スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺屋 武虎 宜野湾店 「純豚骨ラーメン(3)」

1沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

宜野湾市我如古の「麺屋 武虎 宜野湾店」へ行って来ました。
こちらは2015年5月頃に新規出店されたようですね。「武虎」といえば与那原町にて初出店(なんと東京は高田馬場からの移転!)して以来、着実に店舗数を増やし、本店舗にて県内では4店目になります。提供されているラーメンは基本、細麺ストレートの豚骨スープのもの。沖縄ではある意味お馴染みの仕様となっており、多店舗展開をしていることもあってか、改めて熱心なラーメンファンからの反応はやや薄いように感じます。しかしながら今回初訪問を果たした「宜野湾店」ですが、やや遅い時間帯の来店だったのにもかかわらず、店内はとても活気があって繁盛されていました。繁盛店には何らかの要素があるものなのでしょうね。お店には、週末の午後10時前の訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

「麺屋 武虎 宜野湾店」の券売機です。
先述したように「武虎」は多店舗展開をされており、提供品目は当然のことながら各店共通のものとなっています。各出店舗には何度も訪れていますので、「宜野湾店」は初訪問と言っても新鮮味はありませんが代わりに安心感はありますね。安定して美味しいラーメンを提供されていることが本店舗の繁盛に繋がっているのでしょう。

3沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

券売機上部に記されたメニュー表です。
画像付きで掲示されており、初めて訪問されるお客さんもイメージ通りの注文が出来そうです。もっとも券売機方式は、後に続くお客さんが居ましたらじっくり選ぶ余裕はないのですよね。券売機方式自体は合理的ではありますが、これは一長一短あるところなのでしょう。さて今回の注文ですが、初心にかえる意味も含めて(?)、「純豚骨ラーメン(680円)」をお願いすることにしました。

4沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

待っている間にカウンター席上を写してみました。
何より嬉しいのが卓上に用意された無料の「ピリ辛もやし」です(画像に写っていませんが、左端下のオレンジの容器がソレです)。待っている間に手持ち無沙汰にならず、なにより軽いおつまみとして良く出来ております。ラーメンにはもちろんのこと、追加注文のライスなどに足しても美味しく頂けるのですよね。お店側に取ってはその分コストもかかることでしょうが、継続して続けて欲しいサービスであります。(その分、客単価を上げる方向で追加注文もしなくちゃね(^_^;))

5沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

手早く運ばれた「純豚骨ラーメン」です。
実は今回はどノーマルな注文だったため、麺の茹で加減で冒険をしました(^_^;) 「武虎」では注文時に麺の茹で加減を六段階に指定出来るのですが、固めから順に『粉おとし・ハリガネ・バリかた・かためん・ふつう・やわめん』とあるなか、もっとも固めとなる「粉おとし」でお願いをしてみました。博多系ラーメン店などで使われる用語ですが、同じ固めの「ハリガネ」や「バリかた」など、ネーミングが秀逸ですよね(笑) ちなみに「粉おとし」の茹で時間はなんと2秒なのだそう(^_^;) さらっと「Bセット(餃子&ライス)(250円)」を追加注文していたりします。

7沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

「純豚骨ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはある意味王道となる、炙りチャーシューに青葱にキクラゲ、そして彩り良く半分の味玉に中央には辛ダレが添えられています。運ばれた時点では追加トッピングの要素は加えていませんが、先述したように無料の「ピリ辛もやし」や卓上の「紅ショウガ」で好みの味の変化付けが出来るのは嬉しいところですよね。もちろん(?)、頂いた終盤には存分に利用させて貰いました。

6沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

「純豚骨ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。今回は冒険して最カタとなる「粉落とし」の茹で加減でお願いをしました。極端な作りになるかと思いきや、しっかりコシの感じられる喉ごしの良い食感でありました。その麺に絡むスープですが、豚骨らしい色合いの白濁した濃厚な作りながらも、後味のすっきりしたキレの良いものとなっています。固めのゆで加減の麺に良く合っていました。さっくり食べ応えのあるチャーシューや、コリコリ食感のキクラゲも良いアクセントになっていました。また中央の辛ダレで徐々に辛味を加え、微妙に変化を付けて食べ進める楽しみもありました。

8沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

後半になって遠慮無く卓上の調味料類を投入しました。
特に紅ショウガにおろしニンニクが馴染みのある味わいですが、「豚骨ラーメン」頂いているという実感が湧きます。ちゃっかり卓上の「辛もやし」も追加トッピングのように添えさせて貰いました。今回は替え玉は行いませんでしたが、もし行うのでしたらそのタイミングでの投入になっていたかと思います。

9沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

一緒に頼んだ「Bセット(餃子&ライス)(250円)」です。
餃子はやや小ぶりながらもしっかり五個入り、ライスもセットとなっているため充分にお得感がありますね。あまり焼き目の目立たない作りでしたが、「武虎」の餃子はこういった仕様でしたっけ? 元々ライスと相性の良いラーメンとセットで頂きましたので、ぞんぶんに美味しく完食となりました。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。県内に複数店舗が営業されているのは、その店のファンでしたら使い勝手が良くていいですね。

10沖縄 ラーメン 宜野湾市 武虎 背脂豚骨ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市我如古4-5-11
電話:098-917-5006
営業時間:11:30-15:00 17:00-翌2:00(土日祝前日は通し営業)
定休日:第2水曜日
駐車場:有り

武虎 宜野湾店ラーメン / 宜野湾市)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1479-65f5a047










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。