スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラーメン 紀琉 「ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

2015年7月10日(金)頃にオープンしたらしい、那覇市東町の「ラーメン 紀琉」へ行って来ました。
58号線の大通り沿いから少しだけ奥に入った路地にお店はあり、専用の駐車場もないことから、通りがかりで訪れるようなお客さんはあまりいらっしゃらないかもしれません。この日はちょうどお昼時の訪問でしたが、客層は地元の方(といっても職場から来られた方など)が中心のようでした。近隣に30分100円のコインパーキングがあり、のんびりしますとオーバーするかもしれませんが、ふつうにラーメン一杯頂く分にはなんとかワインコインに収まるだろうと思います。

2沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

「らーめん 紀琉」のお品書きです。
提供ラーメンの種類は多くないので、せっかくなので全品目を書き出してみます。
『ラーメン(650円)・味玉ラーメン(750円)・チャーシューメン(850円)・味玉チャーシューメン(950円)・黒ラーメン(800円)』となっています。「黒ラーメン」には「にんにくたっぷり」の文字が記されています。追加要素としては『味玉(100円)・替玉(150円)』となっています。さて今回の注文ですが、やはり筆頭に掲載された「ラーメン(650円)」をお願いすることにしました。注文時には麺の茹で加減(やわらか・普通・かため)を聞かれたのですが、初訪問のお店とうこともあり、「かため」とお願いしたいところをぐっと我慢(?)して「普通」でのオーダーとなりました。

「ラーメン」は金武町のあぐー豚を使用していることをアピールしていますね。実際に店頭ののぼりにもそう書かれていました。実質「(豚骨)ラーメン」一本で、それにトッピング要素を加えた構成になるでしょうか? (「黒ラーメン」はマー油を加えたもの? はっきりしないのでいつか試したいです)

3沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

先ほどのお品書きから裏面です。こちらもせっかくなので全品目を書き出してみます。
一品『アグー餃子(360円)・鶏の唐揚げ(450円)・つまみチャーシュー(500円)』 ご飯物『ライス(大盛り無料)(150円)・明太ご飯(300円)・温玉チャーシュー飯(450円)』 セット『唐揚げ(小)+ライス(250円)・半餃子+ライス(250円)』 その他、ビールなどの飲み物となっています。さて、この日はラーメン単品注文のつもりだったのですが、とても気になるセットメニューが。鶏肉好きの自分にとっては、とても魅惑的な「唐揚げ(小)+ライス(250円)」なる品目です(^_^;) しばし葛藤したのですが、単品の「ライス(150円)」から100円増しでから揚げが付くなんてとてもお得! と謎理論を持ちだして(笑)追加注文することにしました。もっともこちらの単品ライス、なんでも大盛り無料なのだそう。

4沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

待っている間にテーブル席上の様子を写してみました。
卓上の調味料類は餃子用のタレにラー油、胡椒とシンプルな内容です。お冷やはテーブル席上までに店員さんが用意してくれました。暑い沖縄ですので、たっぷりのお冷やを容器を見せてくれるだけでも涼を取れるというものです。

5沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

店内の様子です。
入り口側から一番近いテーブル席に座らせて貰いました。手前側にテーブル席が三つほど、奥側にはカウンター席と厨房となっています。入り口側窓際から光が届く席となっているため、比較的明るく写っていますが、奥側のカウンター席側はやや暗めとなっていたようです。ちなみにフロアは男性の店員さんが見られていて、厨房側の様子は伺えませんでしたが、おそらく調理担当の方もうお一人くらいで見られていると思われます。

6沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
ごくわずかですが「唐揚げ(小)+ライス」が遅れて用意されましたので、ラーメンをちょっと頂いた状態となっています。ラーメン単品のみより、セットものだと見た目にも華がありますよね。思い切って追加注文して良かったです(きっと唐揚げが食べたかっただけ。……本来の目的からちょっとズレてますね(^_^;))。

7沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

「ラーメン」のアップ画像です。
具材の構成としてはチャーシューが三枚にメンマ、中央には青々と色鮮やかな刻み葱がたっぷりと載せられています。スープを始め全体的に茶色っぽいので(笑)、青葱は彩りのポイントとなっていますね。白いラーメン丼はやや大きめで底が深く、ゆったりとした盛り付けとなっていました。麺が細めなためか大盛り仕様はなく、「替玉(150円)」設定となっていました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

「ラーメン」の麺ですが、先述したとおり細めのストレートのもの。「普通」指定ということで柔らかすぎることなく、ほど良い茹で加減の麺となっています。ある程度予想出来たことですが、麺は「かため」の方がより喉ごしの良さを感じたでしょうね。まあ今回は初訪問でしたし、そちらは次回以降の選択としましょう。その麺に絡むスープですが、金武町産のあぐー豚(キンアグー)を用いたという、濃厚な豚骨醤油ラーメンとなっています。スープにはやや粘度があり、そのままにしておくとすぐに表面に油膜が張っていました。味わい的にもそうですが、この粘度感もまた“豚骨”らしくて良いですね。ストレートの細麺に良く絡んでいました。ライスにも良く合うタイプの一杯だったかと思います。

9沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

「唐揚げ(小)+ライス」の画像です。
セットの唐揚げは「小」扱いで3個入り、下にレタスが敷かれていてカットされたレモン、また香辛料も添えられてとても丁寧な作りでした。何より熱々の揚げたてなのが嬉しかったです。一個はそう大きくないものの、とてもジュ―シューで食べ応えがありました(若干提供のタイミングが遅れたのも出来たて提供を心掛けていたからでしょうね)。ライスの器もゆったり大きめで、充分な分量がよそわれていました。豚骨仕立てのラーメンに唐揚げ、そしてライスと、とてもバランス良く食べ進めることが出来ました。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

10沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

大事な部分なので「唐揚げ(小)」のお皿のアップ画像です(笑)
最近の「沖縄のラーメン店」では、サイドメニューに唐揚げを提供されるお店が本当に増えましたね。「ラーメン 紀琉」さん的にはアグー豚を推しているようですので、お勧めは餃子だったかもしれませんが、本当に出来たて熱々を頂けたのは嬉しかったです。

ラーメン単品にサイドメニューまで、とても丁寧に作られていて美味しく頂けたのですが、やはり立地的に目立たず専用駐車場がないというのも「沖縄のラーメン店」としては、来店までのハードルがやや高そうですね。今回の訪問で基本の「ラーメン」は頂きましたので、次回は150円増しとなる「黒ラーメン」を試してみたいものです。そうそう、今回は事前情報も無く、卓上のお品書きも文字のみだけでしたので、実際にお目にかかるまでとてもワクワク感があったかも。「黒ラーメン」の注文まで、ネット上で“ネタバレ”など目にしないよう、気を付けることにしましょう(まあ当ブログ自体が言ってみればネタバレサイトなんですけどね(^_^;))

11沖縄 ラーメン 那覇市 紀琉 らーめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市東町12-1
電話:那覇市東町12-1
営業時間:11:00-23:00(売切次第終了)
定休日:当面は無休とのこと
駐車場:無し

ラーメン 紀琉ラーメン / 旭橋駅県庁前駅壺川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1466-c880595e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。