スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リンガーハット 沖縄小緑店 「長崎ちゃんぽん」

リンガーハット 長崎ちゃんぽん1

那覇市赤嶺の「リンガーハット」へ行って来ました。
突っ込みが出る前に最初に書いておきますが、果たして「長崎ちゃんぽん」を分類的に当ブログで取り上げて良いかという部分がありますね。ブログ名称が「沖縄のラーメン店~」となっていますので(^_^;) ざっと調べてみたところ、「長崎ちゃんぽん」のルーツは福建料理にあるらしく、考案は長崎市の中華料理店「四海樓」の初代店主、陳平順氏とはっきりしているようです。大陸伝来の麺料理として、もう感覚的になってしまうのですが、微妙な番外編的に取り上げさせてもらいます。ですが、少なくとも前回の「トムヤクムンラーメン」に比べたら、ずっとラーメンですよね。

お店には休日のお昼、1時ごろに到着しました。
ちょっとびっくりしたのが、随分と混雑していたことです。家族連れを中心に待ち客が多く、今回待ってまで頂くことにするか少し迷いました(^_^;) ふだん、ラーメン店などには混雑時間を出来るだけ避けて来店しているということもあるのですが、ここまで繁盛しているとは思っていませんでした(失礼)。外食産業に活気があるということは喜ばしいことです。

リンガーハット 長崎ちゃんぽん2

待っている間にメニューを渡され、注文を取るとすぐに下げられてしまいました。
ですのでメニューの画像はないのですが、代わりに席上に置かれたポップを撮影です。当初からノーマルの「長崎ちゃんぽん(490円)」を注文するつもりでしたが、こちらは麺を増量しても値段は変わらないようですね。普通で200g、1.5倍で300g、2倍の400gにしても価格はそのままということです。国産小麦粉使用を謳っており、これはかなりのサービス設定でしょうね(ですが、これでも価格は近年でかなり上がっているようです)。自分はもちろん、2倍でお願いしました(笑) 餃子などのセットメニューも用意されていたのですが、せっかくの来店ですので、これまた代表的な長崎ご当地料理のひとつである、「皿うどん(500円)」を注文することにしました。ちなみに皿うどんの方も考案者は同じ方のようですね。

リンガーハット 長崎ちゃんぽん3

程なくして運ばれた「長崎ちゃんぽん」です。
大盛りということで、画像では判りにくいかもしれませんが、器がかなり大きめとなっています。麺の上のキャベツやもやしなどの野菜類が、これまたたっぷりと盛られていますね。また、コーンの黄色やかまぼこの桜色が、色合い的に華やかさを添えています。豚肉やエビなどの具材も良いバランスで「ちゃんぽん(混ぜられて?)」されていて、まとめてがっつりと口に運ぶと、確かに活力が付きそうです(本料理が考案された由来は、安くて栄養価の高いものを留学生に食べさせたいという目的があったようです)。

リンガーハット 長崎ちゃんぽん4

「長崎ちゃんぽん」の麺は、太めのストレートのもの。調理法としては煮込みラーメンに近いものらしく、若干柔らかめではありますが、太さも相まってしっかりとした食感も残っています。まあ「そういう郷土料理」という認識が一番大きいのでしょうね。スープも豚骨がかなり使われていると思うのですが、鶏ガラや、あとラードを使用しているようで、臭み等の濃さよりもまろやかな口当たりを感じます。しかしさすがにボリュームがあって、器の中身がなかなか減りませんでした(^_^;)

リンガーハット 長崎ちゃんぽん5

実は先に運ばれていた「皿うどん」です。
しかし「そういう郷土料理」と認識はしているものの、ちょっとおかしなネーミングですよね(笑)パリパリの細い乾麺の上に、ちゃんぽんとほぼ同様の具材が、熱々の餡かけの形で載せられています。上下の極端な食感の違いが、独特の美味しさにつながっていますね。久しぶりに食べましたが、旨かったです。そしてこちらも分量がかなりあって、ちゃんぽんも含めてきちん完食出来るか、ちょっとビビリました(食べましたけど(^_^;))。

お店では牡蠣を使った冬季限定のちゃぽんも提供されていました。チェーン店らしく、飽きが来ないような創意工夫もみられ、これからも変わらず繁盛してほしいと感じますね。ただ、混雑しているのは滞留時間の長い家族連れが多いのも理由でしょうが、オペレーションが滞っている部分もちらほら見受けられました。ほぼ食べ終わっているところへ遅れて料理が運ばれている場面もあって、これは受け取る方もちょっと困ってしまうでしょうね。混雑する時間帯を避けてですが、また来てみたいと思わせるお店でありました。

リンガーハット 長崎ちゃんぽん6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市赤嶺1丁目5-8
電話:098-858-2236
営業時間:11:00 - 2:00
定休日:無休
駐車場:有り

リンガーハット 沖縄小禄店ちゃんぽん / 赤嶺駅小禄駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/163-771aab99










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。