スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蘭桂坊 「肉醤麺」

1蘭桂坊

那覇市牧志の「蘭桂坊」へ行って来ました。
はい、今回も埋もれていた画像からサルベージした記事となります。記録を見ますとほぼ一年前に訪れていますね。「蘭桂坊」は過去記事にした覚えがあるのですが、何故か見つかりません。よくよく探してみますと単独記事ではなく、「らあめん放浪記」の何店舗かのまとめ記事に収録されていました。その際はアルコールが入っていたこともあって、デジカメのダイヤルからレンズが絞られており、暗い画像ということで別記事にしていたようです。そういうこともあってか早くの再訪となったようですが、二度目の訪問もあまり写りは良くありませんでした。このまま埋もれてしまうのも申し訳ない(?)ので、改めて記事に起こすことにします。お店には、週末の午後9時過ぎの入店となりました。

2蘭桂坊

お店のお品書きから飲み物の部です。
「蘭桂坊」のイメージとしては、おつまみ寄りの中華(台湾?)料理を提供する、ちょっとお洒落な飲み屋さんといったところですね。ビールや紹興酒などを提供するなか、「麦職人(缶)(350円)」などが用意されているあたりカジュアルです。ということで、アルコールはそちらを注文です。

3蘭桂坊

ご飯や麺、汁物にセットメニューの部です。
前回訪れた際は「酸辣湯麺(750円)」を頂き、他のラーメン店的品目としては「肉醤麺(750円)」に「サラダたっぷり冷麺(880円)」が用意されていました。この日は探せなかっただけかもしれませんが、スープとして「酸辣湯」はあったものの、麺入りのものはなかったですね。さて麺ものの注文として、必然的に「肉醤麺(ロージャーメン)(750円)」をお願いすることにしました。

4蘭桂坊

酒肴や点心、一品ものが記載されたメニューです。
今更なんですが、おそらくブログ記事画像としては文字の判別が出来ていませんよね? お洒落系なお店の傾向として、お品書きの文字の大きさは小さめなのですよね(^_^;) こちらの各種品目は小サイズと並サイズがそれぞれ用意されており、お酒のおつまみとしては種類多く注文出来て飲兵衛には嬉しい仕様です。酒肴の部には「おつまみ7種盛り(780円)」という魅惑の品目が用意されていますが、今回は一品ものから「若鶏唐揚げねぎソース(並)(650円)」をお願いすることにしました。ここはやはり唐揚げです!(笑)

5蘭桂坊

程なくして運ばれた「若鶏唐揚げねぎソース」です。
実際の注文はこちらが先でした。正直なところ「並サイズ(650円)」なのか「小サイズ(500円)」だったのか、記憶もいまとなっては定かでは無いのですが、さすがにこの盛り具合で小サイズということはないでしょうね(^_^;) しっとり柔らかいねぎソースがかかった若鶏の唐揚げだけではなく、付け合わせのトマトに水菜、キャベツの千切りなど、盛り付けがとても綺麗です。麦職人は缶での提供なのですが、別途グラスも用意されました(この出し方は台湾あたりの趣向?)。

6蘭桂坊

先の品目を頂いた後に運ばれた肉醤麺(ロージャーメン)」です。
具材のトマトはちょっと被っていますが(笑)、こちらは中央に肉味噌(中華的には醤(ジャン?))が盛られた『汁無し麺』となっています。トマトもそうですが、胡瓜の瑞々しさがその彩りと共に食欲をそそられますね。肉味噌上には青葱と胡麻も散らさています。木製のレンゲは最後に残った具材を掬う用かな?

7蘭桂坊

「肉醤麺」の麺ですが、中太の平打ちストレートのもの。元より粘度のある肉味噌ということもあり、とても濃厚に絡みあっています。その濃い味わいの肉味噌とバランスを取るかのように、具材の瑞々しくも柔らかなトマトとパリッとした胡瓜が良い食感のアクセントになっていました。どっしりとした麺とのコントラストも良かったですね。食材としてトマトや胡瓜を敬遠する方も結構おられるようですが、幸いなことに好き嫌いのない自分は幸せなのだろうと思います(笑) がっつりと唐揚げも含めて完食となりました。

8蘭桂坊

ごちそうさまでした!

住所:沖縄県那覇市牧志3-12-12
電話:098-866-3485
営業時間:18:00-24:00
定休日:日曜日(日曜日を含む連休の場合は連休最終日)
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1419-82938d16










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。