広島激辛つけ麺 じゃけん 「つけ麺」

じゃけん つけ麺1

「じゃけん」は沖縄市のプラザハウスにある、広島風のつけ麺を提供しているお店です。開業からもう三年余りになるでしょうか。以前から存在は知っていましたが食べに行く機会がなく、今回が初めての来店となります。実はこの後に前回ブログ記事の「ジンベエ」に寄っていて、梯子ラーメン(つけ麺か)の一件目だったのでした(^_^;) お店には開店時間の11時に到着しました。

じゃけん つけ麺2

メニューを見ますと最初に「つけ麺の王道 激辛つけ麺」と記載されていて、そちらから麺1玉の「つけ麺(冷)の並(740円)」を注文することにしました。お店によっては麺の量を増しても価格が変わらないところもあるなか、少し価格設定が高めのような気もしますね。ふとメニューの端側を見ますと、ランチタイムサービスで『つけ麺の料金だけで、おにぎり、サラダ、食後のコーヒー、アイスクリームが付きます』と書かれています。これはすごいサービスだと一瞬喜んだのですが、平日の11時から15時までの提供とのこと(^_^;) この日は土曜日でしたので残念ながら頂けませんでしたが、サービスの落差が大きいと逆に損した気分になっちゃうような気もします。(特に平日の昼過ぎに来た人とか(笑))

じゃけん つけ麺3

程なくして運ばれた「つけ麺」です。
注文の際につけダレの辛さを聞かれたのですが、お店でのお勧めは5倍のようでしたので、そのようにお願いしました。トレイの左上の方に辛味ダレの容器が写っていますが、これは元々卓上に用意されているものです。辛さが足りない場合はお好みで調整ください、と言われましたが、先に言ってしまうと自分には充分に辛く、増すことはしませんでした。

壁際の張り紙を見ると元々、辛味の倍数は自分で作るものらしく、本来は辛味が全くないつけダレが最初に提供され、容器からスプーン一杯を加える毎に一倍ずつ辛さが増すという仕様だったようです。お客さんの手間を省くために、注文時に辛さを受け付ける手法になったようですが、張り紙とメニューの記載内容が若干異なったりしているため、少し混乱してしまいますね。具材には白髪ネギ、キャベツ、チャーシューに煮玉子、胡瓜が用意されています。盛りつけの中では、特にキャベツのシャッキリとした食感と青みが食欲を刺激しますね。

じゃけん つけ麺4

つけダレの中にはごまが多く入っています。つけ麺としてはかなり珍しい、細めのストレート麺でした。細くても表面がツルツルとして弾力もあり、美味しい(面白い?)麺だと感じました。先にも書きましたが、5倍で頼んだつけダレは結構辛く、特に最初の方はむせてしまいました。もしかしたらごまの粒が喉に絡んでいたのかも(^_^;) 麺を食べ終わった後、辛味がある程度抜けたつけダレを飲んでみたのですが、鰹の風味が強く、(そうめんなどの)めんつゆのようでしたね。お店の方でも飲んでみることを勧めていましたが、これはこれで美味しいものだと思いますよ。

実際の地元広島の味は判りませんが、この沖縄で他県の地域色溢れるつけ麺を頂けること、また平日ランチタイムの充実したサービスなど、特色ある良いお店だと思います。ですが、個人的には辛味自体は嫌いではないですし、実際に食べている間は美味しいと感じたのですが、後から辛味がお腹に響くのですよね(^_^;) つけ麺にはもう一種類、「辛味噌 あったかつけ麺」がメニューにありますので、次回はこちらで、もう少し辛さを抑えて注文しようかな?(しかし辛さを味わうことをこのお店で避けては意味がないですよね(^_^;))

じゃけん つけ麺5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市久保田3-1-12
電話:098-933-6471
営業時間:11:00-23:00
定休日:月曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/141-24d05559