スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おつな味 「モリンガつけ麺」

1沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

浦添市牧港の「おつな味」へ行って来ました。
最初に書いておきますがこちらはラーメン店ではなく、分類するとなると定食屋さんあたりになるでしょうか。お店は58号線沿いにある沖縄銀行牧港支店から、ちょうど一本裏の路地に入った場所にあります。たまたまその道を通りがかった際に、「冷たいモリンガつけ麺あります」という看板が目に入り、ずっと気になっていたのでした。「つけ麺」だけでしたらまだしも、「モリンガ」つけ麺とは何ぞや? とは誰に聞いても当然の疑問符だと思います(^_^;) お店には、平日のお昼過ぎの訪問となりました。

2沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

先述した、店頭で見かけた看板です。
どちらかと言うと「沖縄そば」を推しており、「つけ麺」はややおまけ気味なアピールのようですが、充分に反応させて頂きました(笑) ところでこちら「おつな味」ですが、現在の店舗に移転してからはそう年月は経っていないようですが、以前の営業店舗まで含めますと、どうも30年もの歴史ある老舗店のようです。大通りから近くではありますが、比較的目立たない立地のため、お客さんは地元の常連客が中心だろうと思われます。

3沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

「おつな味」のお品書きです。
席上にはメニュー表はなく、壁際に掲示された分ですべてのようです。イメージ的には安価でボリュームのある「沖縄食堂」といった雰囲気ではなく、ほんの少し単価が高めなお洒落な品目提供となっているようでした。大体700円超から800円といった価格帯でしょうか。大枠どのような内容かというと『マグロの刺身定食(730円)・牛ロースときのこのデミグラスソース(780円)・高原豚の生姜焼(780円)』などとなっていました。ぱっと見て「モリンガつけ麺」なるものが探せなかったので、店主らしき方に提供されているか訊いてみました。

4沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

別途画像で掲示されていた「モリンガつけ麺」のお品書きです。
正確な品目名は「モリンガつけ麺定食」になるらしく、お値段は同じながらも構成によって二種類用意されているようでした。「モリンガつけ麺」とは別に、メインとなるプレートから「鶏の唐揚げ」か「白身魚フライ」のどちらかを選ぶ形になるようです。構成が定食となっており、ふつうの単品「つけ麺」をイメージしていたので、画像が目に入っていても気づけませんでした。さて今回の注文ですが、お目当ての「モリンガつけ麺(780円)」で、プレートはもちろん(?)個人的な嗜好から「鶏の唐揚げ」を選択です。

5沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

待っている間に店内の様子を写してみました。
先述したとおり提供品目も「沖縄食堂」といった内容ではなく、内装自体シックなちょっとお洒落な喫茶店風でありました。お店はやや年配の店主らしき男性の方と、若い男性の方お二人で見られているようです。ただお店の名刺には代表で、女性の名前が記されていました(通常はご夫婦で営業されているのかも)。

6沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

お店の一角にフライヤーなどが置かれており、そこで確認出来たチラシです。
なんでも居酒屋さんがランチ営業でつけ麺を提供されているらしく、“行列の出来るつけ麺店”である「三竹寿」とのコラボつけ麺をランチタイムに提供されているのだそう。お店は那覇市おもろまちの「旬鮮海鮮炭火居酒屋 絆家」というお店で、実は既に訪問済みだったりします。近日中に記事をアップする予定です。ちなみに前回の雑談記事で記した「浦添よりみち」のリーフレットもこちらで入手しました(「おつな味」も当該企画クーポン参加店です)。

7沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

さて結果的にやや勿体ぶった記事展開となりましたが、謎の「モリンガ」についてです。
なんでもネットで軽く調べたところ、『モリンガは、地球上で今まで発見された可食植物の中で、もっとも高い栄養素を含んでいる事が分かっています。 栄養満点の葉には、β-カロチンやビタミン、ミネラル、カルシウム、ポリフェノール、必須アミノ酸・非必須アミノ酸など、90種類の天然の栄養素がバランス良く含まれています。欧米諸国では以前よりこのずば抜けた栄養価に注目が集まっており、国連の『世界食糧計画』にも採用されて』いるのだそう。画像はこれまた店内に置かれていたチラシですが、地元浦添市牧港にモリンガの農園があるようですね。お茶やサプリ、また料理用のパウダーとして商品化されているようです。地産地消の有用なお野菜と言えますね。

8沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

程なくして運ばれた「モリンガつけ麺定食」です。
これはなかなかの迫力です。「モリンガつけ麺」とは別に、「サラダ付の鶏の唐揚げ」プレート、「ちきなーチャンプルー」に「厚焼玉子」の小鉢、お漬物のお皿が付いていました。定食ではありますがご飯は付いてなく、鶏の唐揚げが美味しかったことから、ほんの少量でも良かったので欲しかったです(単品ライスはメニューに見当たりませんでしたが、お願いしたら別途提供してくれたかもしれません)。ただ分量的にもお値段的にも、実際に頂く前に見た目に充分満足感のある品目構成となっていました。

9沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

「モリンガつけ麺」の麺のアップ画像です。
先述した「モリンガ」は麺に練り込まれているらしく、濃緑色の麺となっています。中央には刻み海苔が載せられていました。麺の表面は滑らかで光を反射し、見た目にも綺麗な麺でありました。麺の下には沖縄らしく(?)月桃が敷かれていました。“冷たい麺”であることも売りのようですので、夏向きの品目になるでしょうか。全体的に見た目にも涼やかです。

10沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

「モリンガつけ麺」の麺ですが、中細のやや捻りが入ったもの。きっちり冷水で締められており、麺もそうですがつけ汁もよく冷えてて、見た目もそうですが実際にも涼やかな麺となっていました。くだんのモリンガは麺に練り込まれており、また独特な風味のある月桃が麺の下に敷かれていたことから、ほのかに植物系(?)の風味が漂って来ます。あと品目名が「つけ麺」であることから、あくまでも“つけ汁”という表現をしましたが、これは和風な“めんつゆ”ですね。別皿には刻み葱とわさびが用意されており、ラーメン(つけ麺)店的品目イメージからは、かなり遠いものでありました。ですがもちろんのこと、美味しく頂いております!

11沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

ある意味「モリンガつけ麺」との二枚看板(?)となる、定食セットの「鶏の唐揚げ」です。
画に描いたように「肉厚で表面はカリッとなかはジューシー、熱々出来たての鶏の唐揚げ」でありました。基本的に鶏肉料理でしたらどのような作りの品目も楽しめるのですが、一般的にも判りやすく美味しく頂ける一品だったかと思います。ぐっと追加注文を我慢しましたが、半膳分だけでもご飯が欲しかったかも(^_^;) 美味しく完食させて頂きました!

12沖縄 つけ麺 浦添市 おつな味 モリンガつけ麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市牧港1-55-1
電話:098-878-7883
営業時間:11:00-22:00(LO 21:00)
定休日:不定休(木曜日は14:00まで)
駐車場:有り(店舗前に2~3台のスペース)

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1450-5e6a2730










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。