スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺屋 虎龍 「琉球つけ麺」

1沖縄 ラーメン 那覇市 虎龍 琉球つけ麺

那覇市首里赤平の「麺屋 虎龍(こたつ、と読むのだそう)」へ行って来ました。
前回ブログ記事からの続きとなります。「虎龍」は本来は居酒屋さんとして営業をされており、2015年2月中旬より昼の部にてラーメンの提供を始めたのだそうです。その報を聞き及び早速行ってまいりました。頂いたのは「鶏無骨 塩ラーメン」で、「無骨」という品目名からは裏腹な、鶏白湯スープで仕上げられた、とても繊細な作りの美味しい一杯でした。初めて頂いた品目はラーメンでしたが、お品書きの筆頭に記されていたのは「つけ麺」だったこともあり、久々の連食を行うことにしました。お店には、開店直後からの入店となっています。

2沖縄 ラーメン 那覇市 虎龍 琉球つけ麺

「麺屋 虎龍」のメニューです。
前回は店内に用意されたお品書き画像を掲載しましたが、今回は店外に掲示されていたメニュー画像をアップしてみます。「虎龍」は本来は雰囲気ある個人経営の居酒屋さんということもあり、店内は採光の関係で暗くて掲載画像は見づらかったのですよね。もっとも文字が小さめなため、どちらにしても判別しにくいかもしれません(^_^;) 前回も書き起こしてみましたが、再度アップします。

琉球つけ麺(ひやもり又はあつもり)(鶏魚介スープ)(本ソーキ、テビチ煮付け入り)
・並盛り(250g)…750円
・中盛り(360g)…850円
・大盛り(480g)…950円
鶏無骨 塩ラーメン(コラーゲン鶏白湯スープ)(鶏チャーシュー、鶏つくね入り)
…680円
鶏無骨 醤油ラーメン(鶏チャーシュー、鶏つくね入り)
…680円
鶏無骨 黒にんにくラーメン(焦がしにんにく油使用、鶏チャーシュー、鶏つくね入り)
…750円

・麺大盛り…100円
・ごはん…100円

トッピング
・味玉子…100円
・辛味噌…100円
・テビチ煮付け…150円
・本ソーキ…200円
・鶏チャーシュー…150円


3沖縄 ラーメン 那覇市 虎龍 琉球つけ麺

「麺屋 虎龍」のテーブル席上の様子です。
調味料類としてはシンプルに、唐辛子とお醤油のみとなっていました。こちらは「麺屋」想定というより、おそらく「居酒屋」として用意されているものなのでしょう。そうそう、お店は店主おひとりでの応対でしたが、ご丁寧にお冷やも持って来て貰いました。さて本日二品目めの注文ですが、冒頭に書いたとおり「琉球つけ麺(並盛り・250g)(750円)」をお願いすることにしました。ちなみに「ひやもり又はあつもり」を選択することができますが、今回は王道の「ひやもり」での注文です。

4沖縄 ラーメン 那覇市 虎龍 琉球つけ麺

程なくして運ばれた「琉球つけ麺」です。
……うーん、初めて頂いた「鶏無骨 塩ラーメン」を注文した時から思っていたのですが、やはり言及することにしましょう。「鶏無骨」というラーメンのある意味意表をついた品目名に対して、つけ麺の「琉球つけ麺」というネーミングは決して良いとは思えないような気がします。確かに沖縄由来の具材を添えていますが、場所柄でも観光客向けとは思えませんし……(モノレール駅近くですからそんなことないのかな?)。まあ変に懲りすぎた品目名よりかは判りやすくていいですね(^_^;)

5沖縄 ラーメン 那覇市 虎龍 琉球つけ麺

「琉球つけ麺」の麺の器側のアップ画像です。
麺はもちろんのこととして、具材には水菜に本ソーキ、テビチ煮付けが添えられています。画的にソーキまではまあそう違和感はないのでしょうが、テビチはさすがに通常のラーメン屋さん(つけ麺屋さん)には見受けられませんね。テビチ自体好きですが、そうそう頂く機会がある食材ではないので、個人的にちょっと嬉しかったかもしれません。

6沖縄 ラーメン 那覇市 虎龍 琉球つけ麺

つけ汁の底をレンゲで掬ってみますと、鶏肉が入っていました。
ラーメンに入っていた鶏チャーシューと同じものなのでしょうね。食べやすいように一口サイズに切られていました。またこちらもラーメンと同様に、つけ汁にも細かく切られた玉葱が入っていたようです。

7沖縄 ラーメン 那覇市 虎龍 琉球つけ麺

「琉球つけ麺」の麺ですが、太めの角があるタイプでがっつり弾力感があるもの。つけ汁につける前にそのまま麺自体を頂いてみたのですが、ずいぶんと固めで荒々しい印象でした。つけ汁につけた時点で、ちょうどつけ麺らしい食べ応えのある食感になるようです。その麺に絡む「鶏魚介」というつけ汁ですが、これがまたずいぶんと濃厚なもの。やや酸味を含んだ魚介の風味がかなり強めで、出汁を取るにあたり贅沢に素材(節系・煮干しも?)を投入しているのでしょうね。動物系の部分は鶏だけでこのような濃いめの仕上がりになるのでしょうか。麺はもちろんのこと、ソーキにテビチ煮付けについてもつけ汁側に移し、味を染みこませながら頂きました。「並盛り(250g)」ということですが、結構あっと言う間に麺を啜り尽くしてしまいました。具材にお肉の要素もありますし、物足りない場合はつけ汁との相性も考えて、「ごはん」は必須かもしれません。用意されていなかったですが、割りスープを欲しがる方もいらっしゃるでしょうね。きっちりつけ汁も残さず完食です。

この日はラーメンとつけ麺、両方とも頂いたのですが、するりと完食できましたので、分量的にはやや控えめなのかもしれません。まあ基準が自分ですので、あまり参考にならないかもしれませんが……(^_^;) 結果として、ラーメンからつけ麺の順で頂けて、良かったかと思います。次回来店がいつになるかわかりませんが、トッピングやごはんの追加注文を頭に入れつつの再訪になることでしょう。

8沖縄 ラーメン 那覇市 虎龍 琉球つけ麺

ごちそうさまでした!

満足度:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市首里赤平町2-1-10
電話: 098-927-9336
営業時間:11:00-15:30(スープが無くなり次第終了)
定休日:不明
駐車場:有り(道沿い店舗手前に2台)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1402-70aeddd5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。