スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

参鶏湯ラーメン

1参鶏湯ラーメン

最初に書いておきますが、今回記事はラーメン店のラーメンではありません(^_^;)
最初は雑談記事にでも掲載しようと考えていたのですが、それなりにボリュームがありそうな内容になりましたので、特別記事とさせていただきます。

2参鶏湯ラーメン

まずはこちらの商品を紹介です。
ドン・キホーテ宜野湾店で購入した「薬膳 参鶏湯(サムゲタン)」です。税抜きで399円とかだったかと思います。まず「参鶏湯(サムゲタン)」とはなんぞやからです。

サムゲタン(参鶏湯)とは韓国料理の一つで、鶏肉と高麗人参、鹿茸、ファンギ(キバナオウギ)などの漢方ともち米、くるみ、松の実、ニンニクなどを入れて煮込んだ料理である。薬膳料理や補身料理(ポシン料理・滋養食)ともされている。

3参鶏湯ラーメン

高麗人参などが入り、薬膳料理のイメージもあることから個人的には高級料理のイメージがあったりします。それが電子レンジで5分でチンして出来上がり、それも400円程度で販売されているなんて怪しいですね(笑) 面白半分で購入したのですが、インスタント食品として考えますと非常に良く出来ていると思います。原材料もきちんと押さえられているようですね。淡泊な味付けのスープは鶏出汁がストレートに出ていて、ちょっと手を加えるだけでも更に旨みが増しそうでした。…で、ここまでのことでしたら、雑談記事の範囲で充分だったのですが……。

好きなドラマ番組に「孤独のグルメ」という作品があります。
元はずいぶん前に発売された漫画作品(単行本全一巻のみ)なのですが、内容はおっさんが一人でもくもくと外食する様を淡々と描くもので、ドラマ性はまったくありません(笑) なのですが、逆に考えるといくらでもエピソードが作れる訳で、深夜帯のドラマとして受けが良かったのか今月(2015年10月)にはシーズン5が始まっているそうです。テレビ東京系列のドラマなので沖縄では観れませんが、動画配信サービスでは大抵ラインナップに含まれていますので、興味のある方は無料お試し期間などを利用してご覧になって観てください。先述したとおりドラマ性は皆無なので熱心にストーリーを追うものではなく、自分のようにながら作業での視聴に適している作品です(ブログ記事を書きながらがちょうど良い感じ笑)。

4参鶏湯ラーメン

さて長らく脱線したようですが、そのドラマ「孤独のグルメ」のエピソード4の第二話に登場したのが、「中央区銀座の韓国風天ぷらと参鶏湯ラーメン」です。毎回実在する飲食店に立ちよるのですが、この回で紹介されたのが「なじみ亭の参鶏湯ラーメン」でした。こぢんまりとした韓国料理店なのですが、そうはいってもオモニ(お母さん)が営業されている専門店ですので、「参鶏湯」も本格的なものでしょう。その「参鶏湯」にインスタントラーメンの麺を投入したのが「参鶏湯ラーメン」となります。韓国料理は本格的なお店でもインスタントの麺を使用しますよね。文化の違いでしょうがそれもまた面白い部分でもあります(もっとも作中ではお客さんの要望で入れたことになっています)。

5参鶏湯ラーメン

ということで作ってみました(笑)
先に紹介したドン・キホーテで購入したレンチンの「参鶏湯」に、スーパーで購入した最安値(50円程度?)の「しおラーメン」の麺を別途茹でて、「参鶏湯」側の器に投入です。いや、別に麺しか使用しないので「醤油」でも「味噌ラーメン」でも選択はどれでも良かったのですが、気分的に「塩」をチョイスしました。

6参鶏湯ラーメン

まずはレンチンした「参鶏湯」です。
鶏肉の固まりが丸々がっつりと入っています。お箸でつまみ上げますと、鶏肉自体の重みで骨の関節部分からホロホロと崩れて行きます。柔らかく炊きあげられていますね。スープ表面には白葱が浮いていますが、これは自分で追加したものとなっています。さて別途茹で上げたインスタントの麺を投入してみましょう。

7参鶏湯ラーメン

そして実食してみた「参鶏湯ラーメン」の感想なのですが……ドラマの重松豊さん演じるゴローちゃんはとても美味しそうに食べていたのですが、生麺を投入した方がやっぱり美味しいだろうと思いますよ(当然か(^_^;)) インスタント麺にはジャンルなりの良さや美味しさがあるので、面白い一品ではありました。やや粘度のあるシンプルなかつ旨みのある鶏出汁スープですし、素材としての本商品「参鶏湯」は応用が効きそうですので、いつか生麺+具材追加でオリジナルラーメンを作ってみるかもしれません。今回も白葱の投入くらいはしているのですが……。まあでも楽しく美味しく頂けましたよ。

ごちそうさまでした!

※ドン・キホーテの「参鶏湯」は定番商品ではないようなので、売り切れ次第販売終了になるかもしれません。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1492-cf1345cb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。