スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん 名嘉商店 「濃口醤油らーめん(3) 肉もり」

1沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 濃口醤油らーめん肉もり

那覇市壺川の「らーめん 名嘉商店」へ行って来ました。
まさかの3回連続同店・同品目更新!(笑) どれだけ「名嘉商店」推しかと思われるかもしれませんが、これには訳がありまして……(^_^;) 当ブログの基本的な方針として、「未訪のラーメン店か既訪でも未食の品目を優先」というのがあるのですが、「未食の品目」として「つけ麺」の提供を始めると「名嘉商店」の店主さんから聞いていたのでした。……なのですが、予定は未定ということで、予定日に訪れても未だ試行錯誤をされているらしく、解禁には至ってないようでした。そろそろ店主さんもプレッシャーを感じて来ているかと思いますが、こちらはこういった状況も楽しんでいたりします(笑) お店には、平日のお昼過ぎの入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 濃口醤油らーめん肉もり

「らーめん 名嘉商店」のお品書きです。
先述したとおり、「つけ麺」については“ただいま研究中”のシールが貼られている形になっています。必然的に「濃口醤油らーめん」一択の注文になりますね。過去二回は「ラーメン単品」に、ラーメン+トッピング要素追加で「のりと玉子(150円)」の注文となっています。さて三回目の訪問となる今回は、「濃口醤油らーめん(700円)」に未食となるトッピング要素の「肉もり(250円)」をお願いすることにしました。そうなりますと「白ごはん(120円)」の注文も必須になりますね(笑)

3沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 濃口醤油らーめん肉もり

程なくして運ばれた「濃口醤油らーめん(肉もり)」です。
今回で三杯目の「濃口醤油らーめん」を頂くことになるのですが、見た目ではやはり前回の「のりと玉子のせ(150円)」に華やかさがありますね。今回は「肉もり(250円)」を追加注文したのですが、上部の葱やメンマの盛り付けに隠れ、初期状態ではもうひとつ「肉が盛られた感」がありませんでした(とその場ではそう感じたのですが、画像で見返すと思いのほかチャーシューがラーメン丼上を覆っています)。また、この日は店主以外に女性の店員さんがお二人に男性店員お一人が加わっていました。現在のところ通し営業ですし、店主さんお一人では厳しいものがあるのでしょう。

4沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 濃口醤油らーめん肉もり

「濃口醤油らーめん(肉もり)」のアップ画像です。
今回は上部に載せられている各種具材で目立ちませんが、実はこちらは麺の盛り付けにちょっと特徴があるのですよね。麺をラーメン丼に移す際に、その麺を折り畳むように重ねて盛り付けています。結果、麺が濃い色合いのスープから浮かび上がって見た目に情報量が増え、とても美味しそうに映ります。ちょっとした工夫なのでしょうが、個人的にはとても視覚的に大きな効果を与えているのだろうと思います。

5沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 濃口醤油らーめん肉もり

「濃口醤油らーめん(肉もり)」の麺ですが、細めのストレートのもの。径はやや細めながらも、口中でしっかり存在感のある茹で加減となっていました。噛みごたえというより、喉ごしを味わう仕様となっており、個人的に好きなタイプの麺のひとつだったりします。その麺に絡むスープですが、色合いこそ濃口醤油を用いていて濃いものの、ベースはとても澄んでいて、見た目にも丁寧に作られていることが伺えるものとなっています。塩梅もほど良く、スープ表面に浮かぶ香りが移った油分が味わいに深みを加えてくれているようです。生姜の風味が結構効いているのですが、この日は女性店の員さんが厨房でめっちゃ刻んでいましたね(笑) そうそう、記載が前後しましたが、標準の具材としては大判のチャーシューが一枚に極太のメンマが二本、青葱に白葱となっています。メンマが極太で、こちらもまた本品目を特徴付ける具材になるのでしょう。

6沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 濃口醤油らーめん肉もり

「肉もり」として追加されたチャーシューを、ライス側に載せてみました。
「名嘉商店チャーシュー丼」といったところでしょうか?(笑) 標準で大判のチャーシューが一枚付いているのですが、今回は全体で五枚、つまり四枚が新たに追加されたことになりますね。柔らかくしっとりとした食感に仕上げられており、これまた美味しい一品でありました。ところで本文中では盛り付けもあってか、あまり追加のチャーシューが目立たない印象などと書きましたが、五枚分となると、かなり分量多めに感じました。ライスはもちろん、ラーメンとも一緒にチャーシューを口に運んだのですが、三枚あれば充分なバランスですね。二枚は最後の方でほぼチャーシューのみで頂くこととなりました。チャーシューが何枚付くか判りませんが、追加トッピング要素としては「肉もり」と同値段の「全部のせ(250円)」が一番バランスが良いのかもしれません。

7沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 濃口醤油らーめん肉もり

なぜか中盤のラーメン丼の様子を写していました。
どうもはっきりと覚えていないのですが、チャーシューを全部ライス側に移した様子を見せたかったのか、それとも前回訪問時から用意されていた、卓上の「ブラックペッパー」を利用していないのを見せたかったのか……(後者っぽいです)。個人的にですが、ラーメン店ではお馴染みの味になってしまう、(GABANの)ブラックペッパーは「味変」が目的としても、こちらでは特に必要性は感じませんでした。短期間に三杯目となる本品目ですが、飽きが来ることも無く美味しく頂けています。麺を啜り尽くし、最後はスープの一滴も残さず完食です。

さて、次回訪問時こそぜひ「つけ麺」を頂いてみたいものです。そろそろ店主さんも用意してくれることでしょう(……などと、プレッシャーをかけてみたりして(笑))。まあ仮に再々々時に提供まで至らなかったとしても、まだラーメンから「全部のせ」の選択肢が残っております。ただ、トッピング要素が異なるとはいえ、四回連続同品目記事掲載はラーメンブログとして避けたいところですね。単純に頂く側の視点としましたら、美味しく楽しんでいますのでまったくオッケーなのですが(^_^;)

8沖縄 ラーメン 那覇市 名嘉商店 濃口醤油らーめん肉もり

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県覇市壺川1-13-5
電話:098-834-8451
営業時間:11:00-21:00
定休日:水曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1456-1150e32d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。