スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らあめん花月嵐 南風原宮平店 「台湾まぜそば」

1沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば 

南風原町宮平の「らあめん花月嵐 南風原宮平店」へ行って来ました。
本日(2015年4月28日)より期間限定発売となる、「台湾まぜそば」を頂くために来店となりました。「花月」ではお馴染み期間限定麺になるのですが、今回はちょっとイレギュラーな発売日程ですね。いつも月の最初の水曜日に発売される形なのですが(実際に「嵐げんこつらあめん ゴースト」が提供され当ブログでも紹介しました)、今回は5月最初の水曜日はGW期間に掛かってしまうため、かなり前倒しをして4月28日(火)の発売となったようです。はい、やっぱり「花月」比率の高いラーメンブログです(^_^;) お店には、夕方過ぎの訪問となりました。

2沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

恒例の卓上に用意されたリーフレットの紹介です。
左側の小さなリーフレットが今回の期間限定のもの、右側の大きなリーフレットが来月発売の期間限定のものとなっています。次回の期間限定麺は「ラーメン街道一番星 湘南潮味」になるのだそう。「ラーメン街道一番星」は定期的に発売されている期間限定品目で、「家系風」な豚骨醤油味の印象が強いのですが、潮味・味噌・カレーなどの種類があるのだそう。そうそう、「カレー風味」のヤツは「家系カレー風味」といった印象で、なかなか斬新な美味しさがあった記憶があります。県内で限定でもどこかでやって欲しいものです。今回の潮味は、7年振りの発売になるようですね。

3沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

大きなリーフレットを開いてみました。
前回は一枚のペラ紙だったのですが、今回はまた元に戻り見開けるようになっています。一枚でも新品目の情報としては充分だと思っていたのですが、また別の新商品の情報がさらりと載っていました。なんでも次回期間限定と同時(6月3日(水))に、グランドメニューとして「嵐げんこつバリ辛らあめん」が帰ってくるのだそう。「花月」に良く訪れるようになってから見ていない品目ですし、なによりいまでは辛いものを好むようになっています。これは楽しみな一杯です。といいますか、6月はも「花月」に二度訪れる必要がある(^_^;)?

4沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

通常のレギュラーメニュー表が新品になっていたようなので、何気なく内容を確認してみました。
理由が判りました。GWも明けた次の週、5月13日(水)には恒例の夏季限定となる「冷やし中華そば 彩夏(740円)」が新たにお品書きに加わる形になるようです。……アレ? 今回の期間限定が前倒しになったことから、5月の「花月」訪問はなくなったと思ったのですが、結局立ち寄ることになるのかな?(^_^;)

5沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

さて入店時に食券を購入し、既に今回のお目当てとなる「台湾まぜそば(780円)」は注文済みなのですが、一度「花月」でやってみたかったことを敢行しました。以前こちらの出店舗で貰ったクーポンを利用して「グラスビール(本来は300円)」に加えて、花月マスターの無料トッピングから別皿で「メンマ(本来は100円)」を、そしておつまみにぴったりという「豚もやし(100円)」をすぐに運んで貰い、ちょっとした「花月飲み」です。メンマが別皿なのを良いことに、卓上の無料の壺ニラも添えてみました。いやぁ、これは良いものです(笑) 沖縄では「花月」はファミレスのような印象がありますが、内地の方では結構お店で飲まれる方も多いようですね。今回たまたまクーポンがあったことと、元から具だくさんな「台湾まぜそば」に新たにトッピングを加えてもあまり似合わないと思っていたのでちょうど良かったです。これでのんびりと待つことが出来ました。

6沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

程なくして運ばれた「台湾まぜそば」です。
ミニスープが付いているため、トレイに載せられて運ばれて来ました。「ライス(100円)」も載っていますが、これは別途注文したものとなっています。後述もしますが、「台湾まぜそば」に関連する独特な言い回しに「追い飯」があり、ライスの注文もお勧めされていました。まあお勧め以前に、ほぼ毎回のようにご飯の追加注文はしているのですけどね(^_^;)

7沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

「台湾まぜそば」のアップ画像です。
てんこ盛りな具材の豊富さも「台湾まぜそば(一般的にいうまぜそば含めて)」の魅力のひとつとなっていますよね。中央には台湾ミンチと呼ばれる濃厚な味わいの挽き肉に卵黄、ざっくりとした刻み葱に海苔、粉上のものはサバ節で、更にこれまたざっくりと彩りの良いニラとなっています。ニラの上には刻みニンニクが載せられていますが、これは注文時に店員さんから追加の有無を聞かれました。もちろんのようにお願いをしています。

8沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

「台湾まぜそば」の麺ですが、熱々な状態のもっちりと弾力感のある太めのもの。すぐに混ぜ合わせることになるのですが、事前に麺にはタレがしっかり絡ませていました。ムラなく美味しく頂けるので、この作り方が個人的にも好みです。また特に中央のぷっくりとした卵黄が象徴的なのですが、全体に盛り付けが綺麗ですね。

9沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

まあ結局、すぐにぐっちゃりと混ぜ合わせることになるのですが(^_^;)
底の方に熱々のタレがあるようなのですが(奥の方ほど麺が熱い)、先述したとおりに事前に麺に絡ませているため、ムラなく廻ります。混ぜタレは醤油メインの濃厚なものですが、それに卵黄が絡まり、まろやかな味わいとなっています。挽き肉やサバ節粉、それとちょっと特徴的だったのが花山椒が掛けられていたらしく、ピリリとした痺れる辛味が良いアクセントになっていました。アレ、これはなかなか美味しい。実は今回の限定麺は当初はあまり乗り気ではなかったのですが(沖縄では結構あちこちで頂けるため)、丁寧で良く出来た一杯でありました。

10沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

ライスの方には恒例の壺ニラを載せたものに、今回はおつまみ用だった「豚もやし」も載せております。秘伝のタレも掛けていますが、今回は絞り生ニンニクはお願いしませんでした。「台湾まぜそば」に既に追加していますし、元からあまり入ってなかった卓上の壺ニラの瓶も代えて貰ったので、さすがに遠慮しております。

11沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

トレイに敷かれていた説明書きです。
上の画像ではライスの器で隠れていましたが、ここでは「追い飯」の説明書きがされています。抜粋をしてみますと『麺を食べ終わったら、丼に別注文の「ライス」を投入!! タレと具材に混ぜて食すのが、本場名古屋の食べ方』なのだそう。

12沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

ということで「追い飯」をしてみました。
実は恥ずかしながら、二杯目の「ライス(100円)」を追加注文しております(左上に空のライスの器がふたつ……)。最初の一杯は「豚ニラもやし丼(いま命名)」で頂き済みとなっております。先ほどの説明では「麺を食べ終わったら…投入」とあったのですが、思いのほか麺に絡むタレには粘度があり、麺を食べ終わったら味が付かなくなるだろうと早目に入れました。食べ応えのある麺に本日二杯目のライスということもあり、最後は炭水化物祭りでがっつりべ終えることとなりました。

今回の“名古屋めし”である「台湾まぜそば」ですが、その発祥は明確なようですね。なんでも2008年10月に、名古屋市の「麺屋はなび高畑本店」の主人が作りだしたのだそう。2008年といえば、ごくごく最近生まれたばかりです。以前から言われていることですが、沖縄はラーメンの歴史が浅い分、新しい品目の流れを取り入れるのが早いです(良いとこ取りみたいな)。そういう意味で限定麺といえど逆にあまり新鮮味は感じなかったですが、今回意外と楽しんで頂くことが出来ました。

13沖縄 南風原町 花月南風原宮平店 台湾まぜそば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南風原町字宮平251
電話:098-888-1233
営業時間:11:00 - 25:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1436-34189111










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。