スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金城商店 「台湾ばぜそば」

1沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

那覇市久茂地の「金城商店」へ行って来ました。
2015年8月頃にオープンしたお店らしいです。たまたまネットで検索をしていたところ(確か居酒屋関連を探していたかと思います)、ラーメン店的品目を扱っているお店らしいと知りました。ネット上では情報に限りがあり、またあまり未訪のお店は事前に詳しく知りたくない方の性分なので、ちょうど近隣に所用があったこともあり、さっそく向かうことにしました。お店には、平日午後一時過ぎの入店です。

2沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

壁際に黒板で掲げられている「金城商店」のお品書きです。
『SOBA』という括りで品目掲示されていますね。全部書き出してみます。
「台湾まぜそば(780円)」・「濃厚つけそば(並盛750円)(大盛850円)」・「上等沖縄そば(680円)」・「ジューシー(180円)」などとなっています。うーん、どうも全品「沖縄そばの麺」を使っているようですし、ラーメン店的店舗というより、「沖縄そばベースの創作麺屋さん」といったところでしょうか? ネットでお店の情報を確認した際は「ラーメン」でジャンル分けされていましたので、ちょっと期待していたのですが……(^_^;)

3沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

卓上に用意されていたお品書きです。
黒板に書かれていた内容と一緒ですが、こちらは品目の説明も記載されています。お店のお勧めは筆頭掲載の「台湾【まぜSOBA】(780円)」(これが正しい表記っぽい)になるようですね。せっかくなのでそちらをお願いすることにしました。もう一方目を引く「濃厚【つけSOBA】(並盛)(750円)」の説明書きについて触れてみますと、『鶏白湯スープをベースに、数種類の野菜を加え、さらに魚介エキスが凝縮された特製ダレを組み合わせた風味豊かな濃厚スープに仕上げています。※化学調味料は使用しておりません』とのこと。割りスープも別途用意しているようでした。

4沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

裏面のドリンクメニューです。
ソフトドリンクのほか、アルコールメニューも提供されているようです。現在はランチタイムのみの営業のようですが、以前は夜間もお店を開いていたようですね。「まぜそば」はビールと合いそうですが、今回は遠慮しておきました(笑)

5沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

テーブル席上の様子です。
着席するとお冷やのポットは別途持って来てくれました。調味料類はシンプルに「コーレーグース」のみとなっています。レンゲとお箸はこちらに常備。「紙エプロンあります」の案内もありました。

6沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

待っている間に店内の様子を写してみました。
左手側がカウンター席に奥側が厨房、壁際にはテーブル席が並んでいます。夜間でしたら、ちょっとお洒落な雰囲気の居酒屋さんといった趣きになるかもしれませんね。

7沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

程なくして運ばれた「台湾ばぜそば」です。
本体の「台湾まぜそば」の器のほかに、いわゆる「〆の追い飯」にあたる「ジューシー」のお皿、更に別皿で「卵黄」が用意されました。追い飯が「白飯」ではなく、「ジューシー」なのが特徴的ですね。個人的には最初に用意してくれるのも嬉しいです。そしてこのジューシーから来る炊いた出汁の香りが凄かったです(もちろん美味しそうな香りでしたよ(笑))

8沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

「台湾まぜそば」のアップ画像です。
具材としては中央に辛味を含んでいるらしい島豚肉のミンチ、周囲にはざっくりニラに刻み海苔、奥側には白髪ネギが添えられています。たっぷりの具材で麺はほとんど見えませんね。卵黄は別皿で用意されているのですが、これは中央のミンチが丸々と鎮座しているため、添えるスペースがないからなのでしょう。添えた糸唐辛子が見た目にもワンポイントになっています。

9沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

「台湾まぜそば」の麺ですが、ちぢれが入った平打ちのもの。沖縄そばの麺というもっちりと食べ応えのあるものでしたが、極端に太い作りではなく、程よくがっつり感を味わえるものでした。魚介の風味を感じる混ぜダレは、事前にきちんと麺と絡ませていましたね。個人的には「まぜそば」は食べる時にムラが出ない、こちらの仕様が好みだったりします。

10沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

いったん麺を頂いた後、がしがし混ぜ合わせています。
ひと通り具材が混ぜ合わさったところで、別皿の「卵黄」を投入です。麺は魚粉が影響していたのでしょうか、少しざらりとやや乾いた食感だったものが、卵黄が絡まることで味わいはもちろん、口当たりも滑らかに変化しました。それでも食べ進める内に、島豚ミンチに含まれた辛味がじわじわと旨辛さとなって来ます。

11沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

終盤に差し掛かったところで、“追い飯”の「ジューシー」を投入です。
追い飯としてはちょっと分量が多めですね。そしてこちらの「まぜそば」では、ほとんど底に「混ぜダレ」は残っていませんでした(^_^;) もっともしっかり味の付いた「ジューシー」での提供ですので、最初からそういった仕様なのでしょう。最後は残った麺と具材と一緒に「追い飯」を掻き込み、がっつり完食です。

12沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

こちらは向かいの居酒屋さんの姉妹店にあたるそうで、経営されている方は一緒なのでしょうか? 居酒屋さんからの延長で麺屋さん、また「沖縄そば」を提供されていて、「まぜそば」や「つけ麺」も用意しているお店は結構あるのかもしれませんね(ここで「ラーメン」まで提供しますと、ジャンルが定まらなくなるのでしょう(^_^;))。こういったお店は新鮮な気持ちで入店できますので、機会があれば開拓して行きたいと考えています。

13沖縄 那覇市 金城商店 台湾まぜそば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市久茂地2-13-16
電話:098-868-5669
営業時間:11:30-14:00 (当面14:00まで)
定休日:日曜・祝日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1510-e4cdfd01










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。