スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天神矢 「烈震」

1沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

那覇市牧志の「天神矢」へ行って来ました。
当ブログ上で「激辛チャレンジ」などを行っている自分ですが、ふと思い出しました。まだ「天神矢」が「コトブキ」の店舗内店舗のように限定的に出店していた頃、辛過ぎて食べきれないようなつけ麺を提供していたことを(当時は「烈神」という品目名でした)。しかしあれから自分も成長しました!(成長したというか辛さに鈍くなっている部分もあるのかも(^_^;))。近隣に所用があったこともあり、辛さ耐性の低かったあの頃に比べていまではどうなのか試してみることにしました。お店には、休日の夕方頃の訪問です。

2沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

「天神矢」のお品書きです。
基本の取り扱い品目はそう大きく変わってないようですが、ラーメン品目についてはネーミングの頭に“天神”の文字が入るようになっていますね。その後に「醤油(650円)」・「魚介塩(700円)」・「味噌(750円)」・「辛味噌(750円)」・「白兎(750円)」などとスープ種類別に名前が当てられています。品目名のそばには説明書きもされており、以前に比べますと非常に判りやすくなっています。ちなみに最後の「白兎」のみ内容の想像しにくい名称なのですが、「牛乳を使った味噌ラーメン」なのだそう。ラーメンの「大盛(100円)」の対応もされていますね。以前は「替玉(150円)」のみだったような……。久しぶりに訪れますと、やはり色々と細かな変化を見せるようです。さて今回の注文なのですが、目的となるつけ麺のなかから、“旨辛味噌つけ麺”の「烈震(750円)」をお願いすることにしました。辛さが選べ、『1~10段階』のなかからもちろん「10段階目」をオーダーです。

3沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

トッピングの項のアップ画像です。
こちらも種類が豊富な上、ほど良く値段がバラけているのが良いですね(全部100円という価格設定より、価格に上下があった方がなぜかワクワク感を覚えます笑)。いつかは例のアレをやってしまうかも……(^_^;) ところで「天神矢」でユニークなのが、『トッピング商品にプラス100円でつまみメニューにアレンジします』というもの。メンマなどはそのままでもおつまみにもなりそうですが、のりやバターなどはどう手を加えるのか、ちょっと興味を惹きますね。いつかアルコールが入った時にでも、締めのラーメンと共に試してみたいものです。

4沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
「コトブキ」時代から受け継がれる、店内の独特な雰囲気は健在です。さきほどお品書きのトッピングの項に記されていましたが、無料サービスの「ニンニク、豆板醤、紅ショウガ」などは必要に応じて店員さんに声かけをするのだそう。以前は席上に据えられていましたが、現在はそのような方式になっているようです(お酢などはそのまま置かれていました)。

5沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

程なくして運ばれた「烈震」です。
つけ汁の方は濃厚な味噌ベースということでそこまで目立ちませんが、それでも辛さ「10段階」に指定したこともあり、辛さが伺える赤味がかかった色合いが見て取れます。ニラの鮮やかな緑色がかえって対比となり、そういった印象を際立たせます。ちなみに「烈震」は“旨辛味噌つけ麺”表記ですが、もう一品のつけ麺である「那峰(なお)」は、“濃厚味噌つけ麺”表記となっています。ちなみにお値段は同じ750円です。

6沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

麺側のアップ画像です。
具材はこちらに載せられていますね。半玉にチャーシュー、メンマなどとなっています。器がそう深くない分、たっぷり並々と盛られています。ちなみにつけ麺の麺に関しては『大盛(100円)・特盛(200円)・「超盛(300円)」』まで用意されており、さすがに「超盛」あたりになりますと、もっと大きいサイズの器に変えられるかもしれません。

7沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

つけ汁に麺を投入し、さっそく頂きます。
「烈震」の麺ですが、中太のほぼストレートのもの。つけ麺の部類でいえばやや細めにあたるかもしれません。表面は滑らかながらも角があるタイプで、口中でくっきり食べやすくも食べ応えのある麺となっています。その麺に絡むつけ汁ですが、はっきりと赤い辛味分が見えています。うん、「10段階」めということもあり、これはやはり辛かった。本来は啜りやすい径の麺ながらも、辛さのために少しペースダウンです。しかしながら濃厚な味噌味も加わっているため、確かに旨辛に昇華していますね。辛さのなかに旨さを感じつつ、美味しく食べ進めることが出来ました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

やや遅れて運ばれて来た「ライス」や、麺側の具材を一緒に投入しました。
どうにもペース配分が掴めずに同時投入です(^_^;) お品書きに記されていた説明書きによりますと、『天神矢と言えばおじや! 残ったミソスープにライスを入れるべし! おすすめはニンニク、豆板醤、酢を少々』なのだそう。豆板醤を加えても「烈震」では味の変化をそう感じなかったでしょうが、ニンニクは合っていたかも。食べ進めるタイミングもありますし、やはり卓上にあった方が使い勝手は良いですね。旨辛なつけ汁をライスがたっぷりと吸い、麺はもちろん最終的につけ汁まで含めて完食です。

今回は激辛品目のなかから記憶に残っていた「烈震」をお願いしましたが、ラーメン品目である「天神辛味噌(750円)」でも同様に1~10段階まで辛さを選べるのだそう。次回の機会がありましたらそちらをお願いしてみても良いですね。そうそう、本文中でも触れましたが、トッピングのおつまみメニューへのアレンジも気になります。次回がいつになるか判りませんが、おそらくその辺りを踏まえてきっと夜間の訪問になることでしょう(笑)

9沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 烈震

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-16-16
電話:090-9974-3577
営業時間:11:00-14:00 17:00-23:00
定休日:不定休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1435-9dbbbe65










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。