SAKURA 「シミウマ醤油ラーメン」

SAKURA シミウマ醤油ラーメン1

那覇市牧志の「SAKURA」にて、本日より発売の「シミウマ醤油ラーメン」を頂きました。
この「シミウマ醤油ラーメン」は冬期限定品となっており、元は夏季限定の「夏麺」に変わる新メニューとして、去年末に開催された新作発表会(試食会)を勝ち抜いて選ばれた一品です。試食会では六品もの新作候補が出品され、そこで取られたアンケート等を参考に、今回の限定麺が選出されたとのことです。この試食会には自分も参加させて貰いまして、当ブログの12月8日と9日の記事にその様子を記させて頂きました。

SAKURA シミウマ醤油ラーメン2

カウンター席に置かれていたお品書きです。
ネーミングの由来でしょうか、キャッチコピー的に『カラダにしみる ココロにしみる しみじみ美味しい New Old Style』と記されています。ちなみに試食会時には「SYOUYU 桜」という名称でしたので、検討のうえ変更したのでしょうね。今回はもちろんこの一品が目当てでしたので、席に着くとすぐに「シミウマ醤油ラーメン(700円)」を注文しました。

SAKURA シミウマ醤油ラーメン3

程なくして運ばれた「シミウマ醤油ラーメン」です。
具材は煮玉子、メンマ、刻んだタマネギに海苔、ほうれん草が入っていて、試食会時には無かったチャーシューが二枚入っていますね。煮玉子も丸々一個入ってますし、試食会時のミニサイズのイメージがあるものですから、結構なボリュームがあるように感じました。
……すみません、最初に言い訳がましく書いておきます(^_^;) 
SAKURAを訪れたことのある方はご存知でしょうが、かなり店内が暗いです。画像では比較的はっきりと写っていますが、カメラの集光の力によるものです。これまであまり意識していなかったのですが、暗いなかでものを食べると意外なほど味覚が制限されるようです。今回は、いつにも増しておおざっぱな印象から来る内容だと捉えてください(^_^;)(フラッシュを焚くとラーメンの色合いが変わるので使いませんが、二枚目のお品書きは文字入りでもあったので使っています)

SAKURA シミウマ醤油ラーメン4

「シミウマ醤油ラーメン」の麺ですが、加水率の高いどっしりとした口当たりのもので、いつものSAKURAの麺でしょうか? 醤油ベースのスープは色合いが濃く、あぶらが結構浮いていましたね。試食会時には醤油と魚介の香りが高く、武蔵家グループらしからぬ上品な印象だったのですが(失礼)、がっつりSAKURAテイストになっていたような気がします。いっそのこと、卓上に置かれている魚粉をどっさり投入しようかという衝動に駆られたのですが、更に失礼だと思い、踏みとどまりました(^_^;) 煮玉子の塩味がかなり強かったのですが、これはたまたまではなく、意識しての味付けかもしれませんね。自分は良い味のポイントだと感じました。

間違いなく旨い一杯だったのですが、生粋のSAKURAファン的にはどうなのでしょうね。受け入れやすい一杯と捉えるか、この風味ですと当初からある「らーめん」に戻ってしまうものなのか。どちらにしても冬期限定ですので、気になった方はのびる前に駆けつけた方が良いですね(笑)

SAKURA シミウマ醤油ラーメン5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-9-27
電話:なし
営業時間:18:00 - 26:00 ~28:00
定休日:月曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/157-c30fb1b6