメン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/178-47dc57ed