チャイニーズキッチン 金龍 「五目とろみラーメン」

金龍 金龍麺1

「金龍」は那覇市ジャスコのある通り(モノレールが通っている路面)から、一本なかへ入った場所にある、中華料理を提供しているお店です。これまで何度か通りがかったことはあるのですが、実際に入店するのは今回が初めてになります。表通りには飲食店が多いですので、その喧騒からは少し外れた場所にある店舗ですね。お店には開店時間の午前11時に到着しました。

金龍 金龍麺2

店内に入り、メニューから麺類の項を見ますと……どうも品目が、先週訪れた「桂林」に酷似しています。一般的な中華料理店がどのような麺類を提供しているかよく判りませんが、単純に品目だけではなく、記載の並びや表記方法まで似通っていますから、おそらくお店同士で何らかの関係があると思われます(価格は金龍が20~30円安い設定)。お店の名前を冠したラーメンも同様にあるのですが、こちらも表記を見る限り、同系統の麺となっているようです。比べる意味も含めて、今回はその「五目とろみラーメン(金龍麺)(600円)」を注文することにしました。ついでに「海老チャーハン(550円)」と「一口ギョーザ(300円)」も追加でお願いしました。

金龍 金龍麺3

お客さんが誰もいなかったので、店内の様子も撮影してみます。
「桂林」と比べると、「金龍」はよりライトなファミリー向けといった雰囲気ですね。入り口側には、一人でも気軽に食事が出来るカウンター席も用意されています。中華料理自体の用意されている品目も、「桂林」と比べてかなり少ないように感じました。

金龍 金龍麺4

程なくして運ばれた「五目とろみラーメン」です。
まずはレンゲでスープを掬って飲んでみたのですが、ちょっと驚いたのがとろみがほとんど感じられなかったことです。通常は「五目ラーメン」(こちらもメニューにあります)の時点でとろみがあるものなのですが、それに更に「とろみ」の語が加わっているものの、前述のようにとろみ感はありませんでした。とろみが無い分なのか、「桂花」の桂花麺よりスープは熱々ではなく、食べやすくはありましたが(しかしちょっと拍子抜けではあります(^_^;))。 

具材なのですが、かなりの種類が入っていました。ホウレン草、人参、筍、木耳、豚肉、烏賊、海老、レバー、ヤングコーン、ツクリタケ……後々から出てくるので漏れているのもあるかも(^_^;) 具だくさんなのは良いのですが、種類が多すぎてバランスが取れてないような気もしました。レバーが結構入っていて、これがまた味が強くて全体に馴染んでいないようです。逆に海老はぴったり一個だけだったのですが、具材はちゃんと量られて用意されているのかな? 麺はかん水が効いているのか、くっきり「中華麺」といった味わいのものです。器の高さは深い物ではないのですが、ぎっしりスープの中に麺が詰まっている感じで、見た目の印象より麺を食べ尽くすのに時間が掛かりました。

金龍 金龍麺5

別途注文した「海老チャーハン」と「一口ギョーザ」です。
餃子が先に運ばれてきたこともあって、一個食べてしまいましたが本当は六個入りです(^_^;) 炒飯は素直な味付けで、ぷりぷりの海老が結構な量が入っていましたね。餃子の方は八角が入っているのでしょうか? ちょっと香りと食感に癖のある作りのものでした。

実際に関係しているか確認を取ったわけではないのですが、店舗内の雰囲気と同様、「桂花」のラーメンと比べるとより大衆向けといった作りだと感じました。価格も若干抑えられてはいますが、満足感はこちらが少しばかり薄かったかな? 順番で少し厳しい見方になったかもです(^_^;)

金龍 金龍麺6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★☆(5.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市田原4-7-1
電話:098-858-8070
営業時間:11:00-22:30
定休日:火曜日
駐車場:有り

金龍中華料理 / 小禄駅赤嶺駅奥武山公園駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/143-7fa6d42c