スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

くいしん坊 「激辛ラーメン」

1沖縄 ラーメン 金武町 くいしん坊 地獄ラーメン

金武町金武の「くいしん坊」へ行って来ました。
当ブログ記事において、確か「金武町にはラーメン店が一店しかない(うるま市石川との境にある「鶴味家」)」のような旨の文面を書いた覚えがあるのですが、実はもう一店ありました。それがこちらの「くいしん坊」です。ずっと以前にブログコメント欄から情報を頂いていたのですが、個人的に遠方なうえ、夜間からの営業ということもあり、なかなか立ち寄る機会を作れずにいました。昼間であればたまに金武町界隈に寄る機会もありましたので、とりあえず場所だけ先に確認しておきました。……といいますか、詳しくは後述しますが、このお店は知っておりました(^_^;) 「くいしん坊」には、週末の午後8時過ぎの入店となりました。

2沖縄 ラーメン 金武町 くいしん坊 地獄ラーメン

2001年末に発刊されたラーメン本、「沖縄のラーメン 麺喰い100軒」です。
かなり小サイズの作りとなっており(判型でいえばA6サイズの半分くらい?)、オールカラーで総122 ページとなっています。もう14年ほども前に発売された冊子なので、掲載されている多くの店が既に閉店をされており(もちろん元気に営業されている老舗店も多いですが)、こちらの「くいしん坊」もそのなかの一店だと(失礼)勝手に思い込んでいたのでした。発行元は「おきなわ倶楽部」となっており、以前「ラーメン大図鑑Vol2」に関わった際には、改めて本冊子も見直していたのですが……。意外と掲載されている店舗に、まだそのようなお店があったりして(^_^;)

3沖縄 ラーメン 金武町 くいしん坊 地獄ラーメン

さて話が脱線しましたが、「くいしん坊」の店内の様子です。
お店は金武町の表通りから一本路地裏に入った、ラーメンファンに判りやすく言うと「SAKURA」のある桜坂のような雰囲気のちょっとした飲み屋街に位置しています。日中は人の通りも殆どありませんので、夜間営業なのも頷けますね。また最後に掲載している店舗外観のように、一見スナックのような作りとなっていました(おそらく居抜きで入られたのでしょう)。あとそう店内は広くないのですが、場所柄かお客さんはオールアメリカンとなっていました(^_^;) 一般的にいうとアウェー感が凄いのですが、自分は気にしませんしまわりの若い軍人さん方も当然気にしておりません。しかしカウンター席からテレビのバラエティ番組を見ていて、いちいちリアクションをしていたのですが、日本語が判っていたのでしょうか?(笑)

4沖縄 ラーメン 金武町 くいしん坊 地獄ラーメン

「くいしん坊」のお品書きです。
横向きになっていますが、本メニューはテーブル席に貼りつけられており、実際にこのようにしか眺めることが出来ません。先述したとおりお客さんはほとんど外国の方ですので、メニューには英語も併記されています。値段は判りやすく100円=1ドルで設定されていました。せっかくですのでラーメンメニューだけでも順に書き出してみます。『激辛ラーメン・豚骨ラーメン・味噌ラーメン(以上650円)・チャーシュウ麺(750円)・醤油ラーメン・塩ラーメン(以上600円)』となっていました。その他チャーハンや餃子などの定番サイドも用意されています。さて今回の注文ですが、まだまだ寒い夜で辛いラーメンに目が向いていたこともあり、「激辛ラーメン(650円)」をお願いです。

5沖縄 ラーメン 金武町 くいしん坊 地獄ラーメン

程なくして運ばれた「激辛ラーメン」です。
先の2001年に発刊されたラーメン本には、「くいしん坊」は今年オープンしたお店と書かれており、営業開始から約14年ほどになるでしょうか。本には「醤油ラーメン」の画像が掲載されていましたが、今回の「激辛ラーメン」と具材の構成等はそう大きくは変わっていないようですね。こういったお店は「変わらない良さ」というのがあるのでしょう。余談ですが、かの本には国際通りの「ちゃんや」も掲載されており、提供品目の雰囲気は現在とずいぶん変わっていました(いまはかなり洗練されている感じ)。あちらはきっと「変化していくことに良さがある」お店なのでしょう。

6沖縄 ラーメン 金武町 くいしん坊 地獄ラーメン

「激辛ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューが2枚にわかめ、葱に半玉になるとなっています。先に書いたとおり、14年ほど前のオープン当初から基本的な構成はそう大きく変わっていないようです(半玉の代わりに白髪ネギともやしが入っていました)。なるとや茹で玉子の半玉(わかめも)などが、どこかノスタルジックな風情を感じさせます。

7沖縄 ラーメン 金武町 くいしん坊 地獄ラーメン

「激辛ラーメン」の麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。「昔ながらの沖縄ラーメン店」ではお馴染み、少しばかり柔らかめな茹で加減となっています。逆にいえばこうでないと「らしく」ないような気もします(笑) その麺に絡むスープですが、「激辛」を品目名に冠した辛味のあるもの。ベースはあっさり系のスープに辛味を加えたもののようですね。結構見た目にも濃厚そうなこってり系スープより、場合によってはあっさりに辛味を加えたものの方がダイレクトに辛さを感じたりするものです。実際に赤い唐辛子の皮がスープ中にちらほらと浮いていました。こちらは……ほど良い辛さだったのではないでしょうか? 麺はもちろん、チャーシューやわかめなどの具材をバランス良く合間に挟みつつ、最後はスープの一滴も残さず完食です。

結局お店に滞在中は、日本人のお客さんはひとりも見えられませんでした。カウンター席に座っていた軍属の陽気なお兄ちゃんたちは、テレビを観ながらずいぶんとくつろいでいた様子でしたね(^_^;) 場所によっては確かに経済面を支えているということもあるのでしょう。気になるのが地元のお客さんと常連同士として、仲良くなったりするのでしょうか? 廻りは飲み屋さんばかりですし、もっと遅い時間帯には、締めの一杯で意気投合する場面も見られるかもしれません(笑)

8沖縄 ラーメン 金武町 くいしん坊 地獄ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県金武町金武4145-2
電話: 098-968-2559
営業時間:18:00 - 翌1:00
定休日:不明
駐車場:無し

関連記事

くいしん坊 「激辛ラーメン」

こんばんは^^

流石に知っていたんですね|∀・)・・・

私も気になりながら治安が不安で来店出来ずにいましたw

参考になりました。
[ 2015/03/30 20:51 ] [ 編集 ]

Re: くいしん坊 「激辛ラーメン」

>☆hiro☆さん
こんにちはー。
知っていたというより、実店舗を見て思い出した、
という方が近いかもしれません(^_^;)
場所柄や営業時間帯的に、一般のラーメンファンには
敷居が高いでしょうね(笑)
[ 2015/04/01 18:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1412-b2d13f1f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。