三竹寿 「あつもり」

三竹寿 あつもり1

那覇市真嘉比の「三竹寿」へ行って来ました。
三竹寿は一昨年の三月にオープンしたつけ麺の専門店で、開業後に口コミであっという間に人気店になったお店です。店主は東京の有名なつけ麺店の「六厘舎」で修業をされたらしく、その系譜を感じさせる、骨太なつけ麺を提供されています。自分はオープンしばらく後にちょくちょく足を運んでいたのですが、行列を作ることもしばしばで、ここ最近は疎遠になっていたお店です。今回は時間的にその行列を避けるために(というより駐車場が空くであろう時間帯の)、昼の部終了間際となる、午後2時半過ぎに来店しました。

店内に入るとカウンター席はいくつか空いていたものの、この時間帯の割りに満席に近い状態でした(席数はそれほど多くないお店ではあります)。店内の貼り紙で気付いたのですが、駐車スペースを増設したようですね。店舗裏側の6台分(?)以外に、道路を挟んで向かい側にも3台分の駐車場を確保しているようです。久しぶりの来店でしたが、変わらず繁盛店であるようでした。

三竹寿 あつもり2

三竹寿のメニューです。
太麺であるため茹で時間がかかることから、店外に行列が出来た場合は、入店前にオーダーを先に取っていくのですが、今回は席に座ったところで普通に注文です。やはりここは、王道のつけめん(麺冷、スープ温)を注文です。……ですが、タイトルにあるとおり、何故か「あつもり(麺温、スープ温)(750円)」が運ばれて来ました(^_^;) すぐに気付いたのですが、駆け込みのお客さんが次々と来店し、またせっかくつけ汁も熱々でしたので、そのまま食することにしました。他に「味玉(100)円」と「ご飯(50円)」、そして「辛エビ(50円)」を追加で注文です。

三竹寿 あつもり3

程なくして運ばれた「あつもり」です。
今回は「中盛(230g)」でお願いしたのですが、「並盛(180g)」と値段は変わりません。ここは迷わず「中盛」一択ですね(笑) ごはんが50円と安価なのも嬉しいところです(後述しますが、お店でもご飯を使った食べ方もお勧めしています)。また、卓上に漬け物が用意されているのが個人的に凄く嬉しいです。ご飯好きなので白飯に合うのが良いというのはもちろんですが、待っている間にも手持ち無沙汰にならず、空腹でも漬け物を口にして落ち着いて待てるのは配慮を感じるサービスですよね。自分は遠慮なく頂くのですが、代わりに客単価を上げる注文をすることも心掛けています(どこの店でもそうだろうと言う突っ込みは無しで(^_^;))。

三竹寿 あつもり4

三竹寿の麺ですが、太めのストレート麺です。入口の横に製麺室が設けられており、こちらのお店は自家製の麺となっています。初めて食べた時は弾力のある食感など、かなり強い印象があった覚えがあるのですが、今回はそこまでのインパクトはありませんでした。「三竹寿」開店以降も前回紹介した「ジンベエ」や、つけ麺店ではありませんが「だいじろう」など、沖縄県内でも強い個性を持った太麺を出すお店が増えているのも理由なのかもしれません。でも以前に比べて、三竹寿の麺の色合いが穏やかになっているような気もしますが、気のせいでしょうか?(全粒粉(?)が入っていたのか、前はもっとくすんだ色味だったような)

あと麺の食感に関しては、今回「あつもり」だったことが大きいですね。冷水で締めないと、どうしても麺のコシが引き立ちません。代わりにこの日も寒かったのですが、最後まで濃厚な魚介とんこつのつけ汁は冷えることなく、温かく頂けたのは良かったです。今回は当初の意向と違って「あつもり」で頂いたのですが、次回当ブログで取り上げる時は、どちらにしても逆のメニューを選ぶはずですので、記事掲載が前後になっただけと捉えて下さい(^_^;)

三竹寿 あつもり5

ついでにトッピングの「辛エビ」のアップ画像です。
特筆して良い部分だと思うのですが、三竹寿のこってりとして魚粉が効いたつけ汁は、とてもご飯に合います。お店でも一度試して欲しい食べ方として、『残ったスープにアツアツのご飯をおじや感覚で。味玉といっしょに食べると一層うまい!』と勧めています。つけ汁の具材(特に棒状のチャーシューがゴロゴロと入っています)も一緒に食べると、かなり旨いです。先の香ばしい風味の「辛エビ」は、一味の辛さで良い味の変化付けになりますね。食べ終わる頃には心地よい汗が出て来てしまいました。

余談になりますが、沖縄県内14店舗のラーメン店が共催するイベント、「らぁ麺ふぇすたvol.2」の開催が来月より予定されています。今回の「三竹寿」で、イベントの参加店は当ブログでひと通り取り上げたことと思います。通常提供のレギュラー麺から、どのように変化に富んだ限定麺が登場するのか、今から楽しみですね。

三竹寿 あつもり6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市真嘉比2-1-6 S&Hマンション101
電話:098-887-4433
営業時間:11:30-15:00 18:30-21:00
定休日:水曜日(火曜日は昼の部のみ営業)
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/156-5c9806df