ちゃー盛りらぁめん だいじろう 「みそラーメン」

だいじろう みそラーメン1

「だいじろう」は今回で三回目の来店になりますね。
冬期限定の「みそラーメン」が提供されていると聞き、この沖縄でもまだ寒い内に行かねばと、ずっと気になっていました。まあ季節に関係なくラーメンは旨いものですが、冬の寒さも良いスパイスになると思います。幾分寒さも和らいで来ましたが、まだまだこの寒さは続いて欲しいですね。寒さが苦手な方もいるでしょうが、沖縄の冬は短いものですし、季節感があるのは(ラーメンを味わうにも)いいと思いますよ。

だいじろう みそラーメン2

券売機を確認してみますと、冬期限定ラーメンということで、下部に特別枠でメニューが用意されています。基本のラーメンと同様に、「小・中・大」と量によって三種類が用意されており、価格はそれぞれ50円増しの設定となっているようです。味噌ダレや特有の具のコストからか、味噌ラーメンでは他店でもよく見られる価格増し設定ですね。今回はこの後、もう一店寄るつもりでしたので、「みそラーメン(小)(550円)」を購入。でも「ライス小(50円)」は欲しいところでしたので追加で購入です。女性店主さんにはラーメン(小)での注文を伝えると怪訝な顔をされましたが、理由を話して納得して貰いました(^_^;)  ちなみにライスも(小)で注文していますが、別に中や大のライスが用意されている訳ではありません。これはお店では基本的に大盛りのラーメンがメインで、それでも客の要望に応える意味で、ライスも用意しているということなのでしょうね。

だいじろう みそラーメン3

程なくして運ばれた「みそラーメン」です。
最初にお店の方から断りがあったのですが、トッピングとして標準で用意されているコーンが切れてしまって、別売トッピングのバター(別途だと50円)を代わりに載せているそうです。彩り的にはコーンでしょうが、コクが加えられるならバターで良かったかもしれません。といってもだいじろうは、基本が既にこってりなのですけどね(^_^;)

だいじろう みそラーメン4

みそラーメンの麺ですが、てっきり県内一という極太麺(7番なのだそう)の「ラーメン」と共通だと思っていましたが、別途「みそ」のために用意されたものだそうです。太めの平打ちで固めと、方向性は一緒ですが、やはり太さや麺の色合いのエグさ(笑)はずっとソフトになっています。今回は、だいじろうのあの極太麺を固めで味わいたかったつもりもあって少し残念ではありましたが、この味噌ラーメンには程よくマッチしていたと思います(とはいっても、県内どこのお店の「味噌ラーメン」の麺より、太くて固めなのではないでしょうか?(^_^;))。

スープですが、あの中毒性のある「ラーメン」の濃い醤油味をベースに、更に味噌ダレを足しているのでかなりこってり味です。味噌の味に全然負けていない、ベースとなる元スープの塩辛さが凄いですね(^_^;) 具材はもやしやキャベツなどの野菜にチャーシュー、そして味噌らしい挽き肉と、頼んだのは小サイズながらがっつりと入っています。感覚がちょっとおかしくなるのですが、通常店の味噌ラーメンと比べてもボリューム的には遜色ないのではないでしょうか。

あと特筆なのが、ご飯にとても良く合うことですね。これは想像はしていたのですが、想像以上の相性の良さでした。挽き肉が溶けた味噌スープを掬いつつ、具材と一緒に白飯をかき込むとかなり旨いです。今回は「肉・やさい増し(150円)」などもせずにいましたが、したらしたで「ライス小」はダブルで行かないといけませんね(笑)

食べ終えた頃、「たつぞう」の店主さんが見えて少しお話しさせて頂きました。
考えてみれば「だいじろう」は中休みがないので、お一人だけで切り盛りするのは無理がありますね。お昼時には行列も出来るときがあると聞いていますし(それとも今回はたまたまかな?)。お話しでは今のところ、味噌ラーメンを定番メニューにする予定はないそうですが、仮に終了したとしてもまた他の限定メニューや復活する楽しみもありますね。今後の展開にも期待しています。

だいじろう みそラーメン5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松尾2-10-20
電話:なし
営業時間:5:00-18:00
定休日:月曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/147-d2b47e6e