スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺屋 だるま 「からしらーめん(2)(30倍)」

1沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

豊見城市名嘉地の「麺屋 だるま」へ行って来ました。(激辛チャレンジ:第十一回)
はい、今回は「激辛チャレンジ」の中ボスに位置付けている品目となります。実は以前に「からしらーめん(15倍)」を頂き済みとなっていて、その際は週末のお昼時ということから遠慮がちな注文だったのでした。「麺屋 だるま」はいまでは待ち客が出るほどの人気店となっており、密集したカウンター内で辛さで咳き込んだり、ロットを乱す(?)ようなペースで食するかもしれなかったのは落ち着かないと判断したのです。15倍はなんとかクリアを出来ましたので、今回は訪問日程を含めて、満を持してのチャレンジとなりました(自分でも意外でしたが、ちょうど一年ほど前の訪問ですね)。お店には、平日の午後3時過ぎの訪問となっています。

2沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

「麺屋 だるま」の壁際に掲示されたお品書きです。
前回訪れた際はカウンター席上にもお品書きが用意されていましたが、今回は見当たりませんでした。壁側のお品書きは開店当初からのもので、現在は「ベトコンラーメン」など、新品目も加わっているようです。カウンター席のお品書きは訪れるたびにあったりなかったりするのですが、一貫して用意して欲しいですね(^_^;) さて色々と書きましたが、こちらは券売機方式となっており、今回はお目当てとなる「からしラーメン(750円)」の食券を購入済みとなっています。

3沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

カウンター席上部に掲示された「味のお好み表」です。
「からしらーめん」ですが、ベースの「らーめん(650円)」などと同様に、“家系”らしく『味・麺・油』の選択が出来るようになっています。遠慮(?)なく、この日は『味濃いめ・麺固め・油多め』としました。今回はラーメン自体も激辛で、がっつり濃厚な仕様となっています。ただ考えてみれば『味薄め』など、逆方向の方がより辛味を感じたかもしれません。

4沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

さきほどの「お好み表」から、隣に掲示されている「選べる辛さ指南表」です。
今回は「からしらーめん」による「激辛チャレンジ」ですので、改めて注文時に辛さを選択します。

・ 0倍 通常 まずはこここから
・ 1倍 旨辛 当店のオススメ
・ 3倍 中辛 辛党の方はコレ
・ 5倍 注辛 想像より辛いです
・10倍 大辛 姉さん事件です!
・15倍 激辛 辛さの限界に挑戦
・20倍 獄辛 責任はとれません
・30倍 卒業 救急車の準備OK


前回頂いたのは『15倍 激辛 辛さの限界に挑戦』でしたが、今回は一気に倍となる最上位の『30倍 卒業 救急車の準備OK』をお願いすることにしました。「15倍」の段階で注文時に店員さんから「大丈夫ですか?」と訊ねられたのですが、今回は特に言葉も無く注文を受け取られました。かえって不安になったりして……(^_^;)

5沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

待っている間に平日のランチタイムサービスとなる、セルフの「ご飯食べ放題」を用意することにします。ままある嬉しいサービスですが、ここでは時間設定が午後6時までなのが凄いですね。夕ご飯時分に近い時間帯にサービスを受けることも可能になっています。こちらのコーナーでは温かいお茶も用意されていました。

6沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

カウンター席上の様子です。
さすがは人気店といったところでしょうか、平日の午後3時過ぎというお店によっては中休みにあたる時間帯なのですが、ちょうど程よい間隔でお客さんが入っていました。カウンター席上には各種調味料類のほか、無料の刻みニンニクに壺ニラも用意されています。先ほどの同じく無料のライスと共に、こちらを頂くのも楽しみだったりします(笑)

7沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

程なくして運ばれた「からしラーメン」です。
真っ赤な色合いのスープに目を奪われがちですが、具材の盛り付けバランスや全体的な色合いもなかなか良いですね。明確に家系を謳っているこちらのお店ですが、上手く潜在需要を掴んだのか、立地の割に不思議なほどの人気店となっています。繁盛されているのは何よりなことです。

8沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

「からしラーメン」のアップ画像です。
「30倍」の辛さに加え、「味のお好み表」から「油多め」を選択したことからか、真っ赤なスープ表面は、ヌラヌラとした凶暴な色合いとなっております(^_^;) 具材のたっぷりほうれん草の濃い緑色が良い彩りの対比となっていました。ほうれん草は激辛チャレンジのなかでいい箸休めになるかもしれません。他の具材としてはチャーシューに海苔、葱などとなっています。

9沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

「からしらーめん」の麺ですが、「麺屋 だるま」お馴染み中太のほぼストレートのもの。「麺固め」は事前に指定していますので、くっきり口中で弾力を感じさせる茹で加減となっていました。さて今回のメインは、なんといってもその麺に絡む「30倍」の激辛スープです。まずはレンゲで軽く一口飲んでみましたが、想像していたよりかは行ける……? 調子に乗って麺を思いきり啜ってみたところ、むせてしまいました(^_^;) 舌が実際の辛さを理解し始めた頃、これはかなりの強敵だと改めて気付かされました。ペース配分を考えて、後半スープが多めに残ってしまうとかなりキツそうです。たっぷり油分を含んだ激辛スープは、熱いのと辛いのと痛さが同居しておりました。なぜかお箸を握る指先が震えております(笑) 合い間に具材のほうれん草などを挟みつつ、食べ進めて行きます。基本は「15倍」の延長線上の辛さとなっており、旨辛さも充分感じられるのですが、やはり厳しい戦い(?)でありました。

10沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

ここで無料のライスを利用した「だるまめし」です。
卓上の「壺ニラ」と「おろしニンニク」をライスに載せ、上からお醤油をかけたものとなっています。チェーン店の「花月」でも度々頂く趣向ですが、「だるま」の壺ニラは唐辛子の分量が多いですね。さすがに「からしらーめん」にまで投入する気にはなれませんでした(^_^;) ラーメンとは別にこちらを頂くのも楽しみにしていたのですが、実はこれまた良い箸休めになっていたかもしれません。かなりの苦戦でしたが、最後は「だるまめし」共々、スープの一滴も残さず完食です。

こういったチャレンジ企画の際は、空になった丼も写しておけば良かったですね。
まあなにはともあれ「激辛チャレンジ」の中ボスをクリアです。出来れば気候の穏やかな内に、一気にラスボスまで攻略したいところです。今回は「30倍」の激辛スープを頂きましたが、翌日まで身体のなかがが熱を持っているようでした(^_^;) これ以上の辛さになりますと、身体に差し障りが出るかもしれませんね。ただ、この時間帯の「麺屋 だるま」はとても落ち着いて味わいながら、美味しく頂くことが出来ました。これから訪れる機会がありましたら、同じような日程で訪問することなりそうです。その際は、未食の新品目をぜひとも試してみたいと考えています。

11沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま からしらーめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市名嘉地333
電話:098-856-8787
営業時間:11:30-23:00(土・日・祝日は16:00-18:00中休み有り)
定休日:火曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1408-15b06b5d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。