スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん 一力堂 琉球別邸 「特製ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

那覇市牧志の「らーめん 一力堂 琉球別邸」へ行ってきました。
こちらは2015年11月13日(金)にオープンしたお店のようですね。なんでも群馬県と東京都に一店舗ずつあるようで、こちら遠く沖縄での出店で三店舗目になるようです。傍目には飲食店の経営としてとても冒険されているように映るのですが、それだけ沖縄県が新規ラーメン店出店の余地がある土地と捉えられているのでしょう。もちろん、いちラーメンファンとしてはとても喜ばしい傾向であります。お店は那覇市牧志のパラダイス通り、「まぜ麺マホロバ」のほぼ向かい側となっています。お店には、平日の午後二時過ぎの訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

「らーめん 一力堂 琉球別邸」のお品書きです。
お店でも謳われているのが「京都源流鶏ガラ醤油背脂」となっており、いわゆる「京都ラーメン」らしい『鶏出汁+醤油背脂』といった仕様のもののようです。沖縄でも京風ラーメンを頂けるお店はありますが、この辺りの地域ではなかったはずで、選択肢が増えるのは良いことですね。さてこの日の注文ですが、初訪問のお店ということもあり、大人しく筆頭表記の「ラーメン(680円)」を頂こうと考えていたのですが、アクシデント的に事前に品目画像を拝見してしまい、ちょっと捻って(?) 「特製ラーメン(980円)」をお願いすることにしました。通常の「ラーメン(680円)」から具材等が増されているもののようで、必然的に「白ご飯(150円)」も追加注文です(笑) ちなみに単品ラーメン品目としては「生にんにくラーメン(780円)」や「味玉ラーメン(780円)」の文字も見えますが、ベースの「ラーメン」に追加トッピング要素を加えたもののようですね。その他、「絶賛修業中」と現時点では隠されている品目も控えているようです。

3沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

先ほどのお品書きから裏面になります。
ラーメンとライスがセットになった各種定食メニューが用意されています。基本は単品ラーメンから300円増しの980円でラインナップされていて、別皿で『焼き飯・唐揚げ・餃子・コロッケ・アジフライ』などを組み合わせて提供されています。「焼き飯」以外はライスもセットされています。唯一「まんぷくセット」が1150円で設定されており、こちらは「焼き飯+餃子」となっているようです。実際に注文してみないと判らないところがありますが、画像を見る限りはかなりボリュームがあり、ずいぶんとお得感があるように感じました。例によって(鶏肉好き(^_^;))、「唐揚げ定食(980円)」が非常に気になっております。その他、アルコール類を中心にドリンクメニューも充実していますね。

4沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

待っている間にテーブル席上の様子を写してみました。
基本カウンター席や座敷席は無いようで、テーブル席のみで構成されています(だよね?(^_^;))。卓上の調味料類は胡椒に唐辛子など、最小限にしてごく一般的なものとなっています。餃子用としてお酢とお醤油も用意されていますね。そうそう、今回は試さなかったのですが、いま思えばラーメンへお酢の投入をしてみても良かったかも。

5沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

厨房側の様子を写してみました。
開店も間もないということもあり、たくさんの祝い花が飾られていました。お花で隠れて厨房側の様子は伺えませんでしたが、こちらの部分は後々カウンター席としても利用する予定があるのでしょうか。奥側には製麺室もあったかな? もちろん新店ということもあるでしょうが、店内はとても清潔感がありました。

6沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

程なくして運ばれた「特製ラーメン」です。
お品書きに書かれていたのですが、「特製」の部分としては「麺1.3倍・チャーシュー1.5倍・味玉」が増されているようです。ただしランチタイムには「麺1.3倍」のサービスが設定されているようで、今回の「特製ラーメン」は元より麺が増されているということで、サービスの対象にはならないようでした。ラーメンを頂きつつ、単純にがっつり行きたい方は、同じ値段の定食類を頼みつつ、麺増しをお願いしても良いのかも。もっとも定食類にもランチタイムサービスが適用出来るのか不明ですので、これは確認するために次回以降の良い訪問の動機付けが出来たということにしましょう(笑)

7沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

「特製ラーメン」のアップ画像です。
具材としては1.5倍増しというチャーシュー、それにメンマ、九条ネギに丸々一個の味玉などとなっています。スープ表面には背脂がたっぷり浮いており、褐色の醤油スープと共に、いかにも「京都風ラーメン」となっています。……更新がいつになるか判りませんが、実はつい最近、京都まで出向いてご当地ラーメンを頂いているのですよね。自分のなかでは引き続いての京都ラーメンです(^_^;) 

8沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

「特製ラーメン」の麺ですが、中細のほぼストレートのもの。お品書きによると麺の茹で加減も選べるようですが、特に聞かれなかった上に初訪問ということで、標準仕様で頂くことにしました。麺の細さの割にはしっかり食感の残る茹で加減となっており、「硬め」でお願いしたら想像以上に骨太な味わいになるかもしれません。その麺に絡むスープですが、鶏出汁にしっかり醤油の塩梅の効いたもの。背脂の甘さとこってり感が加わり、軽やかさを含んだ濃厚な味わいとなっています。京都風ラーメンらしい、細めの麺とのバランスが良いですね。たっぷり背脂も影響しているのか、最後までスープが熱々に保たれていたのも良かったです。

9沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

ラーメン丼上の具材をライス側に移し、当ブログ恒例の「一力堂めし」を作ってみました。
本来は味玉を割って黄味の様子を見せたいところですが、スペースの都合上、遠慮しております(茹で加減がやや固めだったのも割るのを控えた理由)。1.5倍増しのチャーシューですが、醤油ダレで濃い目に味付けがされており、更に脂を含んでほろりと柔らかい仕上げはライスとの相性がばっちりでした。スープ・麺とも充分な分量で、最後はがっつりスープの一滴も残さず完食です。

現在のところ、提供ラーメンは基本の「ラーメン(680円)」からのトッピング追加要素のバリエーションになっているようですが、今後はまったくの新品目が増えるのかもしれません。専用駐車場は無いようですが(店舗すぐ前にコインパーキング有り)、那覇市のこの立地ではしょうがないところでしょう。ただ中休みなしの無休設定のようですので、タイミングを気にせず寄れるのは使い勝手が良いのではないでしょうか。提供品目の変化を期待して間を空けての訪問もありですが、ちょっと今回は心残りの部分もありますので、思いのほか早目の再訪もあるのかもしれません。

10沖縄 ラーメン 那覇市 一力堂 特製ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志1-3-11
電話:098-943-6256
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1501-36769604










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。