スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん工房 麺太 「尾道チャーシューメン(辛ねぎ入り)」

1沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

南城市大里の「らーめん工房 麺太」へ行って来ました。
実は当初は南部の新規ラーメン店へお伺いしようとしていたのですが、残念ながら昼過ぎながらも売り切れ終了となっていました。振られてしまったのは残念でしたが、営業開始早々繁盛店になっているのは何よりですね。さて、すっかり(醤油)ラーメンモードになっていて、自分のなかでは待ったなしです(笑) そこでふと思い出したのが「らーめん工房 麺太」の存在でした。一店舗内にて多様なご当地ラーメンを提供されているこちらのお店、企画絡みもあってほぼ全品目制覇したはずですが、なかでも「尾道ラーメン」はぜひリピートしたいと思っていたのでした。ということで、久方ぶりの訪問となりました。中休みのない通し営業であることも訪れる際に安心感がありますね。

2沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

「らーめん工房 麺太」のお品書きです。
大判のメニューには判りやすく品目画像が大きく掲載され、その他品目についてのうんちくや、各種品目構成上のバリエーションなどが明記されています。ひと昔前でしたら沖縄は“ラーメン不毛の地”などと呼ばれていましたので、ここまで懇切丁寧な品揃えをしてくれているのは嬉しいことではないでしょうか(そして消費者というのはそんな有り難さをあっさり忘れてしまうものだったりします(^_^;))。開いてすぐの見開きでは『博多:とんこつラーメン・広島:尾道ラーメン』が掲載されていました。

3沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

次の見開きでは『北海道:味噌ラーメン・北海道・函館:旨塩ラーメン』が掲載されています。各地元のごく正統派のラーメンという形だけではなく、「麺太」らしいアレンジが加わっているようにも映ります。元より自由度の高いラーメンという品目ですし、全然有りなことなのでしょう。

4沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

最終見開きには「長崎:ちゃんぽん」(!)が掲載されていました。
「……ラーメンとは違うのでは?」という声も聞こえて来そうですが、いちラーメンファンのなかでは歴史背景関係なく、するりと同義扱いしても良い気もしたりします。現在の先鋭的なラーメンよりずっとラーメンぽかったりしますし、何より一般に向けて『好きなラーメンチェーン店は?』とアンケートを取りますと、「長崎ちゃんぽん:リンガーハット」が一位になったりするのだそう(^_^;) まあ沖縄県の「沖縄そば」も、内地のラーメンファンに取ってはラーメンと一緒の扱いになっているようですし、ボーダーの曖昧さも魅力のひとつと捉えて良いのではないでしょうか。またこちらのページには各種お得なセットメニューも記されていますね。

5沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

別紙で用意されたお品書きです。
「らーめん工房 麺太」さんでも期間限定麺を提供されているようですね。辛味のあるラーメンということもあり、結構に食指も動いたのですが、ここは初志貫徹です。やはり「尾道ラーメン」をお願いすることにしました。

6沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

お品書きにおける「尾道ラーメン」ページのアップ画像です。
前回はノーマルの「尾道ラーメン(570円)」を頂いていますので、今回は必然的に(?)バリエーションとして分かれている「尾道チャーシューメン(770円)」を注文することにしました。せっかくですので、「味付玉子入り」や「辛ねぎ入り」も検討です。……実はここで痛恨の注文ミス(^_^;) なぜか「尾道チャーシューメン(920円)」は「味付玉子&辛ねぎ」両方が入っているものと思い込んでいたのでした。初志貫徹でしたら「味付玉子入り(870円)」までの注文のところを、「辛ねぎ入り(920円)」でオーダーをしてしまいました。

7沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

「お得なランチメニュー」です。
それぞれ700円で「ギョーザセット」と「チャーハンセット」が用意されていますね。ラーメンは白とんこつor尾道ラーメンから選べるということで、いま思い返せばシンプルに「ギョーザセット(尾道ラーメン)」を選択しても良かったかもしれません。

8沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

待っている間にテーブル席上の様子を写してみました。
昼のピーク時は過ぎているのですが、近隣のお買い物客などでしょうか、途切れることなくお客さんが訪れていました。卓上の調味料類としては餃子用のたれやラー油、奥の壺には壺ニラ……ではなく、紅ショウガが置かれていました(笑)

9沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

程なくして運ばれた「尾道チャーシューメン(辛ねぎ入り)」です。
運ばれた途端「しまった」の心持ちであります(^_^;) いえ、先に書いて置きますが、個人的に葱は大好きですし更に辛味が加わったとあれば美味しくない訳がありません。惜しげ無くボリューム感もたっぷりです。ただ今回は、醤油味のラーメンを求めてお久しぶりの「尾道ラーメン」を頂くつもりだったのでした。完全に当初の目的を見失ってしまった注文ですね(^_^;) しかし「辛ねぎ」のインパクトが強すぎて、ベースのラーメンの判別すら付きません。そうそう、チャーシューメンの注文ということもあり、「ご飯(100円)」も追加でお願いをしています。ラーメンとセットということで、単品では150円設定なのかな? ずいぶんとたっぷり分量のライスでありました。

10沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

「尾道チャーシューメン(辛ねぎ入り)」のアップ画像です。
ラー油などムラ無く辛味が絡まっているのですが、赤く染まった白髪ネギがピンと食感も良く山のように盛り付けられています。先述したとおり盛り付けがたっぷり過ぎて、ベースのラーメン品目の判別が付きません。いえ、本来はテンションが上がっているところなのですが(ネギ好きとして実際に別方向で上がりましたが)、とりあえず「これは尾道ラーメンだ」と心に言い聞かせて食べ進めることとなりました(笑)

11沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

辛ネギから掘り起こした「尾道ラーメン」の麺ですが、中細の平打ちストレートのもの。表面が滑らかでやや柔らかめながらも、角があるタイプでくっきりとした食感の麺となっています。その麺に絡むスープですが、鶏ガラや豚骨などの動物系が感じられながらも、魚介の和風な味わいが加わった醤油味のもの……であったはずでした(^_^;) たっぷり具材の辛ねぎからは辛味がスープ中へ滴り落ち、すっかり辛スープに変化しちゃいました。元々スープというか、「尾道ラーメン」の丼は大きさがやや小さめなのですよね。追加した具材の辛ネギはもちろん、更に追加した厚みあるチャーシューもしっかり味が付いており、すっかり「味くーたー尾道ラーメン」となってしまいました。繰り返しますがラーメン単品自体はとても食べ応えがあって美味しかったですよ。しかし求めていた「尾道ラーメン」をビジュアル面で頂くことが出来なかったのは心残りです(自業自得(^_^;))。

12沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

ライスの上に「尾道チャーシューメン」の具材を載せてみました。
具材としては追加トッピングの辛ネギしか映ってませんでしたので(笑)、改めてチャーシューとメンマをピックアップです。厚みのあるチャーシューは標準では一枚、追加で三枚になるようですね。太目のメンマも存在感がありました。ここではやはり華やかさを加えたいということで、「味付玉子」を注文しなかったのはちょっと悔やみます。ボリューム感たっぷりの具材と共に、辛味の効いたスープの一滴も残さず完食です。

がっつり確かな満足感があったのですが、期待していたビジュアルにお目にかかれずちょっとばかり不完全燃焼でありました。うーん、どうにも気掛かりを残してしまったようですので、近隣を通りがかる際にはぜひ再注文を考えております。シンプルに「ギョーザセット(尾道ラーメン)(700円)」を注文して、追加要素で「味付玉子」などを加えても良いかもしれませんね(可能なのかな?)

13沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市大里仲間1140-1 アトール内
電話:098-946-3654
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

お久しぶりです!

分かります!ネギと言っても豚骨には小口切りの青ネギ、みそには白髪ネギ、トッピングあちこちでしてるので、本当共感です。あと、あちこちの味のラーメン出してると大丈夫かな?とmなるけど美味しそうなお店ですね。
ところで今日、花銀流にいきましたがあまりに失望しました。くわしくは今度てだこラーメンに掲載しようとおもいますが(悪口でわなく)悲しい経験でした。

[ 2015/09/25 19:52 ] [ 編集 ]

Re: お久しぶりです!

>小太郎さん
こんにちはー。
ネギは大好きなのですが(特に白髪ネギ!)、今回は見た目を期待していた
のでちょっと失敗した注文でした(^_^;) ラーメン自体はトッピングの白髪ネギ
を含めて美味しかったですよ! 花銀琉ではなにかあったのでしょうか?
[ 2015/09/26 22:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1484-957cc004










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。