スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん 名嘉商店 「焦がし醤油つけめん」

1沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 焦がし醤油つけめん

こんにちは、「らーめん 名嘉商店」の公式ブログ主です。
……ハイ、もちろん冗談ですが(笑)、それくらいの勢いで「名嘉商店」を取り上げ続けています(今回で連続四回目)。理由については前回記事でも書いたとおり、「未食の品目であるつけ麺」の提供を始めると「名嘉商店」の店主さんから聞いており、その予定日に伺っていたのですが試行錯誤が続いているらしく、ここまで提供に至らなかったということです(せっかく訪れたのでその都度「ラーメン」を頂いていました)。今回は冒頭の記事タイトル・画像をご覧のとおり、ようやく「つけ麺」を頂けることとなりました。ということで、那覇市壺川の「らーめん 名嘉商店」へ行って来ました。お店には、昼過ぎの訪問となっています。

2沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 焦がし醤油つけめん

「らーめん 名嘉商店」のお品書きです。
先述したとおり、これまで“ただいま研究中”のシールが貼られていた「焦がし醤油つけめん」が、本日(2015年6月18日)いよいよ解禁となりました。当初780円での提供予定だったようですが、750円に書きなおされていますね。トッピング要素はラーメンと共通のようですが、「大盛(100円)」も可能なようです。ちなみにラーメン側には新しく「替玉(100円)」が追加されています。ラーメンの方は計算された盛り付けをされていますので、バランス的に大盛りは難しいのでしょうね。さて今回の注文ですが、待望(笑)の「焦がし醤油つけめん(750円)」をお願いすることにしました。どのようなタイプのつけ麺か不明ながらも、思い切って(?)「白ごはん(120円)」も追加注文です。

3沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 焦がし醤油つけめん

程なくして運ばれた「焦がし醤油つけめん」です。
運ばれるまでは見た目の想像などまったく出来なかった(しなかった)のですが、実際に目の当たりにしてみますと、確かに「名嘉商店」のカラーが色濃くでた「つけ麺」となっています。つけ汁は粘度の高くない醤油の濃い色合いのものとなっており、麺側の具材もお馴染みラーメンと共通なものとなっているようです。……ここでちょっと余談ですが、実は今日は(も)「焦がし醤油らーめん」を頂くことになっても良いかな、などと道中思っていたのでした。残りの追加トッピング要素は「全部のせ(250円)」のみとなっているのですが、その構成がとても気になっております。次回以降に持ち越しとなりましたが、気になり具合を引きずるようでしたら、あまり期間を空けずの再訪もあり得るかもしれません(笑)

4沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 焦がし醤油つけめん

「焦がし醤油つけめん」の麺側器のアップ画像です。
底の深い器に冷水で締められた麺がこんもりと盛り付けられています。丸々と山になっていて、これはまたラーメンとは違う意味で綺麗な盛り付けとなっていますね。具材としては「名嘉商店」お馴染みの極太メンマが二本に、チャーシューが二枚となっています。つけ汁側には白葱が浮かんでいました。具材の構成としては、ごくシンプルなものとなっているようです。

5沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 焦がし醤油つけめん

「焦がし醤油つけめん」の麺ですが、中太のやや捻りが入ったもの。「つけ麺」の麺としては細めといって良い径になるのでしょう。しっかりと冷水で締められた麺に対し、つけ汁が熱々なのは有り難かったです。その麺に絡むつけ汁ですが、「焦がし醤油」というだけあって、香ばしさを感じる醤油ベースの作りとなっていました。「つけ麺」のつけ汁というだけあってそれなりに塩梅も強いのですが、粘度のあるタイプではなくさらりとしており、細めの麺ということもあって食べやすい作りとなっています。割りスープなども特に用意はされていないようでした。またアクセントになっているのでしょうか、つけ汁には唐辛子でしょうか辛味も含まれており、ほど良く食欲を刺激してくれたようです。今回は普通盛りということもあって、一気に麺を啜り尽くしました。

6沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 焦がし醤油つけめん

食べ始めてすぐに並行して「白ごはん」を頂くタイプの「つけ麺」ではないと悟り、麺を啜り尽くした後に、つけ汁側に丸々ライスを投入しておじや風にしています。つけ汁は粘度がないため「つけ麺」と一緒にはライスは頂きにくく、最後の方でレンゲで掬うように頂きました。意識してチャーシューやメンマを残すようにしましたので、具材を含めて後半はお箸ではなく、レンゲを使って完食となりました。

「名嘉商店」らしさの感じられる品目で、実際に美味しく頂けたのですが、やや後半は単調だった部分があったかもしれません。追加のトッピング要素も「ラーメン」と同じく用意されていますので、「のりと玉子(150円)」を加えるだけでも、見た目や味わいがまたがらりと変わるのでしょうね。「つけ麺」については試行錯誤がまだ続いているようですので、極端な変化はないかもしれませんが、また期間を置いて(追加要素も加えて)頂きたいですね。……うーん、ひょんなことから個人的に妙に愛着のわくお店になりましたので、またそう遠くない内に訪れることになりそうです(^_^;)

7沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 焦がし醤油つけめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県覇市壺川1-13-5
電話:098-834-8451
営業時間:11:00-21:00
定休日:水曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1457-42728939










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。